デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO渋谷

0120-382-810
渋谷駅徒歩5分の好立地。ハイブリッド学習のSTUDIO本校です。

【イベント紹介】超高速映画論制作編

2017.06.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは。
デジタルハリウッドスタジオ渋谷スタッフの深澤です。
去る2017年6月21日(水)に行われましたイベントをご紹介いたします。

講師紹介 監督 瀬戸慎吾氏

ハリウッドや海外共同作品を含む、大作から低予算までの60本を超える商業映画に演出部として参加し、現在は映画部活動チームハコブネの代表。
そして伊豆映画祭などをプロデュースし、独自の映像制作、そして後進の育成を行っている

「超高速映画論 制作編」とは?

本イベントは、1時間半の短い時間の中で実施される「超高速」映画制作論。
講師である瀬戸慎吾監督の豊富な現場経験を元に、映画撮影の裏側を織り交ぜながら、
映像制作についてお話頂きました。
そして、いかに効率よく効果的に撮影し、物語を構築し、作品として成立させるか、様々な映画作品のシーンを読み解きながら、受講生の皆さんと一緒に考察を行いました。

映画制作の流れを知り、名作映画を読み解き、今の映画制作の現状を知る

まずプログラムの始まりは映画制作の流れについて。
映画に携わる多くのスタッフの役割、撮影現場での段取り、撮影・演技・演出について。
映画が完成するまでに経る多くの作業工程をご自身の経験や他の映画監督の場合も参考としてお話頂きながら、分かりやすく紹介していきます。それが終わると、次は名作映画を例として出しながら、それぞれのカットを考察。どうしてあの名シーンはその手法を用いて撮られたのか?その手法がもたらした効果は?などを理解することにより、今まで一度は目にしたことがある名作のシーンも今までと見る目が変わっていきます。
そして最後は今の映画制作の現状、日本映画とハリウッド映画についてそれぞれお話頂きました。

参加された方の声

1時間半の短い時間の中で、映画のイロハを濃縮してギュッと学んだ皆さんからは、「映画制作の基本的なことから実際の映画のシーンの解説・分析・裏側まで内容満載の講座だった」「ワンシーンごとに映画を紐解くことで、作り手のこだわりを感じ取ることができた」などの声が寄せられました。

実施プログラム

◯プログラム

1)映画制作の流れ
・企画と台本
・スタッフの役割
・撮影現場での段取り
・撮影の仕方
・演技について
・演出するということ
・VFXについて
・編集について
・仕上げについて

2)名作のワンシーンを読み解く
・カットの構成
・撮影方法を考えてみる
・台本との違い

3)映画制作の現状・日本映画とハリウッド映画
・フィルムとデジタル
・予算や体制の変化
・ネット放映について

4)これからの映像作りについて

動画を本格的に学ばれたい方へ

デジタルハリウッドスタジオ渋谷では、動画制作会社へ就転職をされたい方、動画マーケティング担当の方などへ向けた「ネット動画クリエイター専攻」を開講しています。
コースの詳細はこちらから

授業見学付きスクール説明会

授業見学付きスクール説明会

ご興味ある方はスクール説明会へご参加ください。

無料説明会のお申し込み