本科CG/VFX専攻

世界が認めた若きCGアーティストからのCGを学ぶ人たちへのメッセージ

卒業生のプロフィール

PROFILE

森田 悠揮さん

本科CG/VFX専攻卒業

入学前
大学生
卒業後
フリーランス

thePoint

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    自分のイメージを具現化するためにはCGが必要

    中学生の頃から3DCGや映像制作に興味を持っていました。 高校卒業後は美大への進学を希望したのですが、事情があり一般大学へ進学する事になりました。
    ただ学部は少しでもクリエイティブに関連する勉強したいという希望から立教大学の映像身体学科を選びました。
    頭の中にある自分のイメージや、僕が作りたい世界を表現するには、手法としてCGの技術が必要でした。
    ただ大学内の授業では3DCGや映像制作を基礎から学ぶ事はできないので、大学と並行してデジタルハリウッドへの入学を決めました。
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    1年間という限られた時間を有効に使える

    大学とのダブルスクールですので、週末で通学が可能な学校を探していました。後は入学の段階で面談をしていただいたスタッフの方の案内で、いいなと思い決めました。
    1年間という受講期間に関しても、基礎を半年で学習し、アウトプットした作品を、後半の半年で再度ブラッシュアップするという時間がとても有意義に思えたので、デジタルハリウッドは自分に合っていると感じました。
  • 入学した結果どうなりましたか?

    大学に通いながらフリーランスで制作活動

    デジハリ卒業後は、大学に通学しながら、フリーランスのCGアーティストとして仕事をしています。
    モデリングの制作が多いのですが、キャラクター系は質感まで、たまにデザインも行い、背景はコンポジットまでをやっています。
    最近はPVの制作など、作品全体の制作を依頼されるケースも増えています。

同専攻の卒業生

GRADUATE