本科CG/VFX専攻

東京大学医学部在学中にデジタルハリウッドに入学し、CG制作を習得

卒業生のプロフィール

PROFILE

瀬尾 拡史さん

瀬尾 拡史さん

本科CG/VFX専攻 VFXコース卒業

入学前
東京大学医学部
卒業後
東大病院に研修医

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    サイエンスCGをつくりたい

    高校生の時、はじめて文化祭で使用する映像を制作しました。
    高校の技術家庭の先生がとても理解のある方で「ゆくゆくはこういう映像をつくりたいんです」と話をしたらAdobeと交渉をしてくださり、After Effectsを無料提供してくださったのです。
    それを使用して映像を制作しました。
    実際に映像を制作してみて「自分でもできるんじゃないか」というような感触を覚えましたね。
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    クオリティが高いと感じた

    デジタルハリウッドに決めたのは、卒業生作品のクオリティが他校より高かったこと、そして夜もフリータイムが使用できることです。
    とにかく自分はクオリティが高いものをつくりたいと考えていましたので、その環境を得られる学校がいいと思っていました。
  • 入学した結果どうなりましたか?

    サイエンスCGのジャンルを確立したい

    現在は東大病院で研修医として勤務しています。
    研修医の期間は2年間なので、修了後は自分がやりたかったサイエンスCGの制作を仕事にしようと考えています。
    私は日本にこのサイエンスCGのジャンルを確立したいんです。
    日本には世界にアピールすべき研究がたくさんあります。
    そういうものがうまく発信されていない現状に危機感を感じています。
    貴重で有用な研究をわかりやすいコンテンツとして発信していきたいですね。

同専攻の卒業生

GRADUATE