STUDIO札幌

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO札幌

0120-65-5585
Make your dreams come true at Digital Hollywood Studio Sapporo.
あなたの夢を叶えるために、一人ひとりに合うカリキュラムを提供いたします。

Webデザイナーはこの先、生き残れるのかというお話

2017.09.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

#コラム・雑記

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

こんにちは。スタッフの大沢です。
あっという間に9月ですね!今年も残すところあと1/3となりました。

 

さて。

【あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」】みたいなのが話題になりましたよね。

人工知能が学習可能だったり、ロボットが代わってできることが多い分野のお仕事については、将来的になくなる可能性が大きいという事で、Webデザイナーもその中に入っています。
一生の仕事を見つけよう!としている方には結構気になるところではありますよね。
 

今は現実として「簡単に」Webページを作ることができるサービスが出てきたり、特別な知識を持たなくてもネットを通して情報発信ができるようになりました。

ただ「Webページが作れます!」だけでは制作する側として生き残っていくのは難しいのかもしれません。

だからと言って・・・Webデザイナーが不要になるかと言われれば、そうではないと思うのです。

 

Webデザイナーが必要とされる部分というのは、ただ情報発信をしたい・Webサイトが欲しい。という事ではなく、Webで何かをしたい・やりたい!という部分であると考えます。

クライアントが求める、その何かをしたい、やりたいという部分をしっかりと理解し、それを達成するために必要な手段を提供できるWebデザイナーは、今後もっともっと必要とされてくるのではないかと思います。

 

必要とされるWebデザイナーになるには、目の前の仕事をこなすだけではなく、情報のアップデートやスキルアップも必要になります。STUDIO名古屋さんのトレーナーさんもブログでお話をされていますので是非ご一読ください。

『Webデザイナーは、今後なくなる仕事ランキング1位だという記事があったんですがホントですか?』

 

何より一番大切なことは、クライアントの想いに寄り添うことができるかどうかだと思うのです。
どれだけ相手の立場になって考えてあげて、自分の持っている技術と知識をクライアントに提供できるのか。
そこができるWebデザイナーがこれから必要とされるんだと、こちらを見て思いました。

ブラックジャックによろしく(Web制作編-前編)

ブラックジャックによろしく(Web制作編-後編)

 

 

 

時代に必要とされるWebデザイナーになろう!

本日でデジタルハリウッドSTUDIO札幌は開講一周年を迎えました。

 

デジタルハリウッドのカリキュラムだからできる!

札幌で時代に求められるデザイナーを目指しませんか?

 

デジタルハリウッドSTUDIOは、皆さんの新しい挑戦を応援いたします♪

 

お問合せなどございましたらお気軽にご相談ください。
sapporo@dhw.co.jp
0120-65-5585

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界動向について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込みはこちら