デジタルハリウッド(専門スクール)

東京本校

0120-386-810
1994年の開学以来、本校として全コース開講。2014年完成の
新校舎です。

【東京本校/ブログ】CG制作の裏側、のぞいちゃいました!

2017.05.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは。新入社員の佐野です。
今回、CGを学ぶスクールの皆さんとともに、「CG概論」の講義に参加してきました。
その様子をレポートします!

CGで作られた映像作品はたくさん見てきたけど、詳しい説明を聞いたことが無い我々新入社員。
CGとはそもそも何なのか、どうやって作っているのか、どんな使い方がされているのかを学ぶために講義に参加しました。

講師は小倉以索(オグライサク)先生。
フリーランスCGデザイナーとしての経験をもとに次世代のクリエイターを育成するスペシャリストです。

 

3Dスキャナを実際に体験!


技術の進歩により、様々な方法でCGが作られることを知りました。
現実の物体を見たままにCGにする装置を体験。
これでCGの作成はよりスピーディーになるのでしょう。
不肖ながら私がモデルを務めさせていただきました。

スキャンして生成されたCGを様々な角度から観察しました。

 講義を聞いて1番心に残ったのは「構図」のお話。

CGの世界を映像としてどのように切り抜くのか、
それは現実世界の写真撮影や、動画撮影と一緒です。
伝えたいメッセージをしっかりと伝える為には構図を意識しなければなりません。

3分割構図や日の丸構図、S字構図.....沢山の種類がありますが、これらを意識することで
自然と主体に目線がいきやすくなり、作り手の意図がしっかりと伝わります。

写真や動画撮影にも通用する「構図」の概念、今まで何気なく撮っていた写真も
構図を意識することでグッと印象が良くなりました。
今後も常に意識していきたいです。

時代劇にもCG!? 様々なところで使われるCG技術


講義では毎回、様々な映画のメイキング映像や、作品を鑑賞します。
手描きアニメだと思っていたあの映画が実はCGだったり、
時代劇の背景や、合戦の映像に沢山のCGが使われていることに驚愕です。

講義を受けている学生は勿論みんな真剣です。

受講生の皆さんの感想には、
「様々な映像を見ながら学べて、楽しかった!」「さらにCG/VFX分野に興味を持った」
など、非常に充実した講義だったことが見て取れました。

今後も授業やイベントの様子をお伝えしていきます!

 

早期お申込み特典「デザインスタジオ」のキャンペーンプログラムをはじめ、デジタルハリウッドでは他にも様々なイベントを随時開催しております。
興味がある方は、ぜひ一度いらしてみてください。

まずは説明会に参加しよう!

まずは説明会に参加しよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界同行について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

無料説明会のお申し込み