デジタルハリウッドSTUDIO広島 ブログ

デジハリが就転職に役立った! STUDIO卒業生 本音トークを開催しました

デジタルハリウッドSTUDIO広島は4月7日(土)、デジハリが就転職に役立った!STUDIO卒業生 本音トークを開催しました。

STUDIO広島で「Webデザイナー専攻」を受講後、広島市内のWeb制作会社、株式会社織に入社した2人の卒業生を招き、入学のきっかけ、受講中に学んだこと、そして卒業後の進路や現在のお仕事などについてお話してもらいました。

広島市内のWeb制作会社に就職した卒業生2人の対談

渡邊 雄太(わたなべ・ゆうた)さん
Webデザイナー専攻 2017年10月卒業
株式会社織(広島市中区)コーダー

・東京都出身。父親の転勤で小学生の時、広島へ転居。
・神戸の大学に進学し、卒業後、広島の医療事務の仕事に就職。
・将来を見据え退職後、デジタルハリウッド STUDIO広島の受講生募集の新聞広告を見つけ受講。
・卒業後、広島市内のWeb制作会社、株式会社織に就職。現在は主にコーディングの仕事を担当。

STUDIO広島でWebの勉強をしようと決めたきっかけは?

大学卒業後、医療事務の会社に就職し、病院で会計窓口、算定係、救急窓口などを担当しました。5年働いて退職後、再就職を考えた時に、今まで培ってきたものが活かせないことに気づいて、何かスキルが欲しいと考えました。そんな時に、父からSTUDIO広島開校の新聞広告を渡されたんですね。そういえば、以前趣味でホームページ作っていた時期があったなと思い出して、STUDIO広島の説明会に参加して、受講を申し込みました。

デジタルハリウッドでの学習はいかがでしたか?

STUDIOではWeb制作に必要なソフトウェアの使い方のほか、デザインと、コーディングの基本であるHTML/CSSを学習しました。
学習で苦労した点は、デザインには明確なゴールが見えないことと、デザインソフトのIllustratorを開くたびに、使い方を忘れることがあったことです。ソフトウェアは常に使っていないと、操作方法を忘れてしまいがちですね。

STUDIOに通学して良かった点は、まず学習の道筋がはっきりと決まっている点です。独学で勉強しようとしても、何から手を付けて良いかわからない場合が多いですよね。その点、デザインの次にコーディングを学び、簡単なWebサイトを課題として一旦作ってみて、最後に自分のオリジナルWebサイトを作る、というカリキュラムは、スキルアップしていく道筋としてよく考えられていると実感しました。

次に、実務でプロのクリエイターとして活躍されているトレーナーに直接質問をして、いろいろ聞けたことは大きなメリットでした。Web制作の技術が日進月歩で進んでいく中で、実践的な最新のWebの動向や技術を指導してもらえる機会は、とても貴重でした。

最後に、志が同じ仲間と一緒に学習できたことですね。バックグラウンドは違っても、Webを学びたい!という気持ちが一緒の仲間たちがいたおかげで、6カ月間、モチベーションを維持することが出来ました。



STUDIOで学んだ後に、どんな就職活動を行いましたか?

2017年5月に入校して10月に卒業後、11月にSTUDIO広島で開催された株式会社織の会社説明会に参加しました。会社説明会では、社長みずから業務内容の他、自主性を重んじる社風なども話してくださいました。その後、インターンで約1週間の研修を体験した後、12月に入社しました。そこから3カ月の試用期間を経て、2018年3月から正社員として勤務しています。

今、どんなことに取り組んでいますか?

現在は社内でコーディングの仕事をしています。また、他社から請け負う小規模、中規模の修正案件の窓口となって、仕事を振り分ける作業なども行っています。

コーディングの仕事の魅力は、デザイナーが制作したサイトデザインをバシッとWebで表現できた時の爽快感です! これは何物にも代えがたいことなので、今後もスキルアップして、きれいなコードが書けるようにしていきたいです。

清水 みのり(しみず・みのり)さん

デジタルハリウッド STUDIO広島 2018年3月卒業
株式会社織(広島市中区) コーダー

・広島県東広島市出身。
・大学卒業後、アパレル企業へ就職した後、転職して不動産関係の事務職、営業職を経験。仕事に悩んでいた時に、友人から教えてもらったWebデザイナーの仕事に興味を持つ。
・「自分にできる事」ではなく、「自分がしたい事」をやってみよう!と仕事を退職し、デジタルハリウッド STUDIO広島に入校。
・卒業後、在学中からアルバイトをしていたWeb制作会社の株式会社織にコーダーとして就職。

STUDIO広島でWebの勉強をしようと決めたきっかけは?

広島の大学を卒業後、アパレル販売職、会社の事務職、そして不動産の営業職などを経験しました。仕事に悩んでいるときに、東京でグラフィックデザイナーをしている友人に相談したんです。その時にはじめてWebデザイナーという仕事があることを知って、いろいろ調べました。その後、自分がしたいと思うことをしてみよう!と決意して、思い切って仕事を退職し、STUDIO広島に入校しました。

デジタルハリウッドでの学習はいかがでしたか?

Illustrator、Photoshop、Dreamweaverといった、Web制作で使うソフトウェアの操作方法と、HTML/CSSなどのコーディングの基本を学びました。

苦労した点は、まず動画教材のボリュームが盛りだくさんだったので、全て視聴するまでに時間がかかったことです。Webデザイナー専攻の修了要件の一つとして、動画教材を受講開始後、4カ月目までに視聴を終える必要があります。私は4カ月目の最終日ぎりぎりまで視聴していました。受講生へのアドバイスとして、動画教材は視聴できる時はどんどん前倒しで視聴しておいた方がいいと思います。

また、卒業制作で作ったWebサイトのデザインを、現在所属している会社の社長に見せたことがあります。NGが出たため、作り直したのですが、提出期限まで時間が短かったため、大変でした。

STUDIOに通学して良かった点は、トレーナーの先生が親身になって教えてくれることと、時間に縛られず、好きな時に学習できる受講スタイルです。この2つのおかげで、Web未経験だった私は効率よくスキルアップできました。



STUDIOで学んだ後に、どんな就職活動を行いましたか?

在学中の2017年11月に、渡邊さんと同じく株式会社 織の会社説明会に参加しました。その後、2018年1月に同社のインターンを経験して、3月までアルバイトとして勤務していました。4月からはフルタイムで勤務しています。卒業したのは3月だったので、在学中に就職を決めたことになりますね。

今、どんなことに取り組んでいますか?

現在は社内のデザイナーがデザインしたサイトをHTML、CSS、PHP、JavaScriptを使ってコーディングをしたり、社外からの請負業務を行っています。Webサイトをブログ感覚で更新できるWordPressを現在勉強中です。

その他のSTUDIO広島のブログ

BLOGS