デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。

【東京本校/イベントブログ】
杉山学長による伝統授業!
デジタルコミュニケーション概論を実施しました!

2018.05.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは。

デジタルハリウッド東京本校の横田です!

 

今回は杉山学長がデジタルコミュニケーション概論と題して、東京本校の受講生へこれから確実に訪れる未来についての講義を行いました。

デジタルハリウッド大学 学長

杉山 知之/工学博士

東京都生まれ。
87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。
94年、デジタルハリウッドを設立。
2004年、日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。
マルチメディア放送ビジネスフォーラム代表、コンテンツ学会副会長、福岡コンテンツ産業拠点推進会議会長、メタバース協会理事長を務め、また「新日本様式」協議会や、CG-ARTS協会など多くの委員を歴任。
2008年日ASEAN賢人会合メンバーとしても活動している。

パソコンの持つ無限の可能性で世界は変わってきた!

はじめに杉山学長が話したのは、過去どういう風にデジタルコンテンツ発展してきたかでした。これから未来のことを考える人は過去の技術の発展についても知っておく必要があるからです。 

 

21世紀に入ってインターネットが発展していくなかで、今までのコンテンツと言われてきたテレビ、映画、ゲーム、アニメ、音楽といったものがデジタルのデータによってやりとりされるようになりました。これらのコンテンツを何で制作しているかというとパソコンです。パソコンの発展によりこれまでバラバラだったコンテンツの領域を垣根なく繋げていきました。

 

それは技術者が過去の失敗から学び、失敗をヒントにして今の技術に繋がっています。受講生には「自分自身が失敗したことが経験になっていき成長していくこと、後から自分を振り返った時にそれらが成長の糧になっていることがわかる」と話していました。

クリエイターに広がる明るい未来!

「現代はコンピュータとそのネットワークが空気のように存在している新世界になりつつある。今後もこの流れは止まらない。つまり、サイバーとリアルの境界がなくなっていくようになる。今までクリエイティブではなかった業界にも業界を越えてクリエイティブな人材が横断して活躍できる時代に確実になっていくだろう。」 

 

今まで変わってこなかった業界も変革を迫られています。サイバーとリアルの境界がなくなっていく例として、杉山学長はAIの発展でロボットが人間の能力を超えてしまうのではないかという受講生の不安に対しても「今でも計算能力や記憶能力ではもう人間はコンピュータにはかなわない。部分的に見ると気づかない間に人間がしてきたことをロボットが代替している。だからこそ人はクリエイティブであることが求められる。」と熱く語っていました!

未来のリーダーに告ぐ!
これからリーダーに求められるものとは

また、訪れる未来以外にも次世代のリーダーに必要な能力について話していただきました。「次世代のリーダーにはICT(Information and Communication Technology)、Creative、Businessの3つを軸に、それらすべてを統合した知識を持つ人が次の時代を築いていく。」

 

※ICTは「情報伝達技術」と訳されます。ITとほぼ同義ですが、ICTでは情報・知識の共有に焦点を当てており、「人と人」「人とモノ」の情報伝達といった「コミュニケーション」がより強調されています。

 

現代はインターネットによって広がったコミュニケーションを利用して海外の人と知り合いになることも簡単にできる時代になりました。クリエイティブな知識だけでなく、ICTやビジネスの側面も理解するとさらに可能性が広がっていくでしょう!

 

受講生の感想

今回はおよそ70名の皆さんが受講し、以下のような多くの感想が寄せられました。

 

・コンテンツ産業の仕組みがわかりやすく理解できました。

・これから自分が入っていく業界の可能性を知って、とてもワクワクした。

・クリエイティブなことをするために好きをやり続けることが必要だと思いました。

・どんどんデジタルが発展していく世界で求められる人材になりたい。

・技術が指数関数的に伸びる時代にクリエイティブな仕事が生き残る道だと思った。

・これからの未来の動き方、共感できるものばかりでした。

 

ここでは紹介しきれませんが、たくさんの感想が杉山学長に送られています!

 

 

いかがでしたでしょうか。

杉山学長による「デジタルコミュニケーション概論」の特別講義は毎年定期的に開催されており、当校へ入学すると必ず受講する名物授業です。技術を身に着けるだけでなく、未来を築くクリエイターとして活躍するうえで大切なマインドを学べる大変貴重な機会になりますので、ぜひ入学を検討している方は、こちらも楽しみにしてください!

 

今後も東京本校で行っている様々な授業をレポートしてまいります。お楽しみに!

授業見学&体験してみよう!

デジタルハリウッド東京本校では、個別のスクール説明会を実施中!

スクール説明会(無料)では「カリキュラム」「業界の最新情報」
「就職情報」「通学方法」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

スクール説明会のご予約はこちら