デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO沖縄

0800-500-0481
沖縄都市モノレール「県庁前」駅から徒歩3分。沖縄のIT業界をリードする企業と共にプロフェショナル育成に取り組むクリエイタースクール。

【株式会社アザナ:特別セミナー】
ブランディング戦略の考え方セミナー

2017.12.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

【株式会社アザナ:特別セミナー】ブランディング戦略の考え方セミナー

 

【前半:ブランディングに重要な知覚品質とは?】

当たり前のことですが、多くの顧客は「品質が良い商品(サービス)」を欲しがります。


多くの市場では技術の進歩が進み、どれだけ商品の品質を高めても、
ライバルとの差が付きにくくなっている状況にあり、
結果、多くのブランドは価格競争に巻き込まれることになっています。


ブランディングには「品質」ではなく「知覚品質」という考え方があり、
ブランディングを展開するに当たっては最も重要な考え方の一つとされ、
価格競争から脱却し、ブランドの収益性を高める上で欠かせない概念となっています。


「知覚品質」とは、情報を通じて顧客が感じている品質のことで、
たとえば、A社が販売している商品(サービス)をライバル企業のものと比べた時に、
どちらの方が優れた商品と感じるか?ということです。
商品を知ってもらうだけではなく、実際に買ってもらえるかどうかを探る考え方です。


前半のセミナーでは、この考え方をご説明いたします。
サイト構成などの制作業務においても参考になると思います。


【後半:「見る」について考える】

「知覚品質」を高める上で重要になるのが「見る」という行為を理解することです。


「見る」とヒトコトで言いますが、顧客に商品の良さを伝えたい時、
はたして「見えている」ものだけを説明したら、商品の良さは伝わるのでしょうか?


セミナー後半は、人間が何かを「見る」ということは、どういうことなのかを考察し、
顧客の「見る」を意図的にコントロールできる力を養っていただきたいと思います。


UXの観点で、活用できる力になるかと思いますので、この学びを通じて「何となく」ではなく、
意図的に顧客をコントロールできる力の向上につながれば嬉しいです。

講師紹介

田邉 裕貴様

株式会社アザナ
代表取締役社長
田邉 裕貴

2008年にPCオンラインゲームのライセンス事業を日本国内で展開しているNCジャパン株式会社に入社。
世界20か国以上でサービスされている「Lineage2」のコンテンツプランナーとして、当時はまだ世の中にあまりでまわっていなかったビジネスモデル「ガチャ」の初期設計に携わる。
その後、新規タイトルとなる「タワーオブアイオン」のゲームプロデューサーとなり、当時はゲーム運営が生放送をやると「事故る」と言われた固定概念を打ち破り、プロデューサー自らが「MCタナベ」としてニコニコ生放送を行う型破りのスタイルで、1度の放送で54,000視聴を達成。それをきっかけに、ドワンゴ株式会社の公式放送化を達成。
その後、移住のために会社を退職し、現在は沖縄でブランディング事業を展開しているアザナにジョイン。
いままでのマーケティング、ブランディング、プロダクトマネジメント経験を活かして、大手スーパー、県内銀行、航空会社などを顧客獲得し、お客様の成果貢献を目指している。

イベント詳細

講 座 名:ブランディング戦略の考え方セミナー

日 時:12月16日(土)14:00~16:00(開場13:30~)

場 所:那覇市久茂地1-2-20 OTV国和プラザ1F 「デジタルハリウッドSTUDIO沖縄」

定 員:20名様(先着順)

参加費:無料(※事前お申し込みが必要になります)

お申込み:下記イベント申込みフォーム、またはフリーダイヤルやメールにてお申し込みください。

[メール] okinawa@dhw.co.jp  [電話] 0800-500-0481(フリーダイヤル)
[受付時間:火~金 10:00~21:00 / 土・日・月 10:00~19:00 ※祝日定休]

申込方法

下記イベント申込みフォーム、またはフリーダイヤルやメールにてお申し込みください。

メール:
okinawa@dhw.co.jp
電 話:
0800-500-0481(フリーダイヤル)
受付時間:
火~金 10:00~21:00 / 土・日・月 10:00~19:00 (※祝日定休)