デジタルハリウッドSTUDIO広島 ブログ

卒業生のフリーランスチームに赤裸々インタビューしました!

2021-02-23

こんにちは!デジハリ広島スタッフのYです。


「デジハリを卒業後にどんな風に働くのかをイメージする機会にして欲しい」ということで、Web業界で活躍する先輩卒業生を囲んだトークイベントを行いました。


今回の卒業生は個人でフリーランスで仕事をしつつ、チームとして活動している3人です。3人のチーム名は”アマミドコロ”。漢字で書くと”甘味処"とも書きますね。
お茶飲みに行ったり、甘いものを食べに行くように、気軽に相談してもらって、ほっとする気持ちになってもらいたい、という趣旨でつけた名前だそうです。3人の空気ぴったりな名前です。

”アマミドコロ” の3人ってどんなひと?

清水みのりさん
・2017年10月生で入学、2018年4月で卒業
不動産関係の仕事を退職後にデジハリに入学、卒業後2年半はWeb制作会社に勤め、現在はフリーランス。


三輪美幸さん
・2019年10月生で入学、2020年5月で卒業
理学療法士をしながらデジハリに通学、卒業後もパートを週3・4日続けるかたわらフリーランス。


坪島菜穂さん
・2019年10月生で入学、2020年5月で卒業
保育士として勤めた後、専業主婦になり、お子さんが育ってきたタイミングでデジハリに通学。卒業後はデジハリ同期の勤める会社で半年勤務、その後フリーランス。

なぜWebデザインを勉強しようと思ったの?

Web業界未経験から現在はフリーランスとなった3人。デジハリ入学前は何をしていたのか、なぜWebデザインを学ぼうと思ったかを伺いました。

清水さん:前職の仕事について悩んでいるときに、東京で働くグラフィックデザイナーの友達へと会う機会があり、Web業界を知りました。当時友達は金髪で、好きな仕事で自分らしい姿に憧れていたこともありました。

三輪さん:学生時代からの友達の清水さんがきっかけ。特に今の仕事に不満がなかったのですが、仕事以外の時間を有効活用したいということと、元々絵を書いたり作ったりするのが好きだったので学校に通うことに決めました。

坪島さん:子供たちが手が離れてきたと感じたので、もともと興味があったクリエイティブな仕事や、Webの仕事は好きな時間と場所で働けるということに魅力を感じて学校に通うことにしました。また、子供たちが学校でプログラミングの勉強もはじまっているのに、親がデジタルを知らないことも気になりました。

チーム内の仕事の役割はどんな感じ?

三輪さんはチーム個人ともに、イラストやグラフィックデザイン・Webデザイン。清水さんは、コーディング・Wordpressの業務を担当、坪島さんはWebディレクター*とデザイン担当。個人の仕事はロゴやチラシやWebデザインを担当しているそうです。

*Webディレクターの仕事とは、お客さんの課題を解決するために、課題創出、進行管理、ページ構成の検討、見積書作成、価格交渉などを行っています。

Webサイトを制作するのに必要なスキルが分担できていますね。

個人でも活動する3人にチームで動くメリットを尋ねてみると、

  • スケジュールの管理がしやすく、先の仕事も取りやすい
  • 案件規模は大きいのが取りやすい
  • チームメンバーが専門の業務に特化できる
  • 営業窓口が増える

といった声が。お互いの忙しさをカバーしたり、全体のスケジュールを調整したり、案件をマルッと引き受けることができるなど、フリーランス個人にはないメリットがあるようです。

チームでの仕事について〜お互いの個性をわかりあえる、チームの強さ

- 仕事の場所、案件はどうやって受注している?

廿日市の商工会議所に事務所をかりて、その場所を通して仕事を紹介してもらったり、創業サポートセンターで創業支援をしていただいたり、仕事を紹介してもらうことも。仕事の紹介だけでなく、契約書の作り方やチームで仕事をする際の心得までアドバイスをいただけているそう。外部のかたとお話することで、客観的にチームの良さを知り、メンバーのそれぞれの個性やスキルの違いを生かすことができているそうです。

Webのお仕事はリピートで仕事がくることも。いただける仕事をしっかり対応することを心がけることも大事ですね。

- ぶっちゃけフリーランスは稼げるの?

自分の稼ぎたい年間の目標は、半年ほどで達成することができたという坪島さん。1年目、2年目と考える目標は一緒に暮らす家族の状況によっても変えていきたいそう。
一方これまで制作会社に勤めていた清水さんは、具体的な目標金額を設定し奮闘中。働く時間の長さを考えると、いまの働き方のほうが自分に合うようで、「個人の仕事が7割、アマミドコロは3割ほど。Web案件が5、6個同時にいただくこともあるが、頑張りどき」と話してくれました。

仕事と休みのバランスを自分で決めれるフリーランスは、ある意味自己責任な部分も多いのが実情。メリハリをつけて頑張ってほしいです。

これから〜卒業したあとだから伝えたいこと

イベント後、トレーナーの橋爪先生にロゴのアドバイスをもらう様子

「卒業後も常に勉強している、新しいことを勉強しておかないと広がらない。」と話す坪島さんは、デジハリにいたことで人脈や縁ができ、その縁で卒業後もデジハリのOBやトレーナーに積極的に質問をして情報を仕入れることができている、と話してくれました。

卒業後も、デジハリをうまく活用して、卒業生さん同士やトレーナーとの交流を深めていっていただきたいです。

- Web業界を目指しているひとへ

3人が口を揃えていうのは、「業界関わらず、自分の特徴を掴むために自分が何をしたいのかの自己分析をしたり、他人から見た自分の適性「他己分析」をトレーナーに協力してもらったり、ということが大事。」ということ。そして夢に向かって必要なスキルを身につけてほしい!とエールを送ってくれました。


個別説明会を開催しています!Web業界について興味があるかたや、学校について興味のあるかたはいつでもご相談くださいね^^

説明会はこちらから

デジタルハリウッド STUDIO広島 
T E L: 0120-125-810
MAIL: hiroshima@dhw.co.jp

その他のSTUDIO広島のブログ

BLOGS