https://school.dhw.co.jp/images/school/yamaguchi/blog/20210206.jpg

デジタルハリウッドSTUDIO山口 ブログ

【イベント報告】ネット動画クリエイター専攻の講評会を開催しています。

2021-07-06

ネット動画専攻の講評会ってどんなことをしているの?

デジタルハリウッドSTUDIO山口では今年3月から新たにネット動画クリエイター専攻が開講されました。トレーナー・受講生共に初めての試みとなるため、STUDIOでは1ヶ月に1度課題の講評会を行い、受講生同士の進捗など情報共有を行なっています!今回は、5月に行われた講評会の様子をお届けします。


5月末に行われた講評会にはネット動画クリエイター専攻、ディレクター専攻を受講された4名に課題を発表していただきました。


受講生の課題制作をちょっと拝見...

この中からお二人の課題を紹介させていただきます!


まずは、企業の担当者としてネット動画ディレクター専攻を受講された政崎さん。1つ目の課題は、Joint Appsというアプリの広告アニメーションです。黄色やオレンジのパキッとしたカラーが目を引くアニメーションに仕上がっており、画像の切り替えのアニメーションもスムーズで見ていた他の受講生やトレーナーからとても好評でした。2つ目の課題は、表紙にもなっているデジハリのロゴのアニメーション。3Dを活用して立体的に動くアニメーションにうまくまとめていました。トレーナーも言うことないなぁとのこと。文句なしの完成度。お疲れ様でした!





お次は、STUDIO山口のWebデザイナー専攻の卒業生でもある西村さん。ご自身のスキルアップのため、ネット動画ディレクター専攻を受講されています。1つ目の課題は、サイコロの面に猫のイラストを貼り、くるくる動かすというアニメーション。もともとは飼い猫がよく外を暴走するために作られた飛び出し注意の看板のために描かれたイラストだったそう。猫ちゃんが勢いよく動き回る様子が表現できたアニメーションでした。2つ目、3つ目の課題は飼い猫の写真を切り抜いたアニメーション。猫ちゃんのフル活用!ということでしたが、愛くるしい猫ちゃんがクルクルとまわってなんともかわいらしい作品でした。4つ目、5つ目の課題は、イラストの関節を動かすというもの。この課題は多くの受講生がつまずくそうです。1つ目の課題のイラストを利用して、猫自体が動くアニメーションを制作されました。


学習のモチベーションが上がる!

今回の講評会では、同じ時期に受講されている受講生同士で進捗を確認し合うことができ、講評会中にも「もうここまで進んだんだ!」という声がよく上がりお互いに刺激を受けていたようです。また、一つ一つの課題をみんなで確認していくため、多かれ少なかれトレーナーからのダメ出しを受けることになります。しっかりとフィードバックを受けてそれぞれの伸びしろを確認することで今後の学習意欲にも火がつきます。みなさん、これからの制作に向けてのターニングポイントになったのではないでしょうか。


動画クリエイター専攻の講評会は毎月定期的に開催していますのでご興味のある方はぜひご参加ください!

今回ご紹介したコースはこちら!

#ネット動画専攻もスタート!


ネット動画クリエイター専攻
期間:4ヶ月 金額:385,000円 税込(350,000円 税抜)
 

ネット動画ディレクター専攻 
期間:3ヶ月 金額:330,000円 税込(300,000円 税抜)

まずは説明会にお越しください!

説明会は、平日・土日ともに10時~20時まで開催しています。
お忙しい社会人の方、主婦ママの皆さまにもお気軽にお越しいただけると嬉しいです。







STUDIO山口では 「Zoom」 と呼ばれるPC・スマートフォンでご利用可能な無料のアプリを使用して説明会を行っています。ビデオ通話でも背景は変更が可能ですので、どこにいても安心してご参加いただけます。

 

STUDIO山口では、学びの体験会を随時開催しています。WEBやクリエイティブ業界への就転職をお考えの方、デジタルハリウッドでのWebスキルの学びの体験会にご参加ください。

 

その他のSTUDIO山口のブログ

BLOGS