STUDIO札幌

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO札幌

0120-65-5585
Make your dreams come true at Digital Hollywood Studio Sapporo.
あなたの夢を叶えるために、一人ひとりに合うカリキュラムを提供いたします。

世界を変える注目の技術「ブロックチェーン」の基本を学ぶ初心者向けセミナーに参加してきました!

2017.04.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

『ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラム』

INDETAIL様は、「北海道をブロックチェーン技術の集積地として北海道に新たな技術基盤を創造する」をビジョンに、北海道のブロックチェーン技術者の育成を支援する取り組み『Blockchain Developer Program』を発表。
この取り組みの一環として、「ブロックチェーン」の基本を学ぶ初心者向けセミナーが開催されました。
デジタルハリウッドSTUDIO札幌は、本イベントに後援企業として協力させていただきました。

セミナーの流れ

『ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラム(BHIP)』の取り組みご紹介
株式会社INDETAIL 代表取締役 坪井 大輔 様

第1部「ブロックチェーンの基礎知識」 ~現状と各産業へのインパクトについて~
株式会社バーナードソフト 代表取締役 瓜生 淳史 様


第2部「ブロックチェーン「Iroha」について」
ソラミツ株式会社 代表取締役 岡田 隆 様

『ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラム(BHIP)』の取り組みご紹介 株式会社INDETAIL 代表取締役 坪井 大輔 様

『ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラム(BHIP)』発足の背景

現代は、各産業とテクノロジーを融合して新しい社会を作っていくということが進んでいます。
近年は様々な情報が錯綜しており、AIやIoTなどの情報がメディアなどでよく取り上げられていますが、それらはまとめて「スマート社会」などと呼ばれています。新しいテクノロジー概念の上に、様々なサービスが融合され、新しい時代を創造していく「スマート社会」。
その一つであるブロックチェーンの市場ですが、潜在的に67兆円あると言われているそうです。
北海道のIT産業の強みは、豊富なエンジニアリソースを抱えていること。一方弱みは、技術的な優位性が作れていないから、労働単価が上がらないこと。
INDETAIL様は、そんな北海道のIT産業の現状を踏まえ、そこにブロックチェーンで付加価値を創造できないかという課題を抱えているそうです。
北海道にある豊富なエンジニアリソースを使って、今まで弱かった技術的優位性をブロックチェーンで獲得すること。それが、ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラムが発足された背景です。

第1部「ブロックチェーンの基礎知識」 ~現状と各産業へのインパクトについて~ 株式会社バーナードソフト 代表取締役 瓜生 淳史 様

株式会社バーナードソフト様は、ブロックチェーンを先進的に技術習得され、すでにブロックチェーンの開発を行っている北海道の先進企業様です。

ブロックチェーンとビットコイン

ブロックチェーンとは、様々な取引を記録しておく台帳のこと。ビットコインとは、ブロックチェーンの一番有名な応用例です。 よく混合されるそうですが、ブロックチェーンはビットコインではありません。
ブロックチェーンが技術だとすると、ビットコインはサービスにあたるものであると言えます。
そんなブロックチェーンですが、P2P技術、公開鍵暗号、ハッシュ関数という技術を用いて作られているそうです。それらの技術のおかげで、書き換えることができないため、不正や改ざんがほぼ不可能であるということが特徴としてあります。

ブロックチェーンの可能性と問題点

ブロックチェーンは、インターネットが世に出始めた時と同じようだと言われてるので、今はこの技術が具体的に何に使えば、どんなメリットがあるという情報が少ないのが現状です。
しかし、ブロックチェーンは、書き換えができないという特徴を見ると、様々な分野で応用ができそうです。
一方、価格変動が激しいことや、匿名性(マネーロンダリングに使用される可能性など)の問題、法的リスクや、取引量の問題(量が増えると、なかなか決済されないなど)が問題点としてあるそうです。

大事なポイント

ビットコインはブロックチェーンの一番有名な実装であり、ビットコインは、「お金」を扱ったブロックチェーンだということ。
そして、ブロックチェーンは、お金や契約なども扱え、他にも様々なことに応用ができ、さらに「書き換える」ことができない、だから不正や改ざんがほぼ不可能ということが、大事なポイントです。

第2部「ブロックチェーン「Iroha」について」
ソラミツ株式会社 代表取締役 岡田 隆 様

ソラミツ株式会社様は、東京に本社を構える日本を代表するブロックチェーンのベンチャー企業として活躍している企業様です。

Hyper ledger Project(ハイパーレジャープロジェクト)

「Hyper ledger Project」は、オープンソース精神に基づき、グローバルレベルで、汎用的に使えるブロックチェーンを取り込もうということで立ち上げられた、技術開発/推進を行っているプロジェクト(コミュニティ)です。
世界で100数十社が、日本では、富士通、日立、NEC、NTTデータ、そしてソラミツ株式会社様が参加しており、この「Hyper ledger Project」にはみんな入っておこうよという様な風潮があるそうです。
いろいろな思いを持って集まった有名大企業が名を連ねるこのプロジェクトにおいて、開発の提案をして、さらに投票の結果、採択されたプロジェクトが3つだけあります。
IBMのブロックチェーンと、intelのブロックチェーンそして、最後の1つは、ソラミツ株式会社様が作ったブロックチェーンです。これってすごい状況ですよね!

いろは(Iroha)

そんなソラミツ株式会社様がブロックチェーン技術の発展に寄与するために、Linux Foundationのオープン・ソース「Hyper ledger Project」にプロジェクトネーム「いろは(Iroha)」としてコードを提供され、世界で3番目に採択されたプロジェクト、それが「いろは(Iroha)」http://iroha.tech/です。
特徴としては、シンプルな開発APIであることデジタルなアセットを簡単に作れるようなプラトフォームを用意、モバイルファーストで作っているので、モバイルアプリが開発しやすいライブラリを用意していることの3点。
いろは(Iroha)を使えば、ウォレットアプリなんかも簡単に作れるそうです!!
いろは(Iroha)は、オープンソースとして提供されているので、誰でもいろは(Iroha)を使って物作りができるので、興味がある方は是非こちらから作ってみてください!!https://github.com/hyperledger/iroha

北海道でもハッカソンを!!

ハッカソンとは、同じテーマに興味を持った開発者が集まり、協議・協力しながら集中的にコーディングを行い、プログラマーの個人作業になりやすいプログラミングを、大人数で賑やかに行う催しです。
短時間で集中して開発を進めることで、スキルの向上が促されたり、意見を出し合いながら進めることで、新しいアイデアや発見が得られたりといったことが期待できるといいます。
今回は、いろは(Iroha)を使って仮想通貨を実際の地域で地域通貨として使ってみる実証実験、萌貨という仮想通貨を作って、萌え系のイベントで実証実験を行ったというハッカソンの事例をご紹介いただきました。
岡田様は、ぜひ北海道でもハッカソンを行いたい!!とおっしゃっていましたので、こちらもご興味のある方は、今後のソラミツ株式会社様の動向をチェックしていただければと思います。

最後に、、、

今となっては、当たり前に存在しているインターネット。
インターネットという技術が進んだことにより、誰もが知っているYahoo!や、Googleなどのサービスが続々と誕生しました。インターネットがなかった時代に比べると、世の中は本当に便利になり、インターネット誕生の衝撃は凄まじいものであったと言えます。
今回のセミナーを通して、ブロックチェーンは今後の私たちの社会に、誰も予想できないような、インターネットと同じくらいの衝撃と変革をもたらす、とてつもない技術である可能性があると感じました。
本セミナーを開催してくださったINDETAIL様、ご登壇いただき、ブロックチェーンについてお話しくださった、株式会社バーナードソフト瓜生様、ソラミツ株式会社岡田様、今回は貴重な機会をいただき、ありがとうございました!
また、デジタルハリウッドSTUDIO札幌では、今後も是非、ブロックチェーン北海道イノベーションプログラムの取り組みの輪を広げられるようご協力させていただければと考えております。

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界動向について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込みはこちら