本科デジタルアーティスト専攻

世界的ヒット作を手がけるドリームワークス・アニメーション社にてキャラクター・テクニカル・ディレクター として活躍中!

卒業生のプロフィール

PROFILE

稲垣 教範さん

稲垣 教範さん

本科デジタルアーティスト専攻卒業

卒業後
ドリームワークス・アニメーション社

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    大学時代はプログラミングを専攻、3DCGの番組をみて『おもしろい!』と感じたことがこの業界を志したきっかけ。

    大学時代はプログラミングを専攻していました。でもローラーブレードしたり、サークル立ち上げたりと、趣味に時間を割いていました。そんな時に、大学の研究室の後輩から、学生さんが制作をした3DCG映像の番組を紹介されまして、見ていたら、『これは、おもしろい!』と感じました。
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    苦手意識があったプログラミング

    もともと、プログラミングがあまり好きじゃなかったので、これを機会に、3DCGを勉強しようと思いデジタルハリウッドに入学をしました。
  • 入学した結果どうなりましたか?

    ドリームワークスに入社

    デジタルハリウッドを卒業後は、フリーランスとしてCG制作の仕事と平行して、英語の勉強もしていました。「英語、得意かも?」と思うほど熱中していまして,,,。フリーランスでの仕事も好調で貯金もある程度貯まりましたので、これは海外で働くのも良いかもと考え、まずは留学をすることにしました。留学先の大学院でVFXクラスを専攻し卒業する1年前にドリームワークスの仕事が決まりました。とても嬉しかったです。

同専攻の卒業生

GRADUATE