デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO渋谷

0120-382-810
渋谷駅徒歩5分の好立地。ハイブリッド学習のSTUDIO本校です。

こんにちは。デジタルハリウッドSTUDIOスタッフの名取(以下:名)です。

モバーシャル株式会社へ内定を決められた「松下世緒さん」(以下:松)のインタビュー内容をお届けします!



モバーシャル株式会社へ転職!

ネット動画クリエイター専攻 卒業生

松下世緒さん

前職:バイク専門のカスタムパーツメーカーWeb担当者。

Webサイト内に動画を入れると効果があることを実感していた

(名) :もともと以前の職場でもWebの運用という形で、デザイン、制作にも関わられていましたが、改めてネット動画、映像制作に興味を持ったきっかけを教えていただければと思います。

(松) :ネット動画クリエイター専攻を知ったきっかけは雑誌でしたね。そもそも、前職の会社で、商品ページに動画を入れた方が、購入率が高まるか検証していました。Youtubeだと、どこかからか動画を引っ張ってきて埋め込む形なのですが、自分で作れなきゃいけないのではないか?と感じていました。また、僕はWebができるので動画もできたら、マルチクリエイターを目指してもいいのかなって。

(名) :学ばれる前からWeb文脈での動画、マーケティングの中で動画が効くっていう手応えを感じられていたのですね。

(松) :実体験で必要だとは感じていました。例えば、マフラーの画像をサイトに載せると音が聞こえないですよね。「音」で購入する人もいるので、動画があれば購入者が増える効果は期待できるなぁと思っていました。自分でWeb動画を作れば、より会社に貢献できる!と確信しましたね。

「Web動画という分野がこれから伸びてきて、HPの売り上げ効果をもっと出せる 」と社長に説明し、職場の理解のもと学習時間を確保

(名) :松下さんは、お仕事と両立されながら勉強されていましたが、なにか工夫されたことはありますか。

(松) :やっぱり学習時間を確保するのが一番の課題だったので、まずは「社長に学びたい」と伝えました。ただ学びたいと言っても「何を言ってるの?」と返されてしまうので「Web動画という分野が、これから伸びてきてHPの売り上げ効果をもっと出せます。」と説明。職場の理解を経て、受講生期間は一時間早く出社して、一時間早く帰らせてもらって学習していました。

(名) :すごい!そういうのもあったのですね。映像制作、AfterEffectsを中心に、マーケティングも学ばれていますが、いかがだったのでしょうか。

(松) :編集のところまでは、スムーズに学習できていたのですが、AfterEffectsでグラフィックを使って動きをつけるのが初めてだったので、難しかったです。そういう時は、トレーナーに質問してアドバイスをもらいながら作品を制作しました。

ちょこっと学ぶというよりも、
自分の人生をかけて学ばなければいけないのではないかとその時に感じました。

(名) :では、今のお仕事について伺います!卒業後にモバーシャル(株)(*)に入社されましたが、入社動機についてお伺いできますか?

(松) :学校の授業でモバーシャルの講義を受けたことがきっかけです。「Youtube」は、今、最も、検索されていると聞いたときに、動画のことだけではなく、SEOも幅広く学ばなければいけないと感じました。ちょこっと学ぶというよりも、自分の人生をかけて学ばなければいけないのではないかとその時に感じました。また、モバーシャルが「ハーレー・ダビッドソン」を作っている実績があることを知り、何か縁があるなと思いまして。自分もハーレー好きだと。(笑)

モバーシャル株式会社とは

2007年創業した動画制作会社。社長の竹内氏は、元デジタルハリウッドの卒業生。DIGITAL VIDEO AGENCY®として、アカウントチーム・マーケティングチーム・クリエイティブチームという各動画のプロフェッショナルが内製で組織されている。

モバーシャル株式会社 http://www.mobercial.com/

(名) :在校生のみなさんで、モバーシャル(株)会社見学に行かれたのも、きっかけになられたと思いますが、実際に見学に行かれてどうでしたか?

(松) :営業・クリエイティブ・マーケティングチームの三位一体になっている組織は他にはない!と感じたのが入社したい大きな動機となりました。このチームで働けば、Webと動画のノウハウを蓄積して、提供できるというのが魅力的でしたね。

(名) :現在のお仕事についてお聞かせいただければと思います!どんなお仕事をされていらっしゃるのですか?

(松) :僕は、営業チームに所属しています。まずは、お客様のところに行ってヒアリングをし、企画、見積もりを作り最後の納品まで持っていくプロデュース業をしています。

(名) :ネット動画クリエイター専攻での学びが、お仕事に役立っていると感じる部分はありますか?

(松) :ありますね。映像は、直感的に作るものでなく、ロジックがあってこそ作られるものじゃないですか。モーショングラフィック(*)であれば、絵が動いている下に背景があって、音楽がついて、効果音がついてって。そういうのを、イメージ出来るようになったのは役に立っています。営業の際に、お客様が話している内容だと、こんな感じで出来るなと制作に落とし込んだ時のイメージが浮かぶようになりました。

*モーショングラフィック…モーショングラフィックスとは、映像表現の手法の一つ。従来の静止画としてのグラフィックスデザインに動きや音を加え、映像の形態を取った視覚表現をさす。

マルチで提供できる、提案できる人間にはなっていきたい!

(名) :では、最後に展望を聞かせていただければと思います!

(松) :まずは入ったばっかりですので、まず一人で営業に行けることが直近の目標ですが、将来的には、マルチで提供できる、提案できる人間にはなっていきたいなと思います!Webサイトを頼まれても、動画も頼まれても対応していきたいです。入社して思ったのが、自分は翻訳とか可能性あるなって、多言語化するっていう…その分野をもっと大きくできたらなっていう野望もあります。

松下さん、ありがとうございました!松下さんが通われていたネット動画クリエイター専攻にご興味がある方は、是非、説明会へ!

授業見学付きスクール説明会

授業見学付きスクール説明会

ご興味ある方はスクール説明会へご参加ください。

無料説明会のお申し込み