STUDIO札幌

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO札幌

0120-65-5585
Make your dreams come true at Digital Hollywood Studio Sapporo.
あなたの夢を叶えるために、一人ひとりに合うカリキュラムを提供いたします。

Webデザインのおはなし

2017.01.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

最近はパソコンやタブレット、スマホ、色々なデバイスからWebページにアクセスする機会がすごく増えましたよね。

特に最近は、パソコンよりもスマホでの閲覧が多く、パソコンよりも気軽にネットサーフィンができるようになりました。

レスポンシブデザイン

Webデザインに関わる人であれば、
「レスポンシブデザイン」という言葉を必ず聞いたことがあるのではと思います。

「あらゆるデバイスに最適化されるデザイン」を意味し、大小問わず最近のWebサイトの主流になっています。

レスポンシブ対応のサイトはGoogleでも推奨されていることから、とりあえずレスポンシブ対応のサイトを作っておくor勧めておく。
なんて方も見受けられますが、便利なものであっても必ず気を付ける点がありますので確認しておきましょう。

・それぞれのデバイスでHTMLを共有しているので、サイトのメンテナンス工数を削減することができます。
半面、PC/スマホで同様のレイアウトで作られている訳ではありませんので、デザイン段階から様々なデバイスを想定しなければなりません。

・CSSの記述が複雑になり、テクニックが必要になります。
また、モバイルサイトでもCSSの読込が行われるため、サイト表示が遅くなる可能性があります。
こちらは画像についても同様で、PC用の大きい画像では読込に時間がかかり、ユーザーが待ちきれなくなる可能性があります。

レスポンシブデザインがベストなのか?

ただ、レスポンシブデザインがベストなのか?と問われると、実はそうでもなかったりします。

「それぞれのデバイスでする事」をしっかりと想定できるならば、専用サイトやアプリにするという選択もあります。

世界最大級のメディアエージェンシー、ゼニス社が昨年末に『モバイル広告予測』を発表しましたが、今年はモバイルがインターネット使用の75%を占めるようになると予測しています。

「モバイルフレンドリー」から「モバイルファースト」へと情勢が変わりゆくなかで、マルチデバイスというだけではなく、ユーザーから何を求められるのかという視点がすごく大事になってくるのではと思います。

皆さんもデジハリで使いやすい!と言ってもらえるWEBデザインを学び、考えてみませんか?

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界動向について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込みはこちら