デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。

企業セミナーをご紹介!~ 株式会社 武右ェ門 編 ~

2018.04.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは。
デジタルハリウッド東京本校の坂上です!

今回は、企業の方よりCGアニメにおける表現・技術や実際の作業事例を交えながらお話しいただく、企業セミナーを実施いたしましたので、その様子をご紹介いたします。
就転職希望の方は必見ですよ!ぜひ最後までご覧ください!

ご登壇いただきましたのは、【  株式会社 武右ェ門  】さんです。


【 会社概要 】

株式会社 武右ェ門
テレビ、映画、ビデオ等のアニメーション作品・映像作品の企画制作等を行っており、
『GRANBLUE FANTASY The Animation』や『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』をはじめ、様々な作品のCG制作を担当されております。

写真真ん中:社長の高山さんはデジタルハリウッド東京本校の卒業生です!

▼制作現場でのお話をメイキング形式でご紹介!

今回はクリエイター向けセミナーということで、実際に制作された作品をお持ちいただき、メイキング形式で解説していただきました!

その1 ~ ルックデベロップメント ~

ルックデベロップメントとは、3DCGの見た目を決める大切な工程です。
手描きの画像からモデリング、テクスチャー、レンダリング、AfterEffectで合成、修正、仕上げまでの一通りの工程を指します。
解説では、1枚の手描き画像がCGキャラにだんだんと近づいていく様子をお話しいただきました。各工程を経て完成に近づいていく画像や映像を見せていただいたのですが、普段はなかなか見ることができない貴重なメイキングなのですごく感動しました!!


その2 ~ リグ ~

リグは、キャラクターを作成後、キャラクターを動かすために骨組みを入れたりコントローラーを入れたりする工程です。
解説では、ドラゴン風のキャラクターの翼をどう動かしているのかについてお話しいただきました。
ドラゴンといえば複雑なリグが組まれているのかと思いきや、現場のプロだからこそ、できるだけ複雑にせず簡単なコントローラーで動かしているとのことで、受講生の方々から驚きの声があがりました!


武右ェ門さんのBUEMON Reel 2016はこちら!

いかがでしたでしょうか。
デジタルハリウッド東京本校では、今回の武右ェ門さんの企業セミナーのように様々な企業の方をお呼びして、セミナーや各種イベントを実施し、みなさんの就職サポートを行っています。
また、デジタルハリウッド伝統の就職サポートイベント【クリエイターズオーディション】も実施しています。
クリエイターズオーディションの様子をブログでご紹介しておりますので、ぜひこちらもご覧くださいね。

クリエイターズオーディションVol.56レポートはこちら!

▼3DCGの制作方法を学び、短期間でプロを目指したい方へのおすすめの専攻はこちら!

▼CGを学んでみたいと思ったら、先ずは説明会へ!

クリエイターズオーディション参加企業もご紹介!スクール説明会

スクール説明会

スクール説明会(無料)では「カリキュラム」「業界の最新情報」「通学方法」「セミナー情報」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。
※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

無料説明会のお申し込み