デジタルハリウッドSTUDIOなんば ブログ

「ワークショップつき!クライアントに頼られるフリーランスWebデザイナーになるために実践していたこと」受講レポート

2020-10-24

こんにちは。

先日、STUDIOなんばでは「ワークショップつき!クライアントに頼られるフリーランスWebデザイナーになるために実践していたこと」を開催しました!


フリーランスになりたいけど、どうすればいいの?

ゆくゆくフリーランスに興味がある!けど仕事をもらえるのか不安…。

など卒業後フリーランスを視野に入れているみなさんが多く参加されていました。


今回は受講生の大北さんに当日のレポートをいただきました。フリーランスやクライアントとの仕事について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

こんにちは。デジタルハリウッド受講生の大北彩加です。


先日、デジタルハリウッドSTUDIOなんばにて、フリーランスWebデザイナーの北村卓也さんによる「ワークショップつき!クライアントに頼られるフリーランスWebデザイナーになるために実践していたこと」というイベントに参加しました。


私自身も将来的にはフリーランスになりたいという夢を持って日々学習に取り組んでいます。


しかし、当然ながらフリーランスとしての実務経験もない中、「どのようにクライアントさんとの交流を図ればいいのか」「今後フリーランスWebデザイナーとして活躍していくにはどのような心掛けが必要なのか」など疑問に抱いていた事もあり参加させていただきました。

登壇者紹介


■北村 卓也

SCHOLA Inc. 代表

(アートディレクター / デザイナー / プログラマー )

2001年大学在学中にJCD Design Award大賞を受賞。卒業後フリーランスデザイナーとして独立。2005年頃よりデザイン対象をWEBを中心としたデジタル分野に移行。2007年よりTBS系制作会社(現TBS SPARKLE)にてデジタルコンテンツのクリエイティブディレクターとして大手企業や官庁など様々な案件に立ち上げから関わる。2019年よりSCHOLA Inc.を設立、現在に至る。

社会一般の方から見たWebデザイナーの印象って?

Webデザインの業界は、資格がある業界と異なるため、全員が”自称”であるということが現実です。誰でもなることができ、知識がなくても「Webデザイナーです。」と名乗ってしまえば相手にはそのまま伝わります。


だからこそ、作品実績やポートフォリオが重要になってくるのですが、クライアント(仕事の発注者)によっては、「できる人も中にはいるけど、ほとんどの人が出来ない」というイメージが元々付いてしまっている場合もあります。


そのため、クライアンさんとのやり取りを始める段階では”信頼されていない”ところがベースになってくることを覚えておかなくてはなりません。


しかし、”信頼できる人”を一人見つけてしまえば、クライアントさんは次回からも同じところで依頼しようと思ってくれる可能性が高くなります。


自分自身がしっかりとしたスキルや知識をを持っていればクライアントさんから”信頼”してもらえ、継続してお仕事をもらえる可能性があるので、悪い部分もあるけど良い部分もある中、キーとなるのは「クライアントさんからの信用を得る」ということです。


では、Webデザイナーとして活躍していくためには、どのようにクライアントさんと向き合っていくべきなのでしょうか?

Webデザイナーの専門家(プロ)を目指そう!

1.技術・知識をつける


当たり前なことですが、例えば「筋肉は裏切らない」という言葉がありますが、”技術力”は筋肉と近いものがあり、技術力が身に付けば身についた分だけ良いものができ、サボればサボるほど市場価値は下がります。


現在、私はデジタルハリウッドSTUDIOで基礎的なWebの知識を学習していますが、卒業後も技術力を磨くために学び続ける必要があるな、と思いました。

2.目を肥えさせる


「良いものをたくさん知っている人こそがプロだ」と北村さんは仰っています。


デザインに関わらず、いろんなバリエーションや可能性を踏まえた上で提案してくれる事をクライアントさんは期待しているので、良いものは良いとわかるように自分の目を肥えさせる必要があります。


たくさん興味を持ち、日常の中でもデザインを意識して生活していく「デザインマニア」になりましょう!

3.言葉を肥えさせる


ここからはコミュニケーションの話になりますが、クライアントさんに対してデザインする際、「なぜこうしたのか?」という質問に「ただかっこいいから」という説明だけでは、デザイナーとしての仕事は成立しません。そのため、客観的な言葉で説明できる能力が重要になります。


技術的な面でも、現状の目的だけでなく、長期的な視点やメンテナンス等を考えた上での説明や、提案ができるようになるとよいでしょう。

4.対象(顧客、クライアントさん)に寄り添う/傾聴力と共感力の重要性


Webデザイナーに限らず、社会人スキルやフリーランスとしての人間力が問われるポイントになります。


まず、クライアントさんが何を求めているのかをしっかりとヒアリングを行い、目的を明確化する必要があります。


クライアントさん自身も何を求めているのかわからない場合もあるので、カウンセリングをする感覚で、求めている結果を明確にし、内容を客観視できるように認識のすり合わせを行ましょう。

ワークショップ:そもそも会議


今回、ワークショップで参加者同士で話す練習(自分の意見を述べる、人の話を聞く、多面的に言葉にして捉える練習)を行うため、そもそも会議を実施しました。


そもそも会議とは、哲学トークのように「そもそも〇〇とは?」という表題についてチームで話し合うことです。


〇〇の中に入るお題は、参加者それぞれが興味がある言葉を3つ書き出し全員で話し合うテーマを選定しました。


今回は「そもそも”コミュ力が高い”とは?」と「そもそも”自由”とは?」というそれぞれのテーマについて2つのチームに別れて話し合いました。


私は「そもそもコミュ力が高いとは?」という表題で話し合いを行ました。


正解がないテーマに対して、みんなが思う「コミュ力が高い」の定義を話し合いました。

日常的にテーマを絞って会話をする機会は中々ない事だったのでとても新鮮でした。


それぞれの価値観の持ち方や自分の考えとは違う言葉の引き出し方に、話せば話すほど色んな結論に繋がっていく事が面白くて時間を忘れて話し込んでしまいました。


私は元々思っていることを人に伝えるのが苦手だったのですが、発言した事に対して共感してもらえたり納得してもらえたときは嬉しかったです。


今後のクライアントさんとのヒアリングを行う際には今回のワークショップで練習した会話術を活かせるように努めていこうと思いました。

全体を通しての感想

今回のイベントに参加してみて、プロのフリーランスWebデザイナーだからこそ話せる経験談を踏まえて、クライアントさんの目的を引き出す能力や相手に信頼を持ってもらうための技術力や説明力の重要さを学ぶことができました。


在学中に学習すること以外にも自分の学習すべき課題は尽きませんが、自分の好きな分野の学習に対する好奇心も膨らむ一方です!


今後の卒業制作にも今回学んだことを意識して取り組めるようにがんばります。

北村さん、今回はお忙しい中貴重なお時間をいただきありがとうございました!





就職・転職を目指す方におすすめのコースはこちら!

デジタルハリウッドSTUDIOは 忙しい社会人の方でも 仕事と両立し、 好きなときに好きな場所で学ぶ学習スタイルです。 目的別に選べるコースラインナップで、 就職・転職やフリーランス、パラレルワーク、副業 など、 一人ひとりに合った「オーダーメイドの」学びが可能となっています。

動画教材とアウトプットですぐに実践できる知識とスキルを身に着けられ、現役クリエイターからの指導を受けることができる個別トレーニングで、現場で使われる最新スキルが身につくカリキュラムです!

専科Webデザイナー専攻

未経験から6か月間でスキル習得可能なコースです。Adobe illustratorやPhotoshop、HTML5・CSS3、JavaScript、jQueryなどを使った制作スキルはもちろん、最新のデザイン、コーディング、 マーケティング等、Webデザイナーとしての仕事に欠かすことの出来ないスキルを身に付けます。

カリキュラムには作品制作が組み込まれているため、卒業時にはポートフォリオに載せられる作品が完成するカリキュラムです。コース詳細はこちら

未経験から就職・転職を目指す方にオススメ

実践アウトプットクライアントワーク付き
Webデザイナー専攻 超実践型 就職・転職プラン

「超」がつく3つの理由

・最大3つのお仕事にトライ

・『推薦シート』で自分に合った企業を目指せる

・あなたに合った最適な会社と職種をご紹介!

専科Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス

Webデザイナーは、自宅で仕事ができ、自分で仕事の量・時間・休日も決められ、年齢・資格に関係なく働きやすい仕事です。

未経験から6か月間でスキル習得可能なコースです。子育て、家事と仕事が両立できる次世代主婦・ママWebデザイナーを目指すカリキュラムです。実際の仕事に挑戦する「お仕事トライアル ライブ授業」つきで、在宅ワーク・フリーランス、再就職が適いやすい!

平日昼のクラス制授業、シッターサポートなどでで、忙しい主婦・ママが学びやすい学習環境を整えています。詳細はこちら

専科ネット動画ディレクター専攻

Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsなどのソフトの操作スキルはもちろん、最新の動画マーケティングの情報、動画制作におけるPDCAの回し方、 企画やシナリオの作り方などのディレクションに必要な知識も学びます。

現役ビデオグラファーから教わる撮影・編集のコツ、 動画制作のクオリティを上げる方法などの制作スキルを上げるための授業もあり、 現場ですぐに活用できる知識とスキルの習得を目指します。詳細はこちら

オンライン説明会も開催中!

スクール説明会(無料)では、業界に精通する専門カウンセラーがご案内!ご自身の目的にあった会社・職種・必要なスキルを一緒に探しましょう。


現在、STUDIOなんばではご来校での説明会と合わせ、オンライン説明会も開催しております。詳細はこちらをご覧ください。


その他のSTUDIOなんばのブログ

BLOGS