デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO渋谷

0120-382-810
渋谷駅徒歩5分の好立地。ハイブリッド学習のSTUDIO本校です。

ネット×動画がつくりだすミライ~トレンドとプロモーション編〜広告的観点から語る! 映像プロモーションと2017年の映像トレンドとは?

2017.05.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

クリエイティブ・プロダクションGROUNDRIDDIM×デジタルハリウッドスタジオ渋谷

デジタルハリウッドSTUDIO渋谷では、2017年4月よりミュージシャン&ヴィジュアルチームで構成される総合クリエイティブ・プロダクションGROUNDRIDDIM(グランドリディム)と提携し、今知っておきたい映像表現やマーケティングの進化、制作現場の裏側やクリエイティブ事情について発信する“場”として 『ネット×動画がつくりだすミライ』 を継続的に開催しています。

映像ディレクター須藤カンジ氏をお迎えした1回目の講座「人の心を動かす動画の魅せ方とは」を終え、
2回目の開催となる今回は博報堂プロダクツよりプロデューサー秋田功氏が登壇。

広告的観点からの映像プロモーションや昨今の映像トレンドを解説いただきます。

モデレーターを務めるのはGROUNDRIDDIM/Producerで、デジタルハリウッド大学の講師を務める髙野良和です。映像を生業とするお二人ならではのトーク展開にご期待ください。

ゲスト:秋田 功 氏

広告プロモーション領域の総合制作事業会社博報堂プロダクツにおいて、デジタルプロモーション事業本部本部長補佐兼プロデュース部長を担当。

D⇔R(デジタル・リンク・リアル)を標榜しデジタルとアナログ両方面でのプロモーション設計・企画から実施までを手掛けている。 自身の主なメインクライアントとしてケンタッキーフライドチキン(KFC)を12年間担当。 店頭ツール制作、CM映像、シズル撮影、プランニング、プレミアム製作、 イベント企画実施の制作責任者として数多くのプロモーションを手掛ける。

また、2016年度に設立されたhakuhodo-VR ARのリーダーを担当している

モデレーター
GROUNDRIDDIM(グランドリディム)プロデューサー高野良和氏

ミュージシャン&ヴィジュアルチームで構成される総合クリエイティブ・プロダクションGROUNDRIDDIM/Producer、GROUNDRIDDIM BOX代表。

SEGA、namcoにてCGデザイナー、Microsoftでのアシスタントプロデューサーを経て2009年よりGROUNDRIDDIMに参加。HIFANAやYellow Magic Orchestra等のライブVJを担当。2013年よりデジタルハリウッド大学で映像関連の非常勤講師に就任。デジタルハリウッドの映像講座「ネット動画クリエイター専攻」の開発も担当している。
主な作品
【CM】
・Krushers×HIFANA コラボキャンペーン「Krushersを飲んでCMに出よう!」(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)2011年4月
 
【Music Video】
・HIFANA “Mr.BEER”(W+K Tokyo Lab)2006年9月 one dot zero tokyo 2005 上映作品
・七尾旅人×やけのはら “Rollin' Rollin'”(株式会社 Pヴァイン)2009年9月
・アナログフィッシュ “平行”(株式会社 Pヴァイン)2010年2月
他多数
 

0622イベント

『広告的観点から語る! 映像プロモーションと2017年の映像トレンドとは?』

 

日時:2017 年 6 月 22 日(木)19:30~21:30

会場:デジタルハリウッドSTUDIO渋谷(東京都渋谷区渋谷一丁目23番21号渋谷キャスト2F )

参加費:無料・要予約(先着 30 名)

 

ご予約はこちら

お問い合わせ先

0120-382-810

[受付時間:火~金11:00~22:00/土・日10:00~20:00]