STUDIO札幌

デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO札幌

0120-65-5585
Make your dreams come true at Digital Hollywood Studio Sapporo.
あなたの夢を叶えるために、一人ひとりに合うカリキュラムを提供いたします。

【卒業生レポート】株式会社INDETAIL 社長室 広報 柴田 久美子さんインタビュー!

2017.03.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

 

デジタルハリウッドSTUDIO札幌は2016年8月に開講したのですが、それ以前は旧デジハリ札幌校 が2008年までありました。

デジハリを通して学んだことや、卒業後にどのような活躍をされているのか、旧デジハリ札幌校の卒業生の方々へ様々なインタビューを実施していく第三弾は、株式会社INDETAIL 社長室広報 柴田 久美子さんです!

株式会社INDETAIL(インディテール)さんはゲームサービス事業とシステム開発を中心としてIPOを目指しているITソリューション系のベンチャー企業です。3月から新しい部署である「社長室」で広報を担当する柴田さんは、対外の案内ももちろんですが、会社のWebサイトのディレクション・更新管理も含めて活躍されています。

ちゃんとした軸がほしい!

前職は何をされていましたか?

前職もIT系の会社で、広報とプロモーション関連の仕事をしていました。 パソコンソフトのメーカーで、自社サービスのプロモーション企画など、内容的には今のお仕事に近い感じでしたが、デジハリに入る前は紙媒体がメインでした。

広く浅くプロモーションをやっていた中で、ちゃんとした軸がほしいなと考えていました。
販促物の企画制作などに携わるうちに徐々にWebのプロモーションも増えてきて、もしやるとしたらWebかな。Webのことをもう少し勉強したいなと。。

でも当時の職場は結構激務だったので、並行してというのが中々できなくて、でもちゃんとやりたいなと考えた末、当時のお仕事を退職して、通うことにしたんです。

プロになる!という感じが私が求めていたものにぴったりでした。

デジハリを選んだポイントはなんですか?

一番は仕事でやっていこうと思ったことです。
当時の他のスクールは趣味を活かして…というレベル感の所が多かったように思います。
デジハリは「プロになる!」という感じが私が求めていたものにぴったりでした。

実際に通っていたときはどんな感じでしたか?

すっごく楽しかったです!(笑)
当時はWebのコースの夜の部という6~7人のクラスがあって、週に2~3回、19時くらいからの授業に通っていた記憶があります。

夜間コースだったので、昼間は制作会社さんでアルバイトをしたりしましたが、デジハリメインの生活でした。
次の授業までにやってくるという「課題」が結構大変で・・・(笑)
やろうと思えばどんどん突き詰めてできるので、帰るのも遅くなったり、皆さん働きながらやっている方が多かったので、楽しいながらも大変だった記憶があります。
当時の方たちとはSNSなんかで今でも交流があります。

「プロの技」が見られるのはそうそうない貴重な経験でした

印象的だったことを教えて下さい。

今でもそうだと思うのですが、先生が現役のフリーランスで活動しているWebデザイナーだったんです。
プロの人が実際に作るところを見ることができるのは凄く勉強になりました。
自分でイラレなどは多少触ったことがあったんですが、独学だったので、ここはこういう風にやるんだよ、みたいな「プロの技」が見られるのはそうそうない貴重な経験でした。

クリエイターズオーディションに参加できたのも思い出です。
当時はWebのクラスが2つあって、選抜で1~2名しか出られないものでしたが、スカウト的な側面もあったので、発表して色々お話をいただくことができました。

卒業後のことを教えて下さい。

卒業してすぐに、Webディレクターの仕事をすることができました。
一年くらいWebディレクションの仕事をしたあと、デジハリに入る前にいた職場から、ECを拡大していきたい…とお声がけをいただき、一回もとの会社に戻ったんです。
そこでEC担当になってWebプロモーションをやりました。
昨年自社製品を売却することになり、EC部門が解散になったのをきっかけに退社し、その後INDETAILに縁があり、今に至ります。

デジハリに通わなければ今の自分はなかったと思います。

デジハリに通ってよかったことはなんですか?

ディレクションがメインの仕事と言いつつも、実際には軽微な更新は自分で行うことも多いですし、今の前の会社では、自分で企画・デザイン・原稿制作・コーディングなども行っていましたので、デジハリに通わなければ今の自分はなかったと思います。

Webに関する基礎知識や技術だけではなく、JavaScriptや、当時はFLASHまで一通りやったので、結構いっぱいいっぱいで頑張っていましたが、Webのディレクションは技術的な事を知らないとお客様とお話が出来ないところもあるので、そこの知識を得ることができたのは良かったと思います。

卒業した後もイベントなんかでデジハリに行く機会などがあって、既にWeb業界にいる人とのコネクションが出来たりしました。

今の受講生へのメッセージをお願いします。

在学中に、吸収できることを全部吸収してください!
デジハリを受講している間に使える環境を最大限使うと良いと思います。設備や場所はもちろん、スタッフや仲間といったデジハリを通じて出会う人とのつながりも、きっと今後の財産になりますよ。

株式会社INDETAILさんは、北海道発のベンチャーとして、北海道の雇用を増やしたい!と新しいビジネスモデルを一緒に実現していく仲間を幅広く募集しているとのことです。

主力事業であるソーシャルゲームの運営に興味のある方や、デザインもやりたいけど開発もやりたいというような、色々やって自分の可能性を広げてみたいという方が向いているのでは、と柴田さんは仰っておりました。

現在は新たなプロジェクトとして『ブロックチェーン 北海道イノベーションプログラム』を展開しております。

興味のある方は、ぜひINDETAILさんへお問合せください!

https://www.indetail.co.jp/

 

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界動向について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込みはこちら