3DCGデザイナー専攻

頭の中で流れる最高の クオリティを実現するため、 一生かけて作品を 理想に近づけたい

卒業生のプロフィール

PROFILE

伊東 佳佑さん

3DCGデザイナー専攻卒業

入学前
グラフィックデザイナー
卒業後
フリーランス3Dアーティスト
受賞歴
シーグラフアジア2013 アニメーションシアター上映, CG Students Awards 2013 (VFX / ANIMATION カテゴリー):"Prize of HIGHLY COMMENTED", "Finalist" / 2013 TBS Digicon6:"HP&AMD賞" / eYeKa メットライフアリコ ショートムービー コンテスト:"グランプリ" / DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2013:"学長賞","ベストアートディレクション賞" / 第3回伊勢崎映画祭:"グランプリ" など

Old Umbrella

錆びた鉄の世界に生きるロボットにスポットを当て、様々な光の表現を凝らした短編映像作品。海外から高い評価を得る。
Old Umbrella

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    フリーランスの3Dアーティストとして活動

    デジタルハリウッドに入学したときは仕事を辞めていたので、卒業したときに、就職しなければと必死でした。とにかく周りがやらないことは何かを考え、就職に有利な作品を意識して作成しました。卒業後は受注の仕事をしながら自分の作品を作れるようにフリーランスの3Dアーティストとして活動をしています。
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    頭の中では理想のアニメーションが動いている。

    ただ、イメージするアニメーションを形にすることがすごく難しい。頭の中の理想と目の前の現実が一致しなかった時に残るシコリの気持ち悪さや、一致した時の満足感によって産まれる制作時の葛藤がツライです。「Old Umbrella」ではアイディアが決まってから、レンダリングのコストを減らす為にライトをノーマルにして影を無くすなど、たくさんの工夫を施しました。講評会の時に出した段階では、まだチラツきがあったりして、ドキドキしながら迎えることになりましたが、結果的に色々な賞をいただけてありがたかったです。

    今でも新しい技術が身に付いたら、その技術を取り込んで作品を育てています。
    一生かけて作品を理想に近づけたいと思っています。

同専攻の卒業生

GRADUATE