デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO渋谷

0120-382-810
渋谷駅徒歩5分の好立地。ハイブリッド学習のSTUDIO本校です。

【イベントレポート】気鋭のWeb制作会社3社を迎えての交流イベントを開催!

2017.07.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは。STUDIOスタッフの小島です。
気鋭のWeb制作会社3社をお招きし、それぞれの会社のお話、業界トレンドなどお話いただきつつ、みなさんで交流いただくイベントを開催しました!

 

Garden Eight代表 野間氏によるWeb業界トレンドのお話

今注目のWebサイト、海外の制作会社、そして日本の制作会社。

今、基礎を学んでいる受講生たちにとって、なかなか目にする機会のない最先端な世界の話をしてくださったのはGarden Eight代表の野間氏。

今後自分たちが目指す業界の旬な情報に触れることで、視座が高くなるきっかけを与えてくださいました。

また、良いデザインに触れる機会はデザインを見る目を養います。必死にメモを取る受講生のみなさんは今日のお話で少し視野が広がったのではないでしょうか。

 

 

monopo代表 佐々木氏によるWebを使った国内マーケティング・プロモーションのお話

佐々木氏からは自社事例を中心に、Webを使ったさまざまマーケティングやプロモーションについてお話いただきました。
株式会社monopoでは、単なるWebサイト制作にとどまらないクリエイティブビジネスを展開しています。与えられたお題をただこなすのではなく、ブランディング領域から一緒に作り上げていく姿勢をお伝えいただき、受講生の皆さんも、Web分野の可能性を感じたのではないでしょうか。
クリエイターの地位の確立を常に持っているという熱い気持ちも伝わってくるプレゼンテーションでした。

monopoにて幅広く活躍する宮川氏による制作者の楽しさについてのお話。

monopo宮川氏からは、実際に本学の受講生により近い立場として、自社案件をベースに制作の裏側を見せつつお話いただきました。

宮川氏自身、クリエイティブディレクターという立場で案件に携わることもあれば、フロントエンドエンジニアとしてコードを書いていくこともあるとのこと。

案件によって携わり方の違いがあるというのは、宮川氏に限った話ではなく、今のクリエイティブ案件に境界線がなく、課題解決をしていくうえの企画をどう実現していくかというデザインの根本に立ち返る上で大変重要な考え方を改めて伝えてもらう形となりました。

DONGURI代表ミナベ氏によるデジタルマーケティング時代のブランディングについてのお話

株式会社DONGURIは“ブランディング&デザインコンサル”という冠を掲げています。その代表を務めるミナベ氏自ら、今回はどのようにクライアントの意図を汲み取ったブランディングをし、そしてデザインに落とし込んでいくか、自社事例を多く紹介しながら語っていただきました。

ワークプロセスも細かにご紹介いただき、ブランディングについての向き合い方を伝授していただく時間となりました。

後半は楽しく交流会

ゲストのみなさんのお話を聞いた後は、交流を深めました。

プレゼン内容について質問する方もいれば、自身の作品を見てもらう方、今後の活動の相談をする方など、大変貴重な機会となりました。

みなさんの楽しそうな話し声が飛び交い、今後にも繋がる場面も見受けられ、大変有意義な交流となったようです。受講生のみなさん、本日のゲストの方々と一緒に仕事ができる日が早く来るようがんばってくださいね!

ゲスト紹介

■野間寛貴(のまひろき)氏 
WEBディレクター。Garden Eight代表。2011年にクリエイティブ・ディベロッパーである利倉健太、大工原実里と共に、WEBデザイン会社 LETTERS を設立。マネジメントを担当するLETTERS(Stronghold)はAwwwards、FWAなど海外のオンラインWEBデザインアワードを多数受賞。2016年にLETTERSとしての活動を終了。現在はGarden Eight名義で活動中。8月くらいから真面目に採用活動してみようかなと考えている。

https://garden-eight.com/ 
https://twitter.com/HirokiNOMA

■佐々木 芳幸(ささき よしゆき)氏 
monopo CEO。北海道・函館生まれ。早稲田大学社会学部卒業。大学在学中ベーシストとして活動後、卒業と同時に株式会社monopoを設立。 
デザイン思考で、新しい概念や体験をクライアントと共に形にする事業を展開。手法はブランディングや広告・PRだけでなくビジネス、プロダクト、コミュニティー運営など様々。 
東京を拠点としながら世界中のクリエーター・企業とコラボレーションを繰り返し、アイデアを世界に発信することで、世界と戦えるグローバルブランドを目指している。現在展開している自社プロジェクト「poweredby.tokyo」は、東京を拠点とする世界中のクリエイター・創造性に富む人々をコミュニティー化し、彼らと共に創るドキュメンタリー・映像・フォトグラフィーを通じて東京の魅力を世界に発信している。

https://monopo.co.jp 
https://poweredby.tokyo

■宮川涼(みやかわ りょう)氏
Creative Director / Front-End Engineer
monopoにて、課題設定から企画、アウトプットまでを手掛ける。実際にデザイン/フロントエンド開発も自らの手で行う。
企業/サービスブランディングから広告キャンペーンまで実績多数。

http://monopo.co.jp/
http://r-miyakawa.com/

■ミナベトモミ氏
DONGURI CEO。早稲田大学第一文学部卒。大学時代から近代美術/デザイン史を専攻。特にバウハウス、ロシアアヴァンギャルドについて学ぶ。
広告代理店、メーカーでの企画職を経て、アートディレクター五味利浩と、DONGURIを創業。
デザイン思考を用いたビジネスデザイン(プロダクト/事業開発、ブランディング、組織設計)と、デジタルマーケティングを用いた事業グロースを得意とする。最近の実績は販売200万枚の大ヒットになりグッドデザイン賞を受賞したデザインフェイスパック。他にもコスメ、食品、教育、ヘルスケア商品等の開発を手掛ける。
https://www.don-guri.com

ゲストのみなさま、貴重なお話ありがとうございました!