IoTエンジニア

お仕事内容・主な業務

IoTとは[Internet of Things]の略で、ネットワークによって様々なモノがつながっている状態をいいます。今までネットワークにつながっているモノといえば、PC、ゲーム機、レジのPOSシステム、銀行のATMなど、個人で扱うモノか、大規模なシステムを組みこんだモノかに留まっていました。

しかし最近では通信機器やセンサーの小型化、ネットワークデータ通信量の高速化、大容量化により、応用できる範囲が劇的に広がっています。例えば自動車とIoTを組み合わせると、リアルタイムの渋滞情報を知ることができたり、自動運転に転用するこができます。今後IoT搭載自動車が増えれば、それらのデータを集積、解析することで、渋滞そのものが起きないように誘導したり、事故が頻発している場所を特定し、原因の追究や未然に防ぐということも可能になってきます。または家電と組み合わせたスマート家電といわれるモノもあり、冷蔵庫と組み合わせれば、食材の賞味期限管理や入っている食材でのレシピ提案、電子レンジと組み合わせれば、食材に最も適した温め方や、食材を入れるだけで自動調理するということも可能になります。この様にネットワークにつなげることで、従来の機能だけでは拡張の限界があったモノの可能性が大幅に広がります。

IoTエンジニアは、これら組み合わせるモノに適したプログラミングや構築など、開発を行う技術者のことをいいます。IoTエンジニアになるには、ハード、ソフト両方についての知識と、プログラミング技術が必要になります。まだ新しい職種なので明確なステップは確立されていませんが、まずはプログラマーとして実務経験を積み、IoTを組み込むハードの専門的な知識をつけていきます。または、従来ネットワークに結び付くとは思いもしなかったモノがつながっているので、新たな領域に進出したいと考えている企業が、ハードの知識を有する従業員にプログラミングスキルを身につけてもらい、IoTエンジニアにキャリアアップするパターンも増えています。

また集積したビッグデータを解析して活用すれば、大きな利益を生み出すことが可能なので、企業が積極的に投資や人材確保に乗り出しているため、注目度の高い職業になりつつあります。

こんな人にむいている

IoTエンジニアに向いている方は、世の中の様々なモノに関心を持ち、新たにIoTを活かせる分野に気づけるような、多角な視野を持った方に向いています。IoTが活かせる分野はまだ少ないですが、アプリやプログラミングで制作ができれば、アイディア次第で市場はもっと広がります。また企業が積極的にIoT開発に乗り出しているので、技術があれば企業にアピールすることもできます。

技術はマストで必要となるため、前身としてプログラミング、アプリ開発の経験があると理想的です。

必要なスキル

IoTエンジニアを目指すにあたり現在『IoT検定制度委員会』という団体から検定試験が出ています。
一つ表現としてはスキルを可視化する為資格を取るのも一つと言えます。
また現段階ではJavaやPython、Cなどの言語は抑えておかなければなりません。
またプログラミング以外にもハードウェアに関しても知識が必要となります。
PCやスマホ同様でインターネットにつながる機器に関してはハッキングなど悪用される可能性もある為セキュリティーに関しても知識を得ておきましょう。