デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。2014年完成の
新校舎です。

UI/UXデザインを学ぶ③ ~企画からデザインへ~ 

2017.11.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

みなさんこんにちは。
デジタルハリウッド東京本校スタッフの味村です!

株式会社シナップより大川講師をお招きして行っている授業(UI/UXD専攻 後期ゼミ)も第3回目を迎えました。

第1週目はカスタマージャーニーマップを活用した顧客ニーズの把握方法(第1回授業内容はコチラ)、第2回目は、リーンキャンバスを用いた企画の作成方法(第2回授業内容はコチラ)を学びました。

そして、今回は実際に持ち寄った企画をデザインに落とし込む方法として、ペーパープロトタイピングの作成を行いました。

 

デザインスプリントを実践しよう。~ペーパープロトタイピングの活用~

今回の授業では企画を具体的にデザインに落とし込む手法を学びました。

まず初めに「デザインスプリント」について。こちらは、デザイン上の問題を解決するために、短い期間で高速にプロトタイピングを作成し検証を行う方法として、近年注目を浴びています。

前回の授業の課題として提出されたリーンキャンバスによる企画書を皆さんで見比べながら、投票をおこない、プロトタイプを作るための企画を検討、修正を行いました。

 

そして企画の概要がまとまったところで、各班のテーマに基づいて「ペーパープロトタイピング」を行いました。こちらはとにかく高速的にアイデアを形にとアウトプットを数多くこなすことを目的として、手書きでどんどん作成いたしました。

制作にあたって、ユーザーが解決したい課題を明確にしていき、前回学習したMVP(Minimum Viable Product)の考え方に基づいて、デザインを構築していきます。メインページを数パターンどんどん書き出す人もいれば、ページをたどって、サービスの提供までのページを順を追って作成する人など、作成後に全員で掲示し、デザインについて解説しながら共有を行いました。

 

 

今後の授業では、これらのデザインをSketchを使用して描きおこし、さらにA/Bテストを行うなど、引き続き実務に沿った形での実践的な授業を行っていきます。これからさらに活発な授業となることが期待されます。

株式会社シナップの大川先生、ご指導ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

▼本科UI/UXD専攻

1年後のあなたは、ものすごいスタートダッシュを切ることになる。
2018年4月生本科出願受付開始!

2017年9月よりコース名の変更、カリキュラムの改編を行い、本科UI/UXD専攻 クリエイティブコーディングおよびインタラクションUIコースとして生まれ変わりました。

授業見学&体験してみよう!

もっと詳しく「本科」カリキュラムを知りたい方はスクール説明会(無料)では「本科カリキュラム」「業界の最新情報」
「就職実績」「通学方法」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

 

スクール説明会のご予約はこちら