Webデザイナー専攻グラフィック経験者プラン 柿木彩矢さん

Profile

Webデザイナー専攻グラフィック経験者プラン/2022年5月卒業

柿木彩矢さん / デザイナー・マーケター

島根県雲南市

デジハリに入る前はどんなお仕事をされていましたか?

食品メーカーのEC担当者をしていました。
その会社では、BtoC (一般消費者) 向けに通販事業を立ち上げたばかりだったんです。
担当部署に人が少なかった関係で色々な業務を行っていました。他にはWebバナー制作、ブログ執筆、Facebook広告を打ったり、LPやチラシなど販促物の制作、クラウドファンディングもしていました。
受注業務から出荷業務まで色々な事にチャレンジさせてもらった職場でした。

それまで同じようなお仕事の経験はあったんですか?

ありませんでした。
当時の会社の募集要項に「IllustratorとPhotoshopが扱える人」とあって、タイミングよく募集されていたので応募したら採用していただけました。

さきほど、Webデザインを勉強されていたとお聞きしましたが、どのくらいの時期からされていましたか?

結構前なんですけど…2018年頃からです。

勉強されていたとのことですが、デジハリに入ろうと思ったきっかけは何でしょうか?

最初は、デジハリがあるというのも知らなかったんです。


家で勉強できるのがいいなと思っていて、他のオンラインスクールの広告を見かけたので、オンラインスクールで勉強していた時期もありました。

ただ、面接に行ったあるデザイン会社の方に「米子にデジハリっていう有名なところがあって、かなりスキルも高いし、そこで学ばれるのはどうですか?」という風に言われて、初めてデジハリについて調べました。2020年頃だったかなと思います。

デジハリを知って、受講までの期間は何をされてたんですか?

まずは今あるスキルを使ってお金を貯めてから行こう!と考えていました。

目標を持って準備されていたんですね!柿木さんは受講を始められる前にもイベントには参加してくださっていましたね。

そうですね!
フリーランス座談会に参加していました。そちらのイベントには2~3回参加したと思います。
参加するたびに、「ああ、いいなあ。今すぐにでも(受講に)入りたいなあ」って思いながらいつも帰っていました(笑) 

実際に受講を始められたのは2022年からですが、準備が整ったからでしょうか?

はい。


正直前職のままでもいいかなと思った事もありました。
でも、本来目指していたものって何だろう?「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」のバランスを考えたときに、「やりたいことを突き詰めたいな」と思いました。
そんなモヤモヤした気持ちをを家族に相談したら、「ずっとやりたいって思っていたことだし、やったほうがいいよ。」と言ってくれて、じゃあもう腹を括ろうと!(笑)

今はやりたいことに集中できてるという感じですか?

そうですね。意識的に勉強しようとか力を入れたいことに時間をさけているので、集中できています!
受講中は、今のうちにしっかり学ぼうって決めました。

インタビュー現在、まだ受講されている最中ですが、これまでデジハリで学んだことはありますか?

一番ネックだったのが、HTMLとCSS…コーディングが結構ネックだったんですよ。
今までわからなかったことがすぐに聞けるので、「そういうことか!」とすぐ解決出来たのがよかったです!今質問いいですか?とチャットツールで聞くとすぐにトレーナーさんが今いいですよ!とオンラインで対応してくれました。


結構コーディングが苦手だったんですけど、やってみて「あ、なんか楽しいかも。」って最近思えるようになってきました。


デザインだけじゃなく、コーディングも楽しいかもと思えるようになれたのは、わからないことをすぐに聞けるというのが、すごく大きいんだなって痛感しています。

受講スタイルを教えていただけますか?

基本オンラインですが、スタジオに行けるときはできるだけ行きたいと思っています。
デジハリに入るきっかけの一つが、コミュニティがある(※米子コンテンツ工場など)ことでした。
近くに同じような境遇の人達がいるっていうのがすごく心強いというか。
なので、なるべくコミュニケーションが取れるときはスタジオに行くという感じですね。

1日のスケジュールをお聞きしてもいいですか?

朝8時頃までに家事を終わらせてしまって、8時半から子供たちが帰ってくる16時過ぎまで、ひたすら勉強しています。
16時過ぎからは子供たちの宿題を見て、あとはおやつを食べたり学校の様子を聞いたりしてました。


そのあと19時頃までは家事をして…セミナーやライブ授業がある日もあるじゃないですか。そういう時は家事の後に参加して、終わったらお風呂に入って寝るという風な感じです。

ご自宅には自分の作業スペースがあるんですか?

あります。作りました。
最初はリビングでやってたんですけど、パソコンを持ってきたりというのが面倒になってきて…(笑)
和室に机を用意して、そこで作業するようにしています。快適です!

デジハリに通っていて印象的な出来事などはありますか?

一番は、人との繋がりが大きいと思っています。
自分が困ったなあと思ったこと、こういうことが心配で…ということを、先輩たちから助言をもらえるのがすごく心強いです。
一人でやっているよりも、気持ちの上での負担感というか、そういうのもがないです。全然。
それがすごくよかったなと。

受講中でも実際のお仕事をされてましたよね。どのようなお仕事をされてたんですか?

実際にお客さんとやり取りして制作したものは、チラシ制作、最近は名刺デザインを依頼されて納品しました。

あとはWebサイトの改修作業なども行っています。

卒業後の進路はどうされる予定ですか?

一応フリーランス希望です。
理由としては、家族との時間を中心に生活したいので、在宅で仕事をできるのが大きいですね。
あとはフリーランスは自分の裁量次第なところがあると思うんですけど、それを楽しんでみたいと思って。
人生一度きりなので挑戦していきたいですね!

今の生活はご自身の理想に近いですか?

理想な部分とそうじゃない部分がありますね。
在宅で働いているので子供たちに「お帰り」って言えた時に理想に近づいたと感じました。
その反面、学び続けなきゃいけないんだなというのを痛感しています。
常に自分から情報を求めていかないといけないので、ある程度は自分の時間を削る覚悟がいるんだと思いますね。それを含めて自由っていうか。

仕事をするうえで心がけていることはありますか?

そうですね、こまめに連絡を取る、納期を守ることですね。
こまめに連絡を取ることで、自分が不安に思っていることやお客さんが不安に思っていることが分かって解決することもあります。
こちらから解決策を提案したり、次の仕事の繋がったりもしますね。

今後受講を考えている方に向けてメッセージをお願いします

仲間がいるっていうのはかなり強いなと思っています。
例えば自分一人でできないことを協力してできますし、一人で勉強するよりも仲間と一緒に勉強できるメリットというのは大きいなと感じます!

インタビュアー(竹歳さん)コメント

お子さんとの時間を増やしたいとの思いから在宅で仕事ができるWebデザインの勉強を始めた柿木さん。 インタビューでは在宅でフリーランスとして働くための覚悟を言葉の端々から感じられました。受講中からすでにお仕事をしているところなど積極的に行動されていたのが印象的です。実践と勉強を繰り返し、着実にスキルアップされていました。

これからの柿木さんの活躍に注目です!