デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。2014年完成の
新校舎です。

  夢の講座を毎月開講! 3DCG経験者向け短期集中講座
        『CGヒーローズ パート4』
豪華新ラインナップ講座を追加し、2017年秋冬開講決定!

2017.10.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

前回開講時にキャンセル待ちも多数出るなど大変好評を得た『CGヒーローズ』に、新しいラインナップを追加し、2017年11月5日(日)より『CGヒーローズパート4』を開講します。『CGヒーローズ』は、”3DCG表現のプロ達が3DCG経験者に向けて、ワンランク上のテクニックを伝授する”、がコンセプトの短期集中講座です。4回目となる今回は、人気CGブロガーのMaya太郎氏をMayaの特別講師にお迎えし、「Maya太郎式 はじめてのArnold講座」を開講します。

 

 
また前回、レベル別にて講義を行い、初心者から実務者レベルまで広く支持を受けた「Houdini講座」は、トランジスタ・スタジオ秋元純一氏に、更なる学習のしやすさに配慮しSOPとVOPに重点を置いた集中講座として開講が実現。

 さらに!今回は、昨今のCG制作やゲーム開発において欠かせない3Dペイントツール、「Substance Painter テクスチャ実践講座」も、秋元氏の講師担当が実現しました。

 

そして、さらに!さらに!毎年多くのCGクリエイターを育成し続ける早野海兵氏による「3ds MAX 画龍点睛 トータルワーク」も初級編・中級編とレベルに分けた講座として再演が決定、基礎から応用まで早野氏から直接指導を受けられる貴重な講座となっています。

第1弾 「Maya太郎式 はじめてのArnold講座」

講師:Maya太郎
開講日:11月5日(日)午前の回  11:00~14:30(3.5時間)

11月5日(日)午後の回  16:00~19:30(3.5時間)

※午前・午後、同じ授業内容となります。

どちらか1回を選択しご受講ください。
開催校:デジタルハリウッド東京本校
定員:各回25名
受講料:7,000円(税別)
※デジタルハリウッド在校生・卒業生も同額となります。

講座概要:「インディゾーンMayaブログ」でのArnold記事執筆を通してArnoldを全くの素人状態から習得してきた過程を3時間半に凝縮して「Maya太郎の経験談」としてArnoldを紹介します。習得レベルはブログ記事で紹介してきた基本的なものですが、バラバラに掲載してきた記事を一本化し再構成。ライティング→マテリアル→レンダリング→ノイズ削減と一通りの作業が完結できる内容を目指します。現行バーションへの対応や、ブログで説明しづらい失敗談なども口頭でお話しできるので親しみやすい内容になるでしょう。ハンズオン形式ですので説明を聞きながら御自由に操作を試していただけます。一切のプレッシャー、気負いは不要!Arnoldを楽しむための内容をお伝えします。

 

第2弾 「Substance Painter テクスチャ実践講座」

講師:秋元純一(トランジスタ・スタジオ)
開講日:11月29日(水)19:00~22:00
受講期間:4週間(毎週水曜日、全4回)
開催校:デジタルハリウッド東京本校
定員:25名
受講料:45,000円(税抜)
※デジタルハリウッド在校生・卒業生は上記受講料より10%OFF

講座概要:Substance Painterはこれまでのソフトに比べ、短時間に大量のアセットが作成でき、かつコンパクトなファイルサイズ、そしてDynamicテクスチャという特性を持っており、昨今のCG制作やゲーム開発において欠かせないツールとなっています。本講座ではSubstance Painterを初めて使用する所から最終的に出力をしてレンダリングまで完了するアプローチを解説します。セミプロシージャルにマテリアルを構築する楽しさや、ハードサーフェイスモデルに対して クールなテクスチャを作成できる体験をして頂ければと思います。

第3弾「Houdini秋元塾」

講師:秋元純一(トランジスタ・スタジオ)
開講日:2018年1月17日(水)19:00~22:00
受講期間:5週間(毎週水曜日、全5回)
開催校:デジタルハリウッド東京本校
定員:20名
受講料:45,000円(税抜)
※デジタルハリウッド在校生・卒業生は上記受講料より10%OFF

 講座概要:Houdiniを最近始めた方や、エフェクトを作成する為にHoudiniを使用しているが、余り理解に及んでいない方を対象としています。プロシージャルな考え方は敷居が高く、中々Houdiniを使いこなすに至っていないと感じている人は多いです。そんな中、SOPとVOPを重点的に再学習して、プロシージャルな考え方にどっぷり使ってもらいたいと考えています。SOPとVOPでは基本概念から応用編までを学習していただき、今後のHoudini習得の足がかりにしてもらいたいと思います。

第4弾「3ds MAX 画龍点睛 トータルワーク」

講師:早野海兵(画龍)

開講日(初級編):2018年3月17日(土)13:00~18:00
開校日(中級編):2018年5月26日(土)13:00~19:00

受講期間:【初級編】(毎週土曜、全5回)、

【中級編】(毎週土曜、全4回)
開催校:デジタルハリウッド東京本校
定員:各25名

受講料:各45,000円(税抜)
※デジタルハリウッド在校生・卒業生は上記受講料より10%OFF

 

 


講座概要:昨年も非常に好評を受けました「3ds MAX 実践 画龍点睛 トータルワーク」。更に高度な授業を受けたいとの多くのご要望にお応えし、3dsMAXのインターフェースから学習ができる初級編と、上級テクニックを習得できる中級編と完全に分け、今回も実施いたします。

<初級編>では、便利なPluginや、他ソフトとの連携、デザインからモデリング、ライティング、アニメーション、コンポジットまでトータルワークを指導いたします。初回には3dsMAXのインターフェイス授業も行いますので、これを機会に3dsMAXに興味のある方も是非ご参加ください。

<中級編(NEXTWORK2018ver.)>では、様々なCGパートの追及をテーマにしています。応用こそがCGのスキルアップへ繋がっていきます。CGWORLD連載 画龍点睛から、人気が高く技法的な質問の多かった作品の中で、昨年度実施の中級編とは異なる作例を使用し、最新の内容をお届けします。テクニックを初級編よりもさらに掘り下げてご紹介し、授業後には、質問時間もご用意しています。

※受講対象者
初級編:3DCGソフト(Maya、Blenderなど問わず)を用いて、CGの制作工程を理解している方。
中級編:中級編は3dsMAXの制作経験者を対象とした授業内容となります。
3dsMAXの制作経験の無い方は是非、初級編を受講後に中級編に進んでください。

↓↓CGヒーローズ 公式ページはコチラ! お申込みもこちらから受付中!↓↓

  【CGヒーローズ 2015年開催イベントのご紹介】

2017.10.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

CGヒーローたちの夢の競演!
CGヒーローズ スペシャルイベントを開催しました!

第一部 各CGヒーローからの担当コース紹介!(2015年開催イベントにて)

こんにちは、デジタルハリウッド東京本校です。

2015年開講になった、CG経験者向けの短期集中講座シリーズ"CGヒーローズ "。その第一弾となる5講座の講師が一堂に会する"CGヒーローズ スペシャルイベント"が、去る2月14日に実施されたのでレポートいたします!

一人でも十分豪華な講師がなんと5人も集まったこの日。第1部は各コースを担当する講師からのコースプレゼンテーションパート、第2部は5名全員によるクロストーキングという2部構成でした。

この日、デジタルハリウッドで何があったのでしょうか!?

「Houdini秋元塾」

トップバッターは2月開講の「Houdini秋元塾」担当の秋元先生(トランジスタ・スタジオ)。

この前の週に開講していたコースで、2週間にわたって土・日と合計12時間の授業×2習慣という、超過密な短期集中コースでした。この日もセミナー後に6時間の授業が待っていましたが、パワフルなトークをいただきました!

「Maya Animation & アニメーション論講座」

お二人目も秋元先生と同じトランジスタ・スタジオ所属の森江先生。このコースはMayaのアニメーションだけでなく、アニメーション作家としての演出論や企画の指導までしていただけるコースになるようです。

さらに、受講生には特典としてCGWORLD誌に掲載のコーナー「アニメーションスタイル」で用いたアニメーションモデルデータを配布してくださる、とのこと!

「NUKE+Python 実写系3D Compositing実践講座」

3番手はフリーランスコンポジットアーティスト・中野先生による、実写合成をメインとした講座の紹介。授業で実際に用いる合成映像(マンションの窓から乗り出す少女)+CGの紙飛行機)を合成したデモ映像を見せてくれました。
さらにこの授業ではスクリプト言語「Python」についても、担当の先生を別途お招きして指導くださいます。実写系でチカラをつけたい方にはまたとない機会になりそうです!
なお、中野先生は5月には海外に行かれるのが決定しているそうですので、直近で指導を受けられるのは最後の機会になるかも。

「3dsMAX実践画龍点睛トータルワーク」

5月の講座は株式会社画龍の代表取締役・早野先生による、意外にも本邦初の授業です! なんと「Autodesk社の公認授業になりました」と当日ご披露された他、気合の入りまくった授業PV(Autodesk社ロゴマーク入り!)も公開してくださりました。

「日本のCG人材育成に取り組みたい」という早野先生の思いの詰まったこの講座、毎回、希望者多数で即満席となってしまう大人気の講座です!

「ZBrush生物スカルプティング実践講座」

最後はモデリング/スカルプティングアーティストの森田先生による、ZBrushでの生物スカルプティングコースです! 授業紹介では森田さん自身のデモリール(本学卒業時の卒業制作作品も含む)や携わった作品紹介を中心に、3日間の授業で1体の動物モデルを作り上げる授業であることが明かされました。

若きアーティストと共に学ぶ講座が開講致しました。

第二部 CGヒーローたちによるクロストーク&質疑応答

第二部では、各ヒーローが一堂に会して、「CG業界の現在、未来について」というテーマでアツく語り合っていただきました!

その後の質疑応答でも「CGクリエイターの待遇や給与についてどう思いますか?」「ヒーローになり得た条件はなんですか?」「CGを続けられる秘訣って何ですか?」など、ざっくばらんな質問にざっくばらんに答える盛況振りでした。

本学学長の杉山先生もセミナー&質疑応答に参加し、以下のようにコメントしています!


>今回の講座では、それぞれ得意とするツールを使うものの、そこで受講生に伝えいたものは、
>エンターテインメントな映像をどのように創造していくのか、ということで一致していた。
>CGが活躍するフィールドが、コンテンツ産業全体に広がり、さらに他の産業にも広がっている
>ということで、どのCGヒーローからも、人材不足という言葉が出てきたのが印象的だった。

最後はポスターにヒーローサインを書いて記念撮影! その後ヒーローたちは交友を深めながら夜の街へと消えていきました。

CGヒーローズは現在絶賛開講中! このコースから新たなCGヒーローが生まれるのが楽しみです!

2017年秋冬の次回講座は申込は下記バナーから!

本科・専科スクール説明会はこちら

 スクール説明会では1年制CG系コースの詳細を個別でご案内いたします。