3DCGデザイナー専攻

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のディレクタ&CGモデラーも卒業生!

卒業生のプロフィール

PROFILE

宮城健さん&松井祐亮さん

宮城健&松井祐亮さん

3DCGデザイナー専攻卒業

卒業後
(株)スタジオカラー

卒業生インタビュー

INTERVIEW

  • このコースで学ぶキッカケは何だったのでしょうか?

    友人がデジタルハリウッドに通っていたので紹介(松井)
    CGを使ってもっと柔軟なアプローチ表現をしたいと考えて(宮城)

    高校生の頃から邦画から洋画、VFXまでジャンルには縛られず沢山の映画を観ていました。
    最初は実写映画を制作したい!という強い思いがありました。ただ実写映画を制作するには、
    費用面などで、一人で行動するには限界があるなとも感じていました。どうすれば少ない費用と人数で映画が制作できるか考え、
    CGであれば限られた空間の中でも、人も背景も自分の好きなように表現、制作できると思い、デジタルハリウッドでCGを学ぶことを決めました。(松井)
    建築の専門学校を卒業して、建築デザイナーとして働いていました。もともと少しCGは使っての制作はしていたのですが、CGを使ってもっと柔軟なアプローチ表現をしたいと思いデジタルハリウッドに入学しました。(宮城)
  • このコースを選んだ理由やメリットはありますか?

    CGのこと、映画のこと、業界のこと、共通の話題で盛り上れる友人と出会えることができました。(松井)
    制作に打ち込める環境だと思います。(宮城)

    デジタルハリウッドは、やる気がある方が多いと思います。アニメCGは、ゲームや実写に比べると、レイアウトやアニメーションにおいて自由度が高く、クリエイター自身が考え一から構築できる魅力があります。(松井)
    24時間制作環境が使えるフリータイム制度があって本当に良かったです。(宮城)
  • 入学した結果どうなりましたか?

    スタジオカラーで2人とも活躍

    2人とも世界中で愛されるアニメ作品「エヴァンゲリオン」。その最新シリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を手がけるアニメ制作スタジオ・スタジオカラーで活躍しています。

同専攻の卒業生

GRADUATE