STUDIO広島

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO広島

0120-125-810
広島大学本部跡地「hitoto広島」に立地する
デジタルクリエイター養成スクール。

【オープンセミナー】クリエイティブチームで「食」の価値を発信!「ひろしま食べる通信」の挑戦

2018.05.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

デジタルハリウッド STUDIO広島は5月23日(水)、オープンセミナー「クリエイティブチームで『食』の価値を発信!『ひろしま食べる通信』の挑戦」(受講無料)を開催します。

「ひろしま食べる通信」は、2か月に1回(奇数月)、生産者の思いなどを掲載した情報誌と、生産者が作った食材を一緒にお届けする、食べもの付き定期購読誌です。2016年7月に創刊し、間もなく丸2年を迎えようとしています。

編集チームには、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、プランナー、カメラマンの方などが、それぞれの専門分野を活かして情報を発信し、地域を結びつける取り組みを行なっています。

このセミナーでは、食の価値や大切さなどをSNSなどを駆使して情報発信することで、デジタルとリアルをつなげるクリエイターの活動を紹介します。

 

ひろしま食べる通信 公式ホームページ
http://taberu.me/hiroshima/

セミナー概要

【日   時】5月23日(水)  19:00〜20:30
【定   員】20人(応募多数の場合、抽選となります)
【会   場】デジタルハリウッドSTUDIO広島
      広島市中区東千田町1-1-61 hitoto広島 ナレッジスクエア1F
【参加費】無料
※開催終了しました。

講師紹介

梶谷 剛彦(かじたに・たかひこ)さん

株式会社中本本店(広島市中区)プランニング部 部長
ひろしま食べる通信 編集長

 

1975年、愛媛県生まれ。2000年、株式会社中本本店に入社。
2016年から「ひろしま食べる通信」の編集長に就任。食を通じて一次生産の課題や中山間地域の課題に企業として主体的に参画し、存在価値のある企業になるために広島県域で幅広く活動中。愛媛の実家は、みかんの専業農家を営んでおり、父のつくる柑橘は日本一だと考えている。