VRエンジニア

お仕事内容・主な業務

VRとはバーチャルリアリティのことで、現実と同じような空間を仮想現実として体験できる技術のことをいいます。VRの技術発展は目覚ましく、最近ではスマートフォンでもVR体験が可能となりました。身近になった分、現在は様々な分野に応用されています。そのため、業界によって必要な技術や仕事内容が変わってきます。

VRの制作については、CG、実写映像、そしてこの2つを組み合わせたものがあります。まずCGについては主にゲームで活用されることが多く、大型のゲームセンターでは専用の設備が設けられていたり、ゲーム制作をしている企業がコンシューマーのデバイスとして発売もしています。仮想空間からキャラクターまですべてCGで制作し、まるでゲームの世界に入っているような没入感を得られます。実写映像については主にWebコンテンツとして活用されることが多く、例えば不動産の物件を内見しているような360度映像や、youtubeでVR動画を楽しめるコンテンツもあります。この2つを組み合わせたものについてはさらにARという分野があり、【拡張現実】といいます。例としては、カメラを通して見える実写にCGを組み合わせ、まるで現実世界に飛び出してきたようなリアリティを味わえます。更に今、「Vtuber」というものが大きな注目を集めています。これはvirtualとyoutuberを組み合わせた造語で、頭や表情の動きに合わせて3DCGのキャラクターが動いたりしゃべったりするというもので、高い技術が必要なため参入者はまだ少ないですが、今後はyoutuberよりVtuberのシェアが上がっていくといわれています。

VRエンジニアになるには、これらCGと映像の制作技術に加え、CGや映像にアニメーションを加えるためのプログラミングスキルも必要となります。プログラミングには、Unity、C#、Javascriptなどが用いられます。比較的新しい職種ですが、求められるスキルが高いため、CGクリエイターとして実績を積んでキャリアチェンジされている方が多いです。特に、コンテンツとして設定や世界観にこだわって制作するゲーム系の開発経験はVR制作に活かしやすいです。なので、VRエンジニアを目指すのであれば、まずCG制作スキルを身に着け、ゲーム業界で実務経験を積むことが望ましいと言えます。

CGの発展と共にVRの活用範囲も広がっていますが、VRエンジニアは足りているとは言えません。これからますます需要が高まる職種といえます。

こんな人にむいている

VRエンジニアに向いている方は、映像で驚きを届けたい、ユーザーに楽しんでもらいたいという気持ちがある方は向いています。CGや映像の制作スキルは当然必要になりますが、そのスキルで人を感動させたいという気持ちは制作の活力になります。またVRの開発技術は現在も進んでおり、新しいデバイスに強い興味があったり、新しい技術による映像表現など、新しいものに常にアンテナを張り、取り入れたいと思える強い好奇心があると、より魅力的な制作につながるので、このような方も向いています。

必要なスキル

3DCGのデザインスキル。3Dのゲーム開発経験が求められます。現在はUnityを使用してVR開発を進める企業が多く、アプリ開発自体からUnityを利用しているためです。Oculas RiftやGear VRなど、デバイス毎の特徴を抑えると共にその機器に合わせたUnityでの開発スキルが必要となります。また細かい制御をする部分ではJavaScriptやC言語などのプログラミングスキルがないと本格的に開発することはできません。そして他のチームメンバーや関係者と協力し、開発をリードしていけるマネージメント能力も重要なスキルの一つとなります。