デジタルハリウッドSTUDIOなんば ブログ

大阪校 Webデザイナー専攻 主婦ママクラス卒業生インタビュー  ~今までの学びと卒業後の活動、働き方~ Vol.1 中原 恭子さん

2021-07-08

※こちらはデジタルハリウッドSTUDIO大阪梅田校・STUDIOなんば校でwebデザイナー専攻・主婦ママクラス卒業生の『今までの学びと卒業後の活動、働き方』にフォーカスをし、インタビュー形式に実施したZoomイベントの詳細になります。



原恭子

デジタルハリウッドSTUDIO大阪梅田校

webデザイナー専攻 主婦ママクラス卒業生

大学卒業後、プログラマーとして金融などのシステム開発の仕事に7年についた後に退職。 専業主婦12年目に「もう一度働きたい!」と考え、Web制作の仕事に就くために2019年2月にデジハリ主婦ママクラスに入学。 卒業後はWebディレクターとして大阪の制作会社で時短で働いている。主に定期更新の運用のディレクションを担当。 年中と小6の女の子と夫との4人暮らし。

◆ 育児・家事・お仕事など1日のスケジュールを教えて下さい!

A.●4:00-6:30 勉強と自分の時間。読書・ウェビナー動画確認・制作の練習など
●9:00-10:00 下の子供を幼稚園バスに乗せてから通勤。現在はリモート勤務のため、掃除や運動など
●10:00-15:00 制作会社でディレクターとして勤務。主に定期更新の運用業務を担当
●16:00 - 下の子の子供のお迎え、習い事の送迎、夕食など
●21:00 寝る
現在の制作会社が時短勤務が可能なので、下の娘は保育園への転園をせずに幼稚園の通園を続けています!


◆デジハリを選んだポイントは?

A.デジハリを選んだ理由は、卒業制作課題があるところです。

入学前に他の通学型やオンラインスクールも調べたのですが、他のスクールはデザインソフトや言語の使い方がメインで技術の習得に力を入れています。一方、デジハリの卒業制作は、自分でクライアントを探してヒアリングを行い、デザインからコーディングまでサイト制作を一通り行います。この点に実用性を感じました。

それと、ママクラスは担当の先生が10:00から来てくれます。他のスクールやデジハリ大阪のWeb専攻は先生が午後から来られるので、そうなると子供の帰宅時間と重なり、先生に見てもらえるのは土日だけになってしまいます。

平日、子どもが学校や幼稚園に行っている間に、スクールで先生に見てもらえるので、土日は家族のために使えるのは良かったです。



クライアント選びから納品まで行う卒業制作があるデジハリ




◆在学中に一番印象に残っていることは?

A.在学中に一番印象に残っていることは、ライブ授業です。

ライブ授業は、普通のWeb専攻の方も一緒に受けるのですが、皆さんスキルが高いのでいい刺激になりました。スキルアップを目指して通学している社会人の方も多く、現役の紙のデザイナーさんもいらっしゃって。グループワークでバナーを仕上げるクラスがあったのですが、みなさんの意思決定の速さに全くついていけなくて、そのときはかなり落ち込みました。今考えると、いい刺激になりました。

また、他のママクラス生のがんばりはすごかったです。

先生から学んだことを大判のスケッチブックにびっしりと書いている人がいて。一言も聞き漏らさないその気迫に、自分ももっとがんばろう!と気が引き締まりました。

先生に1つ質問したら10教えてくれるのも、直接お話して教えてもらえるからこそですね。当時のノートやコーディングしたものは今でも手元に置いていて、時々見返しています。



スクールで一緒に学ぶからこそ、自分への刺激になる




◆Web業界で仕事をしてよかったのは?

A.Web業界で仕事をしてよかったのは、会社に所属しながら、自由な働き方が可能なことです。

現在働いている制作会社は、自宅勤務のできる環境と体制があるので、子供のスケジュールに合わせて融通がきかせることができます。例えば、午後から子供の授業参観がある日は、午前は自宅勤務で午後から参観、なんてこともできます。

これはコロナ禍の前からできていたので、2020年に非常事態宣言が出たときにはフルリモート勤務への移行はスムーズでした。その日にパソコン持って家に帰るだけという(笑)ありがたいことに、コロナ禍でも仕事量は減りませんでした。

また、ママクラス生の働き方がどんどん自由になっています。

私は週5日働いていますが、ママクラス卒業生でそういう人は稀で、週3程度の時短勤務という人が多いです。卒業生には東京の会社にフルリモート勤務で働いている人も。



Web業界で自分の生活スタイルに合わせた働き方を「選ぶ」




◆今後の目標は?

A.将来、子どもが大きくなり、自分の可処分時間が増えたときに備えて、経験値を上げて業務の幅を増やしていきたいです。ゆくゆくはがんばっているママデザイナー、エンジニアと結集してサイト制作したいですね。そこでディレクションができれば嬉しいです!


◆もっと聞きたい!質問タイム

Q1: フリーランスでなく、会社で働くことを選ばれた理由を教えて下さい
A1: 私も入学当初はフリーランス希望でした。でも、スクール内の就職ガイダンスにも参加して、最初からフリーランスを目指すよりも会社でアルバイトからでも始めて実務経験を積んだ方がいいよ!と言われたので考え方を変えました。実際に会社で働かせてもらって、業務だけでなく仕事のスピードの速さや業務に付随することも幅広く経験させていただいています。

Q2: いきなりフリーランスになるのは怖いです。失敗するのも気になります。
A2: 怖いと感じているなら、一度会社に入ることをおすすめします。会社で他の方にチェックしてもらえるので、もし大きなトラブルになる様な失敗があってもクライアントに出る前に防ぐことができます。

会社に入るために、まずは学内でクリエイターズオーディションを目指してほしいです。現在のクリエイターズオーディションはオンライン開催で全国のデジハリ生・や企業様が対象のため、チャンスがたくさんあります。そこから仕事につなげていったママクラス生も多数います。学校をフル活用して、先生にも目をつけてもらえるレベルまで卒業制作を作り込んでほしいです。

Webデザイナー専攻 主婦ママクラスとは…??


「家事・子育てと両立して、 自宅で仕事をしたい!」という主婦や子育てママのみなさんを対象とした、 『Webデザイナー専攻 主婦ママ専用クラス』になります。

4月生・7月生・10月生・1月生クラスをご用意しておりますのでご興味のある方は

是非下記より詳細をご確認くださいませ!

その他のSTUDIOなんばのブログ

BLOGS