デジタルハリウッドSTUDIO広島 ブログ

40代の2児のママが突然、Webデザインを学び始めた話〜卒業後編〜

 STUDIO広島のWebデザイナー専攻の卒業生で、現在はスタッフの山野留美です。

 入校まで編受講編の続編で、最終話の卒業後編です。在宅ワークを目指して入校したけれど、果たして卒業後にどうなっているのかのお話です。 

スタッフになる

 在校期間中に、「スタッフになりませんか?」と声をかけてもらいました。退職した後だったので、時間に余裕もあり、週1回の勤務だったら学習の支障にならない程度だと思い、引き受けることにしました。受講期間の3分の1は受講生として、そして、スタッフとして働くことになったのです。

在宅ワークを始める

 STUDIO広島を卒業してすぐに在学中に知り合った方から、サイトリニューアル案件のお話をいただきました。念願の在宅ワークスタートです!この後も、STUDIO広島を通じて知り合った方からサイトデザインのお仕事をいただいたり、友人や知人のショップDMや名刺を制作させてもらったり、クラウドソーシングを利用したりして、小規模ではありますが在宅ワークをしています。

*在宅ワーク時の1日のスケジュール

ハイブリットな働き方を楽しむ

 在宅ワークをしながら、週1回のSTUDIO広島の勤務を続けていました。週1回だけでも外勤すると気分がリフレッシュされ、情報交換や収集もできるし、なによりも「子ども以外と会話が楽しめる!大人と話したい(家族以外と)!」 もうちょっと、外勤を増やしてもいいかなと思っていたところに、週2〜3回の勤務はどうですかとSTUDIO広島からの打診があり、快諾。現在に至ります。


 私にはこの、在宅と外勤のハイブリットな働き方が今のライフスタイルにあっており、まさにSTUDIO広島入校のきっかけとなった広告のうたい文句である「自分らしい働き方」を見つけたように思います。

 今は子育てが忙しく、がっつり働くことはワークライフバランスが取れないので選択しませんが、子育てが一段落すればフルタイムで働くこともできます。また、親の介護問題が発生すれば、在宅ワークやパートでの働き方も可能だと思います。その時、その時の様々な場面で働き方をカスタマイズできる多様性が「自分らしくはたらく」を可能にさせてくれるのだと思います。

その他のSTUDIO広島のブログ

BLOGS