デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。

【東京本校】2018年4月より開講!本科CGヴィジュアルアーティト専攻の魅力をお伝えします!

2018.06.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

『1年後、君は世界共通の感動を創造するアーティストへ』

こんにちは。
デジタルハリウッド東京本校です!

突然ですが、 本科CGヴィジュアルアーティスト専攻 (以下:本科CVA専攻)をみなさんはご存知ですか?

本科CVA専攻のコースコンセプトは " エモーショナル "。
映像表現で " 国内外問わずに見る人に大きな感動を届けるCGアーティスト " を目指す専攻です。
今回はその“ エモーショナル ”を体現するための本科CVA専攻ならではの授業を紹介していきます。

▼国内外問わずに活躍する、現役アーティストが指導者に!
『生命感を感じるキャラクター』を生み出すための片桐裕司氏の彫刻造形授業

日々、授業を通して様々なことを学んでいきますが、実際にどんな授業を行っているのか気になりますよね?
ここでは、ハリウッド在住のキャラクターデザイナー/特殊メイクアップアーティスト片桐講師による『3日間集中・片桐裕司氏の彫刻造形授業』の様子をご紹介いたします。

「3DCGを学ぶ中で何故、ねんど造形をするのか?」とお考えの方もいるかもしれませんが、授業はアナログ造形を通して、3次元のものの見方はもちろん、全体のバランスを見ることの大切さ、生き物やリアルなものを表現するには解剖学で中身を知ることや、勢いや流れを意識して統一性を持たせることの重要性などを学び取っていただくための授業となっています。

片桐講師のデモンストレーションの様子です。キャラクターをつくるうえでの法則などをお話しいただきながら、「生き物」とは何か?「リアルなもの」とは何か?というお題から上がった特徴や設定の人型クリーチャーを制作しました。

黙々と制作作業に没頭する受講生。正面からだけではなく、上下左右など様々な角度からバランスを調整して形を整えました。

授業の様子、まだまだ気になりますよね?
全3日間の様子は、東京本校ブログにて公開中!
受講生のみなさんがどんな作品を作り上げたのかも、ぜひご覧ください!
つづきはこちらから!

また、気になる講師陣の詳細は『 講師紹介 』をご覧ください!

▼『世界共通の感情を揺さぶるストーリー』 はどうやって編み出す?
杉山学長自ら語るCreative Thinking class!

本科CVA専攻のCreative Thinking classは、杉山学長自ら担当。
本科CVA専攻をなぜ開講したのか、どのようなアーティストを目指してほしいのかなどをお話しいただきました。

~ もっと個人の思想や経験、体感してきたことなどが作品の中に現れても良いのではないか ~ 
杉山学長 『1994年にデジタルハリウッドが開校されて以降、デジタルハリウッド生による数多の映像作品が制作されてきたが、近年、デジタル技術が急速に発達していく中、各個人が影響を受ける作品というものも優れた技術の元制作された視覚的にハイレベルなものや、それに伴った痛快なわかりやすいストーリというものが多くなってきているのではないかと、学生作品を通してそのように感じています。

そのこと自体は決して悪いことではないと思っていますが、もっと個人の思想や経験、体感してきたことなどが作品の中に現れても良いのではないか、そのような作品を作っていってほしいという思いから、本科CVA専攻を開講しました。』

~ より強い個性を作品の中に出していきたい ~

杉山学長の授業を受講し受講生はどのように感じたのでしょうか。
2018年4月入学 小堀 壮太郎さん に感想を伺いました。

小堀 壮太郎さん『2018年4月よりデジタルハリウッドにて新たに開講された本科CVA専攻ですが、私個人としてなぜ開講されたのかという経緯は知らず、おそらくこの授業が無かったら知ることもなかったと思います。
杉山学長の思いを知り、本科CVA専攻で学んでいる私たちにどのようなことが求められているのか、どのような思いを持って作品制作を行って欲しいのかということ を知ることができました。

また、授業ではデジタルハリウッド初期の学生作品を視聴したのですが、当時のパソコンのスペックの問題などから、制作が行える範囲は現在と比べて非常に狭いものであったと思いますが、その中でも各個人が挑戦してみたい事や、影響を受けてきたものというのが強く出ていました。
そこから、制作に対する姿勢や熱意、広い視野を持つことの大切さなど、多くのことを学ぶことができました。

今後、作品を制作していく上で、視野を広げて自身の持つ引き出しを多くしていくためにも、過去の古典作品の視聴や図書館などを積極的に活用し、映像作品のみならず写真、絵画、彫刻、建築などの様々な分野のものを今以上に多く見ていきたいと思います。
また、個人的に興味を抱いている人間の構造科学や心理学等も勉強して、より強い個性を作品の中に出していきたいと考えさせられるとても良い時間となりました。』

いかがでしたか?
本科CVA専攻では今回紹介した『表現手法を学ぶエクスプレッション科目』をはじめ、世界を舞台に活躍できるCG技術を『技術習得に特化したテクニカル科目』や自身の目的に合わせて選べる『専門スキルに特化したデモリール制作をするエクストラトレーニング&ゼミ科目』など、魅力的な授業が詰まっています。
本科CVA専攻詳細はこちら

また、この他にも本科CVA専攻の魅力を知ることができる

や授業ブログなど、様々な形でみなさんに情報を発信中です!
さらに本科CVA専攻についてより詳しい内容を知りたい方は『個別のスクール説明会』へご参加ください!

▼個別のスクール説明会で、みなさんの疑問にお答えいたします。

授業見学&体験してみよう!

もっと詳しく「本科CVA専攻」のカリキュラムを知りたい方は

個別のスクール説明会(無料)にて「本科カリキュラム」「業界の最新情報」
「通学方法」「特待生選抜基準」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

個別のスクール説明会のご予約はこちら