STUDIO札幌

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO札幌

0120-65-5585
Make your dreams come true at Digital Hollywood Studio Sapporo.
あなたの夢を叶えるために、一人ひとりに合うカリキュラムを提供いたします。

あなたは自分を「クリエイティブ」だと思いますか!?

2017.07.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

アドビからリリースされた、「アドビ、日本のZ世代に関する意識調査結果を発表」という記事がちょっとショッキングな内容でした。

自らを「創造的」と回答した日本のZ世代はわずか8%

日本のZ世代(12歳から18歳までの世代)は自分たちを「創造的」とは捉えておらず、自らを「創造的」と回答した生徒はわずか8%だった。という調査結果です。
グローバルでの同世代の平均は44%とのことで、日本は随分と低い数値になっています。
謙虚だと言われる日本の国民性もあるかと思いますし、「創造的」と回答しなかった=「創造的ではない」ということではありませんので、一概には言えませんが、
・将来何かを作る仕事をしている:日本⇒43%、グローバル⇒平均78%
・創造性が求められる仕事や職業はたくさんある:日本⇒31%、グローバル⇒平均76%
という調査結果を見るとちょっと寂しいなとも思ってしまいます。
日本では創造性よりも協調性が重要視される傾向があったり、現行の教育制度では、全ての子どもに等しく学習の機会を与え、学力を一定の水準に保つことができる反面、価値観の多様化が図りにくいという部分がありますので、そのあたりも影響しているのかもしれません。

問題は・・・

しかしながら、日本でもグローバルと同様に「創造性は将来の成功において重要である」と考えてはいるようで、Z世代の生徒、教師ともに「授業では創造性をより重視すべき」であると認識しており、クリエイティブの必要性は感じているようです。
これらの点について、急に改善されることは難しいのでしょうが、問題は今この時代に生きている私たちが、どうこの問題に立ち向かっていくか…ということだと思います。
クリエイティブな学びや気付きを得る場所の一つとして「デジハリ」があればいいなと思います。
アナタは自分を「クリエイティブ」だと思いますか?
また、「クリエイティブ」な人間になりたいと思いますか?

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界動向について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込みはこちら