デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO静岡

0120-680-009
JR「静岡駅」より徒歩4分/「新静岡駅」より徒歩3分
ローカルでの新たなワークスタイルを発信するスタジオです。

「目指せ、静岡で活躍できるWebディレクター!」講座 が開催されました。

2018.05.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

5/15(火)19時より、ディレクター講座の第1回目が行われました。

キックオフ説明会ではざっくりとした情報整理をしただけでしたが、今回は全体像とゴールを決めた上で、具体的にどういう手法でゴールまで進めていくのかを確認するワークを行いました。

マーケティング的な手法でターゲットユーザーをプロファイリングし、その情報を元に画面レイアウトやデザインを決めていきます。

この手法は多くのWeb制作現場で採用されています。ただし、プロファイリングの手順や、利用する書類などのフォーマットなどは、制作者によってマチマチです。

今回ナイン渋谷さんの行った方法だけが唯一の正解という事ではなく、沢山あるアプローチのうちの1つ、という認識をして頂ければ幸いです。

※と、渋谷さんご本人も仰っておりました。

ターゲットを選定

ナインさんの提案で、今回のカリキュラムではここデジタルハリウッドSTUDIO静岡を題材とする事になりました。

目標は説明会の予約です。あらかじめこちらで考えたターゲット、転職者、学生、主婦の3種類。

3つのグループに分かれて、3つのターゲットそれぞれに対する施策を練っていきます。

本来はこういうターゲットの選定はクライアントとの話し合いの中から探っていきます。

ワークに含めたい所ですが、時間短縮のために割愛いたしました。

ペルソナシート


まず最初に行ったワークはペルソナシートの作成です。

この段階で必要なのは「あー、こういう人、いるいる!」という存在しそうな人を見つけ出すこと。

どんな性格なのか、趣味は?貯金は?年齢や性別、悩んでいることなど短い時間の中で沢山の情報を提案して頂きました。

共感マップ


さらにターゲットユーザーへの理解を深めるために、ユーザーの考えていることや行動などをマップ化していきました。

この中に沢山のヒントがつまっています。

ここでも大切なのは、自分たちで考えること、実際にいそうな人の情報とすることです。

チーム全員の意見を反映しすぎて「そんな人いないよね?」という存在しない人物を設定することが無いよう、バランスを取ることに気をつけました。

カスタマージャーニーマップ

ペルソナと共感マップで掴んだユーザー像を更に深掘りします。

ユーザーの行動・体験・企業との関わりを時間軸で整理し、ユーザーの困り事や欲求を図に起こします。

このカスタマージャーニーではWebに関係の無い部分、Webサイトを見る前、見た後についても書き入れていきます。

Webサイトを見るときだけでなく、見た後、コンバージョン後、サービスを使い終えてからのユーザーの行動や考えることの中に答えがあることも多いからです。

ここに並んだ情報をヒントに、Webサイトを作成していきます。

と、ここまでで時間切れ。

とても白熱し、カスタマージャーニーの作成途中までで今回は修了致しました。

次回はこの続きから勧めることになります。

次回以降

次回2回目は、今回のカスタマージャーニーの続きからスタートさせます。

もちろん2回目からの参加も歓迎しております。

また、3回目の開催を焼津にある HOME BASE YAIZU で行うことも決まりました。

3回目はユーザーの情報を元に、UIへ落とし込む作業になります。

ぜひぜひご参加ください。

次回以降スケジュール

  • 2回目 6月12日(火) 19:00〜 ユーザーの課題から企画を立てよう。 ※場所はSTUDIO静岡予定
  • 3回目 7月10日(火) 19:00〜 企画をUIとして設計をしよう。 ※場所はHOME BASE YAIZU予定
  • 4回目 8月7日(火) 19:00〜 プロジェクト管理のコツを学ぼう。※場所はSTUDIO静岡予定

参加申し込み受け付けております

ディレクター講座への参加申し込みは、若干名ですが受け付けておりますので、やる気のある方はどうぞご参加ください。

詳細と参加申し込みはこちらのページからご覧頂けます。

デジタルハリウッドSTUDIO静岡の説明会も随時行っておりますので、ご興味のある方は合わせてお申し込みください。


説明会のお申し込みはこちら