デジタルハリウッドSTUDIO福岡 評価の声

【スタッフが語るシリーズ】Webコンテンツとして動画ってどうなん!?

2019-04-19

こんにちは。デジタルハリウッドSTUDIO福岡スタッフの井上です。
いつもは授業レポートや卒業生紹介のブログを書いていますが(といっても今回の更新まで半年以上休んでましたw)、今回は大きく方向を変えて書いてみようと思います!
題して!【スタッフが語るシリーズ】!!!(シリーズ化するかは未定w)
そして記念すべき初回は「Webコンテンツとして動画ってどうなん!?」をテーマにお話したいと思いますので、お時間のある方はお付き合いくださいm(__)m

さて、ここ最近ではエンターテインメントとしては勿論のこと、広告ツールとしても大きな注目を集めている(らしい)動画というコンテンツ。意識高い系のITの人達やネットニュースでも声を揃えて「今は動画が熱い!」なんて言っていますが「どう熱いの?」って思いませんか?私は思います。
なので、実際その辺りどうなの?という私なりの考えを少し述べてみようと思います。

※今回の記事内では「動画」と「映像」という言葉が出てきますが、「動く画像」として同義として扱います。

動画ってそんなに身近だったっけ?

まず考えたのは、動画ってそんなに見ますか?というところです。広告ツールとしても注目を集めているということは、見られていないと役に立ちませんよね?
確かに、サイネージを見かけることが増えたと思いますが、テレビは家でしか見ないし、何か動画を見れるデバイスって増え…あ!スマホだ!!!笑

そういえば、私もiPadとiPhoneを利用して某プライムサービスでよくアニメを見ていますw
また、感心しませんが歩きスマホの方も非常に多いですね。思い返せば、私がスマホを使い始めたのはTwitterの日本語版が開始された2008年からでした。
その時はスマホ利用者はほぼいない状況で珍しがられていましたが、2018年にはスマホ所有率は約80%となり、今ではガラケー(フューチャーフォン)の所有者が珍しくなっていますね。

※参考:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2018」時系列分析

スマホの普及で動画を見る為のデバイスがあることは分かりましたが、気になるのは動画に接する機会の有無です。そんなに動画って身近かな?と思って周りを見渡すと…案外見ていそうだなという状況に気が付きました。
「通信速度制限かかちゃって…」や「Wi-Fiない?」とか「ギガが足りない!」(ギガってw)なんて言葉を耳にしますし、通勤時の電車では、ずっとスマホの画面を見ている人が多いですよね。ざっと数えても車両の8割くらいの人がずっとスマホを見つめています。
通信速度制限がかかる程の大容量データ通信が増えている原因も推測ですが、2つの理由があると考えました。一つは音楽配信サービスの登場。もう一つはスマホアプリのDLランキングを見ると20位以内に動画を扱うアプリが7個ランクインしていました。(2019/4/17現在のAppStore無料アプリランキング)

また、視聴のみではなくスマホで簡単に動画を作成して楽しめるSNSも多く存在していて、個人での表現とコミュニケーションの方法が10年前とは比べ物にならないくらい進化していると感じました。
動画は「熱い!」というよりも当たり前のコンテンツになってきているように思います。

でも、何で動画なの??

今度は、何で動画がそんなに多用されているのかを考えてみようと思います!

これは何と言っても、情報伝達速度の違いだと思います。

私達が人に何かを伝えるとき、言葉や図を用いますよね。例として、美味しそうなラーメンを思い浮かべてください。それを友達に伝える時にはどんな説明をしますか?
具材、スープ、麺、湯気などについて美味しさという点で最大限を言葉で説明すると時間がかかってしまいますが、写真を見せれば言葉よりも早く直感的に伝わるはずです。
それが動画だった場合では、全体像に加えそれぞれの具材にフォーカスすることができ、食べている時の動きや表情までも、細かく体験的に伝えることができます。(もちろん、外での撮影には許可が必要です。)

「A picture is worth a thousand words.」 (絵や写真は言葉よりもよく物事を描写、説明する。)という有名な言葉があります。これは、私が好きな映像作家の柿本ケンサクさんもおっしゃっていて、正にその通りだと思います
また、意図して作られた映像にはメッセージがあり、用途によって伝える物事があり、良い映像とは見た人が何かを感じて心動かすことができる映像で、動いた結果で商品が売れたり、発する言葉や生き方が変わるとおっしゃっていました。

※引用元:『Adobe MAX Japan 2018 いま最注目の映像ディレクター柿本ケンサクが語る、世の中に求められる次世代映像制作とは?』

動画広告では、そこが重要になると思います!
その映像を見た人が、ただ「カッコいいなぁ!」と思うだけでなく、「こうなりたい!」「同じ商品を使うとカッコよくなれそうだ!」「買ってみよう!」と思ってもらえることがゴールとなり、行動を起こしてもらうことが成果に繋がるので、そこに至るまで構造と動画の役割を考えることが必要になります。
もちろん、見てもらうためには届けることも重要ですけどね。

でも、広告の動画ってウザくない?

見てもらったり、商品を買ってみようと思ってもらうにはどうしたらいいのか。。。これは難題ですね。なので、あまり深く掘り下げることはここではしません!
しかし、普段思うこととして、動画配信サービスを利用していてたまに流れるCMってウザくないですか?
早く本編みたいのにスキップできない!!!
というのは、少し腹立たしい気がしませんか??

でも稀に、クスッと笑えるCMがあったり、気になる内容でつい最後まで見てしまう映像がありますよね。
これは、台本や演出、アイデアの部分が上手かったということが大きいと思いますが、興味を引くことについては、企画をしっかりと考えることで少なからずカバーできそうだと私は思いました。

例えば、よく知っている友達の興味を引く話題や言葉って何となく分かりますよね?それと同じく、見てほしいターゲットのことを知ることができれば、興味を引くことができそうじゃないですか?
また、その動画が流れるシーン(状況)を考えて作ることができれば、それに応じて人々の目に留まりやすくなるんじゃないかと思います。
もちろん、動画自体のクオリティーを上げること(視覚美の確保)で人の目を奪うこともできると思います。
これらのことは制作時だと実際に撮影を行う前の企画段階で、どんな内容に仕上げるのか、どんな機材でどう撮るのかをしっかりと決めることが鍵になると考えます。動画制作に限ったことではなく、何でも調べたり考えて計画することが大事ですよね!

動画制作者としての第一歩を踏み出すために…

 

デジタルハリウッドSTUDIO福岡の卒業生の多くがWebデザイナーとして活躍していますが、動画がコンテンツとして当たり前になってきている最近では、きちんとした動画ってどうやって作るの?という質問をいただくことが増えてきました。

 

はい、実は!デジタルハリウッドSTUDIO福岡では、2年前からひっそりと映像制作の講座を実施しており、去年末に学習内容をアップデートした「動画広告クリエイター養成講座」の受講生を現在絶賛大募集中です!!!
「動画広告」と謳っているのは、先に述べました動画の役割を考える為の課題や、映像のクオリティーを上げる為の授業をご準備しているからです!
きちんと動画制作について学びたいという気持ちがあれば、どなたでも受講いただけますし、作れるようになります!

そして、受講検討の皆さまからよく聞く質問があります。それは、「センスが無いんですが、大丈夫ですか?」という質問…。 答えはもちろん「大丈夫!!!」です。
センスとは、先天的なものではありません。色んなものを見て触れることで蓄積されるものです。
でも…と、自信がない方は以下をお試しください。

 

まずは、自身が良いと思ったものや好きなものを沢山集めたり、見ることです。これは、写真でもイラストでもタイポグラフィーでも、もちろん映像でも何でもOKです!

次に、それらを良いなとか好きだなと思った理由を考えることです。これを考えることで、何となく見ていたものを注意して見れるようになって、そこにどんな要素や表現があるのか、その正体を見ることができ、発想できるようになります。
※もちろん個人差があります。

最後は作ること。手を動かすことで自分の引き出しになります!
※これも、もちろん個人差があります。

 

と、言葉にするのは簡単ですが時間の確保が難しかったり、作り方なんて最初は分からないですよね。
そんな皆さんのクリエイターとしての第一歩を応援するのが、私達デジタルハリウッドSTUDIO福岡の役目です!
(わざとらしいwですが、事実!)
初めての方にも分かりやすい学習内容ご用意しております。気になる方は、デジタルハリウッドSTUDIO福岡のYouTubeチャンネルにて、これまでの受講生作品も公開しておりますので、どんなことができるのかを是非ご覧になってください。

 

ご質問がございましたら、個別でのコース説明会も随時行っておりますのでご利用ください。
スタッフがマンツーマンでご対応しております。
と、ここまで色んなことをお伝えしてきましたが、最終的には楽しむことが自分自身を育てます。なりたい自分になる為に楽しんで学べんでもらえる環境をご提供ができればと思っています。

最後に、今回の動画広告クリエイター養成講座の開講に先駆けての特別セミナーをご案内いたします。

 

参加作品2000タイトル以上!撮影・演出クリエイターに聞く「映像制作の核心講座」

 

この講座では、約30年間東京をメインに活躍されている現役の映像クリエイターを講師に迎えて、映像制作で必要な視点やワークフローを実案件の事例に沿ってお話しいたします。
これから業界を目指したい方、一歩先を目指したいクリエイターや学生の方などにお勧めの内容となっております。
講座は無料開催となりますので、ご興味ある方は是非ご参加ください。

 

これまでのご案内の詳しい内容やお申込はページ下部のバナーからご確認いただけます。
また、ご不明な点等ございましたら、メールやお電話にてご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

ということで、【スタッフが語るシリーズ】の第一弾はいかがでしたか?
今後も、様々なクリエイティブについてお話しできればと思いますので、このシリーズが続くといいな…と思います。
(継続の為に、お読みいただいたらシェアをお願いいたしますw)

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

スタッフ井上

その他のSTUDIO福岡の評価の声

BLOGS