本科デジタルアーティスト専攻

『忍者タートルズ』『ホワイトハウスダウン』『チャッピー』『ジュラシックワールド』など、携わった作品の多くがメジャー作品に!

卒業生のプロフィール

PROFILE

清水 雄太さん

清水 雄太さん

本科デジタルアーティスト専攻卒業

入学前
京都産業大学
卒業後
Image Engine社

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    大学教授の勧めでデジタルハリウッドへ入学

    大学生時代に、広告系の学部を専攻していました。夢は「電通」や「博報堂」への入社でした。が、しかし、就職活動で失敗・・。そんな時、大学の先生にデジタルハリウッドを教えてもらい、プロデューサー業を目指して入学しました。
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    本場のCGの現場を目指して勉強を始める

    デジタルハリウッドに入学するとCGが好きになってきまして、そちらの勉強を始めました。当時は、平日は大学、週末はデジタルハリウッドというダブルスクールの学生として通っていたことを覚えています。
  • 入学した結果どうなりましたか?

    ずっと興味のあった海外での仕事

    06年に留学先のVancouver Film Schoolを卒業し、イギリスのロンドンにて、TVコマーシャル製作プロダクションFinish(www.finish.tv)へ入社。
    数ヶ月後、ドイツのVFXプロダクションBlackMountain(www.blackmountain.de)へ移り、3Dアーティストとして、数多くのTVコマーシャル製作に携わった後、社内のレンダリングR&Dチームに移り、レンダーマンベースのレンダリングを研究。
    08年、カナダのバンクーバーへ渡り、Zoicstudios(www.zoicstudios.com)など様々な仕事を経て、現在はImage Engine社のライティングスーパーバイザーを担当。

同専攻の卒業生

GRADUATE