デジタルハリウッドSTUDIO千葉 ブログ

STUDIO千葉の卒業生紹介 File No.7 
夢を叶える働き方を!未経験からWebデザイナーへ

2021-11-10

「大学4年生の就活をしていた時、志望していた業界を全落ち…

2021年3月大学卒業後は、焼肉屋のキッチンと知り合いのサイト制作を手伝うアルバイトをしていました。


そこで本当にしたいことは何かを考えた際に、

「スペインでフラメンコを習いながら、パソコンで仕事をしたい!」 と思いました。


そこからフリーランスという場所に縛られない働き方を知り、職種ではWebデザイナーがあるということを知り、デザインにも興味があったので、学ぶことに決めました。」

そう語って頂いたのは今年7月に卒業した塩田優花梨さん。

フリーランスで活躍しているイメージが強いデジハリだから入学を決意しました

ー なぜデジタルハリウッドSTUDIOで学ぼうと思いましたか?

サイトでスクールを調べていた際にデジタルハリウッドSTUDIO千葉を見つけて、場所も千葉駅にあり家からも通えるという理由で入学しようと思いました。家から通いやすいというのが大きかったです。また、デジタルハリウッドSTUDIOは歴史もあり卒業後もフリーランスになられている方や活躍されている方が多かったのも魅力に感じました。


ー このコースを選んだ理由を教えてください。

フリーランスのWebデザイナーが目標だったのでWebデザイナー専攻で、WordPressやバナー講座が入っているコースを選びました。

ー 入学した結果、心境や生活面での変化などはありましたか?

自信がついたこと、自分で継続して勉強できるようになったこと、次のキャリアへステップアップできたことなど沢山あります。


ー校舎への通学頻度はどのくらいですか?また一日の学習時間はどのくらいですか?

週3〜4で通っていました。忙しい時は行けない週もありました。

やらない時は全くしませんが、3時間くらいでしょうか。卒制に追われている時は6時間くらいはやっていました。


デジハリに入ってよかったのは、本当に素敵な人たちと沢山出会えたこと


ー実際に、通ってみてよかったなと思う点があれば教えてください。

沢山ありすぎてあげたらキリがないですが、強いてあげるならこの3点です。


1点目は、 「スキルを身に付けられたこと」 です。入学前は独学も視野に入れていたのですが、いざやってみるとわからないことだらけでトレーナーに聞けなかったら確実に挫折していたと思います。卒業時には自分でデザインし実装するまでできるようになったのはスクールのおかげだと思います。また、クライアントワークなど実践的な経験も積めるのも大きいです。

2点目は、 「つながりができたこと」 です。同じような目標や勉強をしている仲間と出会えたことや、理想とするフリーランスとして働くトレーナーにも話を聞けるのは本当にありがたいです。

3点目は、 「夢に近づけたこと」 です。入学前は漠然と将来こうしたいと思っていましたが、いざその道に進むにも力も自信もありませんでした。しかし、入学してから勉強し力もつき、結果的に就職もできて夢にまた一歩前進できました。



ー 先生や他の受講生との思い出などエピソードなどありましたら教えてください。

最初は誰も話す人がいなく、仲の良いトレーナーもいなくていわゆる「ぼっち」でした。

だけど、ライブ授業やみんなでボードゲームをやったり、自分から少しずつ話しかけていくことでだんだん仲が良い人が増え、卒制ではトレーナーが泣いてくれたり、スタジオに行くとつい話し過ぎて時間が過ぎてしまうようになりました(笑)

みんな仲良くなってくれてありがとうございます…!

在学中に実績をたくさん作ることが大事

ー クライアントワークではどんなテーマで関わりましたか。

①就職応援本「COURSE」に掲載されるバナーを制作いたしました

就職バナーの方は、まだ自分の作品を作ったことがなかったので、デザインとは何からやればいいいんだ?という状態で始めました。バナーのデザインは全然わからなくて全然思いつかず苦労しました。しかし、6個作成させていただき力がついたのと、実績にもなり良かったです。

②株式会社さくら印刷のリニューアルサイト

さくら印刷のサイトリニューアルの方はコーディングで参加したのですが、トップページなど実装が難しいところがいくつかありとても難しかったです。また、ページ数が多かったので4人で実装したのですが、一人でやればやりやすいところも複数人だと確認して進める必要があり、個人とチームで作る違いも経験でき貴重でした。他の人の良いやり方なども知れてとても良かったです。

卒業制作では『上品・華やか・信頼 ×「私」が伝わるサイト』を作成しました

ー卒業制作はどんなものを作りましたか?なぜそれを作ろうと思いましたか? また、卒業制作で苦労したことなど体験談があれば教えてください。

ポートフォリオサイトを作りました。

「私」の人柄や雰囲気、またどのようなことができるのかを見た人に伝えられるように、全体的に私の好きなバラの花をメインに自身で制作したイラストを配置し、色は好きな赤色系統でまとめました。さらにイラストはゆるいラインのバラの花にすることで、華やかで女性らしく、上品さを醸し出すようにしました。

また、実績一覧ではカテゴリー分けすることで見やすくし、余白を十分にとることや画像、文字サイズにメリハリをつけることで見やすい設計を意識しました。トップの画像はあえて画面サイズからはみ出るイラストにすることで、下にスクロールしていくように誘導できるよう心がけました。イラストやアイコンは全て自身で制作しました。

また、苦労したことは、WordPress化です。講座もとっていたのですが、一回では全くわからなくて他の動画教材や書籍で勉強し、いざ卒制もやるぞと思ってやってみると思い通りにいかずエラー頻出…。トレーナーさんやSAさんに助けてもらいなんとかできました。WordPress化を自分ですることで理解度と自信アップにつながり頑張って良かったです。

ポートフォリオサイトは、自分の好きな系統のデザインでやれたので制作していて楽しかったです。また在学中に複数のクラアイントワークに参加したので、ポートフォリオに掲載するものができたのも良かったです。


▼私のポートフォリオサイトです。

https://yui-channel.jp/myportfolio/

ー就職活動で苦労したことについて教えてください

会社を探すのに苦労しました。とあるライブ授業でトレーナーさんが50社受ければ一社は受かると言っていて、数出しまくるぞと思い就活開始しましたが、なかなか自分が希望する条件に合う会社がなく探すのが大変でした。

就職サイトやアプリ、紹介エージェントを使ったり、一般のお客さんが閲覧するWeb制作会社一覧のサイトを見て片っ端から探しまくりました。

ー就職活動で印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

まなコーチのコーチングを初めて受けたのですが、その時に自分のことを深掘りでき、さらに自分の夢を言うべきかどうか悩んでいたのですが、その夢をアピールポイントにありのままで挑めばいいと気付きそこで就活のモヤモヤがなくなり前向きに挑もうと思えました。

自分が納得する企業に出会えたのも、コーチングのおかげだと思います。

夢はフリーランスで活躍すること

ー現在の状況について教えてください

11月からWeb制作会社でWebデザイナーとして働く予定なので、それまでの間は人生最後の夏休みとして好きなことをやっています(笑)

あと時間がある時は、なるべくスクールにも行けるようにしてトレーナーさんや友人と交流しています(ついおしゃべりが楽しくて楽しくて…)。


ー将来の展望(今後のビジョン)について教えてください。

まずはWebデザイナーとして会社でどんどん経験を積みたいと思います。そして、数年後にはスペインに行ってWebデザイナーの仕事をしながらフラメンコを習いたいと思っています!

やりたいことはどんどん挑戦しよう

ー最後に現在学習を始めるか悩んでいる方にアドバイス等あればお願いします。

迷っているならトライした方が絶対に良いと思います!

どんどんやりたいことには挑戦して、行動していくことでいろいろ道は開けていくんじゃないかな〜と思っています。


STUDIOでは毎日見学&説明会を開催しています(要予約)

『毎日をもっと楽しくしたい』『自分にしかできないことを見つけない』『クリエイティブなスキルを磨きたい』

デジタルハリウッドSTUDIO千葉では、皆様の人生を変えるサポートをしております。

個別カウンセリングでは、あなたの経験や将来の展望に合わせて、今後のアクションについてアドバイスさせて頂きます。

お話を聞くだけでもOK!ぜひお気軽に個別カウンセリングへお申し込みくださいませ。
(オンライン説明会も実施中!)



SNSで最新情報をチェック!

各種SNSにて、STUDIOの日常やイベント情報を発信しています。

ぜひお気軽には、ぜひ覗いてみてください:)


Facebook
https://www.facebook.com/dhwschiba/

Twitter
https://twitter.com/dhws_chiba

Instagram
https://www.instagram.com/digitalhollywood_chiba/

note
https://note.com/dhwschiba

その他のSTUDIO千葉のブログ

BLOGS