デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO横浜

045-534-6645
横浜駅直結徒歩3分。雨の日も濡れずに通えて平日は22時まで、土日もOK。

トレーナーインタビュー【Vol.1】フリーランスで働くとは?

2016.04.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

最近ますますフリーランスで仕事を始める人が増えてきましたね。ほとんどの仕事はPC1台あればできちゃいますし、クラウドソーシングサービスの数も多くなってきたので、フリーとして働きやすい環境になってきたと思います。でも、メリットがある反面、デメリットが気になり、なかなか踏み出せない方も多いと思います。

そこで、フリーランスに興味はあるけど、どうやって仕事を得ているのか…など、「これってどうなの?」な質問を現役Webデザイナーに聞いてみました。

フリーランスを目指している、なんとなく憧れている…という方は参考にしてみてください!

フリーランスについて教えてください。

そもそも、どうしてフリーランスになったの?

Webを勉強しているときから少しずつWeb制作の受注をしていました。卒業後は制作会社に。仕事のコネクションなど安定した基盤ができてからフリーになりました。

仕事受注ってどうしてるの?

知人からの紹介が7割、自社サイトから3割の配分で仕事を受けています。
自社サイトはSEOに力を入れ、集客対策バッチリしているので依頼が多いほうだと思います。

1日の制作時間はどのくらい?どこで仕事しているの?

制作時間は仕事の内容にもよりますが、やるときとやらない時の波が激しいほうです。
メリハリ型。場所は自宅、カフェ、ノマド向けスペースなどで。夜中にファミレスで仕事をすることもあります!外では寝れないですからね(笑)。

仕事モードに入るルーティンは?

ルーティンではないかもしれませんが、仕事モードになるにはPCの作業環境を前回終了時と同じにすることですね。
基本スリープにしていて、PC開くと同時に前回と同じ画面が出るので仕事スイッチが入ります。PCやアプリをいちいち起動することはしません。

時間管理のコツは?

複数で仕事をする場合はタスクやスケジュールを共有しますが、一人の場合は特にタスク管理をせず、目の前にあることを前倒しして制作します。
受注する段階で締切に間に合うかどうか、ある程度の制作時間が分かるので。

まとめ

「タスク管理しないんですか?!」とつっこんで聞いてみると、制作会社時代にタイムマネジメントスキルがきっちり叩き込まれているのだそう。
これはどんな仕事でも大切なことですね~。

Webデザインの場合、はじめは自分の制作時間が読めないと思いますが、制作にかかりそうな「想定時間」を出しておき、実際に作業した「実働時間」とのズレを確認する。
最初のうちはこのズレが多いですが、経験を積むうちに差が縮まってくるそうです。自分の制作時間が分かれば時間管理が楽になりますね。

・勉強しているときからチャンスがあれば仕事を受ける
・タイムマネジメントを意識して実践を積む


このあたりは、これからWebを勉強する人でも参考になりそうです。

今後もフリーで活躍しているほかのデザイナーさんにもお聞きする予定ですので、また次回に!

もっと詳しい話が聞きたい方は説明会へ

現役Webデザイナーやスクールの話をもっと詳しく聞きたい方は説明会へ!

現役Webデザイナーやスクールの話をもっと詳しく聞きたい方は説明会へ!

現役Webデザイナーとともに、クリエイターへの道のりをお教えします。(説明会は90分程度です。)

ご予約はこちら

045-534-6645[受付時間:10:00~20:00]

デジタルハリウッド STUDIO横浜