デジタルハリウッドSTUDIO山口 ブログ

【スタッフブログ】#59 Webデザイナーの将来性は?10年後も生き残るために知っておきたいこと

2024-06-10

Webデザイナーの将来性は?10年後も生き残るために知っておきたいこと




みなさんこんにちは。トレーナーの河口です。

テクノロジーの進化とともに、Webデザイナーの役割は大きく変化し続けています。

かつてはHTMLとCSSの知識だけで十分だった時代もありましたが、今ではユーザビリティ、アクセシビリティ、SEOなど、多岐にわたる知識が求められるようになりました。

そんななか、Webデザイナーとして10年後も活躍し続けるためには、どのようなスキルや心構えが必要なのでしょうか。

今回はWebデザイナーとして生き残るために知っておきたいことというテーマで書いてみます。

時代が変われば、求められるスキルも変わる



この10年間だけでも、Webデザイナーに求められるスキルは大きく変化しました。

もっとも大きな変化はモバイルファーストでしょう。スマートフォンが普及したことで、デバイスの画面幅に合わせてレイアウトを最適化させる、レスポンシブWebデザインの知識が必須となりました。

デザインツールの進化も見逃せません。Adobe XDやFigmaなどのプロトタイピングツールが登場したことで、デザインのプロセスが大幅に効率化され、デザイナーとコーダーのコラボレーションが容易になりました。

また、JavaScriptのフレームワークやライブラリ(ReactやVue.jsなど)の普及により、インタラクティブで動的なユーザー体験の実装が可能となりました。

制作を取り巻く環境が目まぐるしく変わるWebの世界では、時代に合わせて新しいスキルを身に付けることが求められます。

では、時代に合ったスキルを見極めるには、どうすればよいのでしょうか?



ゲームチェンジは「すでに起こった未来」から



未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたP.F.ドラッカーの著書に「すでに起こった未来」という言葉が登場します。



社会的、経済的、文化的な出来事と、そのもたらす影響との間にはタイムラグがある。出生率の急増や急減は、20年後までは労働人口の大きさに影響をもたらさない。だが変化はすでに起こった。戦争や飢饉や疫病でもないかぎり結果は必ず出てくる。 「創造する経営者」P.F.ドラッガーより引用

新しいテクノロジーの登場によって求められるスキルは移ろいますが、一夜にして世界がひっくり返るわけではなく、グラデーションのように緩やかに変化していきます。



例えば、2007年にiPhoneが発表されてから、レスポンシブWebデザインという言葉が生まれるまでには約3年のタイムラグがあります。スマートフォンが広く普及していくにつれ、徐々にモバイルに最適化する手法が定着していきました。



近年はプロトタイピングツールやノーコード・プラットフォームが進化して、Webサイト制作はどんどん簡単になっています。数年後には、手早くリリースして運用しながら改善していく、アジャイル型のWebサイト制作が主流になっているかもしれません。



そして、ChatGPTをはじめとする生成AIがすごいスピードで成長しています。望む望まないに関わらず、誰もがこのトレンドに巻き込まれることは明らかです。これからのWebデザイナーには、AIと協業しながら制作を行う能力が問われるようになるでしょう。



このように、すでに起こっている変化から、未来に必要なスキルを予測することができます。



自分の価値は他者からの評価で決まる



Webデザイナーに限らず、自分の価値を自身だけで測るのは難しいものです。



むしろ、クライアントや上司、同僚といった周りの人からの評価が自分の価値を決めます。自分に求められるスキルを理解するためには、他者の声に耳を傾ける姿勢が必要です。



多くの仕事は、他者とのやり取りで成り立っています。スキルだけが独り歩きして、他者からの評価なしに対価を生むことはないでしょう。言うまでもなく、対価を払ってくれるのもまた他者だからです。



たとえデザインが天才的に上手かったとしても、誰の目にも留まらなければ評価されることはありません。誰かの支えになったり、誰かに良い影響を与えたりすることで、初めてそのスキルに価値が生まれます。



他者からのフィードバックを受け入れながら、ニーズに合わせて自身のスキルを変化させていくことで、求められるWebデザイナー像に近づくことができます。

生き残るための秘訣は、常に学び続けること



Webデザインの世界は常に進化しており、新しい技術やトレンドが次々と登場します。



いくらスキルがあっても、学ぶことを怠れば時代に取り残されてしまうでしょう。Webデザイナーが生き残る秘訣は、常に新しい知識やスキルを吸収し続けることにあります。



トレンドを追うこと、デザインの理論を学び直すこと、関連する新しい分野の知識を得ることなど、学びは多岐に渡ります。セミナーや勉強会に参加したり、オンラインで学習したり、コミュニティに携わったり、様々な手段で自己研鑽を重ねていく必要があります。



困難な道のりのように思えるかもしれませんが、この投稿を読んでいる皆さんならきっと大丈夫です。自分に必要な情報を求めて行動するスキルがあるからです。



Webデザイナーを目指したいと思い立った、あのときのことを思い出してみてください。きっと新しいスキルを身に付けてなにかを叶えたいという、熱い想いがあったはずです。



目標に向かって行動しているときの熱量は、学びの火種になります。Webデザイナーになるという目標を成し遂げた後も、更なる目標を見つけて炎を燃やし続けてください。



10年後に向けて、ともに励みましょう。

まずは説明会にお越しください!

説明会は、平日・土日ともに10時~20時まで開催しています。
お忙しい社会人の方、主婦ママの皆さまにもお気軽にお越しいただけると嬉しいです。






STUDIO山口では【無料体験入学会】を定期開催しております。学習環境を実際使用してみることで、オンライン学習の進め方やトレーナーへの質問方法など細部までご確認いただける機会を用意しています。

 

STUDIO山口では、スクール説明会を随時開催しています。WEBやクリエイティブ業界への就転職をお考えの方、デジタルハリウッドでのWebスキルの説明会にご参加ください。

 

その他のSTUDIO山口のブログ

BLOGS