卒業生のインタビュー

Graduates interview

  • イベントイベント
  • アクセスアクセス
  • お問い合わせお問い合わせ

フリーランスのWebデザイナーアーテを両立

久保田 涼子さん

フリーランスのWebデザイナーとアーティストを両立しながら、活動している久保田さん。お仕事を始めた経緯などをお伺いしました。

01. デザイナーのライフスタイルに憧れ、入学

Webデザインに興味を持ったきっかけはなんですか?
知り合いだったデザイナーのライフスタイルに憧れ、デザイナーになろうと学校を検索。口コミが一番多く信頼できると思い、デジタルハリウッドへ入学しました。
デジタルハリウッドでどんなこと学んだのですか?
Webはまったくの未経験でしたが、Illustrator、Photoshopなどの操作スキルや、Webの仕組みなど、基礎的なスキルを習得。提出した課題の講評会をクラス全員で繰り返し行い、第三者目線のアドバイスを得られたことがレベルアップにつながりました。

02. 卒業後は、フリーランスのWebデザイナーとして活躍

もともとフリーランス希望だったのですか?
以前は、フリーランスになるなんて、思ってもいませんでした。でも、アーティストしての活動も続けていきたかったので、いまでは、本当に今の仕事が自分にぴったりだと思います。やりたいと思うのなら、ぜひこの世界に飛び込んでほしいですね。やってできないことはありませんから
今の仕事で心がけていることはありますか?
卒業後は、大企業でコーダーなどを経験しフリーランスへ。私のポリシーは、Webを活用してお客様の商品やサービスのよさを120%表現すること。まず、Webを作る目的をヒアリングし、情報設計からデザイン、コーディングまでトータルで対応します。お客様との交渉など大変な部分はありますが、サイトから集客できてよかった、というお客様からの感謝の言葉が仕事の原動力になりますね。
久保田さんのポートフォリオサイト

卒業制作が、社内プロジ役立ちました

榎 皆実さん

企業で、電子デバイスを使った小学生向け英語教材の開発に携わっている榎さん。入学したきっかけや学んだことなどをお伺いしました。

01. 仕事帰りにWebデザインを学べる学校を選択

入学のきっかけはなんですか?
運営の手伝いをしている漆教室について、Webサイトで多くの人に紹介したいという思いから、仕事帰りに新宿でWebデザインを学べるデジタルハリウッドに入学しました。
デジタルハリウッドでどんなこと学んだのですか?
一番印象深かったのは、卒業制作。イチからWebサイトの設計を考え、具体的な企画案に落とし、サイトの実装まで行うプロセスを経験。この学校に通った価値の半分を占めているといってもいいほど、私にとっては貴重な経験でした。

02. 身につけたスキルを、社内プロジェクトで役立てる

デジタルハリウッドで学んだことは、どう役立ちましたか?
現在は、電子デバイスを使った小学生向け英語教材の開発に携わっています。メイン業務のほか、社内プロジェクトに携わる機会もあり、前回は2ヶ月でテストサイトをリリースしましたが、Webの知識を身につけていたので、プログラマやデザイナーへの依頼や相談もスムーズ。学んだことが役立ちました。
これから取り組みたいことはありますか?
これからも、テクノロジーとデジタルコンテンツを教育に応用し、次世代の教育について考えていきたいです。
榎さんが卒業制作で制作したサイト

地元・山形に戻って、起業を実現

早川 祐一朗さん

地元・山形に戻って起業し、サイト運営や店舗立ち上げなどに携わっている早川さん。起業したきっかけや経緯などをお伺いしました。

01. ネットショップを立ち上げたいと思い、入学を決意

入学のきっかけはなんですか?
前職でアパレルのECサイト運営に関わっていたのですが、Webデザインをイチから学びたいと思い入学を決意。映像教材を見ながら好きなときに自分のペースで学べるので、仕事と両立して通学できました。
卒業後、なぜ山形へ戻られたんですか?
卒業後は、独立してアパレル関係のネットショップを立ち上げたいと考えていましたが、安定するまでは固定費を抑えたいという理由もあり、地元の山形へ戻ることにしたんです。

02. 卒業後は、地元・山形で起業

現在のお仕事は?
現在は、アパレルを中心としたWebサイトのデザインから、商品撮影、サイト運営代行までトータルで提供しています。友人の紹介でブランドや店舗立ち上げに携わることもあり、仕事の幅の広がりを感じています。
これから取り組みたいことはありますか?
地方は、首都圏に比べてWebの発展が遅く、いいものがあってもうまく発信できていません。仕事と並行しながら、自分ならではの新しい切り口を見つけ、地方のよさを発信して山形を盛り上げていきたいですね。
早川さんのポートフォリオサイト

未経験からクリエイターズオーデを経て転身!

海 和幸さん

美容師、アパレルの仕事を経てクリエイティブ未経験からWeb制作会社に入社が決まった海和さんにお話を伺いました。

01. 美容師、アパレル・・・異業種から飛び込んだWebの世界

前職は何をされていましたか?
もともとは美容師で、その後レディースバッグメーカーで、副店長や商品企画や生産管理などを担当していました。
Web制作などのクリエイティブの経験はありましたか?
Web、グラフィック共に、デジタルハリウッドに入るまで全く経験はありませんでした。
なぜ“Web”を、“デジタルハリウッド”で、学ぼうと思ったのですか?
転職希望でした。周りに業界の方も多い環境いにて以前から興味や憧れのようなものがあり、これから学ぶならWebと決めていました。新宿に勤めていたので、仕事帰りに新宿駅から一番近い学校は、と調べてデジタルハリウッドが出てきたんですね。デジタルハリウッドは友人が 10位年前に通っていた話を聞き記憶に残っていたので見学にいってみようと軽く訪ねてみたのがきっかけです。
そのあと、他の学校にも見学などに行ったのですが、働きながらでも通えて、融通も利くという部分が自分に一番合っていると思い、デジタルハリウッドに決めました。

02. 卒業後1ヶ月以内に就職先決定!きっかけはクリエイターズオーディション

クリエイターズオーディションに出場されていましたね!そして内定をいただいたと伺いました。おめでとうございます!!もともと出場を目指していらっしゃったのですか?
ありがとうございます!転職希望だったので、エージェントにも登録していたのですが、クリエイターズオーディションというせっかくの機会がタイミングよくあったので、出場を決めました。他のクラスの優秀な方々とも知り合うことができ、大変刺激的でそういった仲間と知り合えたことも含め、出場してよかったです。
懇親会時に多くの企業様が海和さんの前に並ばれていましたが、何社からアプローチがあったのですか?
13社です。
多いですね!どのような企業様からアプローチがあったのでしょうか。
半数以上は制作会社、あとはディレクション専門の会社、エンジニア専門の会社でした。
出場後1ヶ月たたないうちに内定が出ておりましたが、どのような流れだったのですか?
名刺をいただいた企業の方からはぜひ会社見学に来てください!とお声がけいただいていました。ですので、興味がある会社に見学に行かせていただき、その中から数社に採用選考へ申し込み、内定をいただきました。すでに私の作品や人となりを知ってくださっていたこと、制作をされる方々ともすでにお話していたこともあり、普通の就職活動より選考が早く進みました
企業様が海和さんに求めているものとは何だと思われますか?
卒業制作でもクライアント様があるサイトを作り、実装していたため、デザイナーだけでなくディレクターとしても求めてくださっていました。後の面接の際によく言われたのは、実務経験はなくても、技術は入ってからどんどん身についていくので、作品のテイストや感性、人柄を重視するということでした。
海和さんの人柄や、卒業制作のテイストを気に入っていただけたのですね!逆に海和さんは就職を決めた会社のどのようなところに惹かれましたか??
面接のときに伺ったのですが、会社のカラーに合った方々が集まっているそうで、チームを越えても助け合ったりしているようで、会社見学にいったときにもピリピリした空気もなく、とても雰囲気がよかったんです。またフレックス制なので時間の融通が利きやすいようで、ママさんも働いているようです。早く来て早く帰るという流れもあるみたいで、働きやすそうだなと思いました。
内定した会社で実現したいことを伺えますか?
内定を頂いた会社では、Webデザイナーとして外資系の案件を中心に扱う部署に配属の予定になっています。女性向けデザインが求められる部署への配属でしたので、今までのアパレルでの経験などもデザインに活かしていきたいと思っています。他にも、会社をあげて自社アプリ開発などにも力を入れていくようでしたので、アプリデザインはまだ未経験ですが、UI/UXも踏まえた幅広いデザインに挑戦していきたいと思っています。

03. 先生、先輩、仲間・・・周りの環境のおかげで学ぶことが “楽しく” なる

デジタルハリウッドで得たものを教えていただけますか?
基礎的なスキルと共に、学び方も前と変わったと思います。知っていくほど楽しいので、そういった感覚も持てるようになりました。あとは信頼できるまわりの仲間や先生方、先輩方と接点が持てた事も大きいと思います。
デジタルハリウッドへの入学を検討されている方に向けて、どのように学習することをお勧めされますか?また、海和さんのように目標達成するにはどうしたらよいのでしょうか。アドバイスお願いします!
私は本当に周りの方々にアドバイスいただいてきて、やっとスタートラインに立てたと思っています。周りの環境はとても大切だと感じたので、良い繋がりをつくっていく事。デジタルハリウッドは先生はもちろん、ふらっと来た先輩も教えてくれたりするのでとてもためになるし助かりました。私も元々勉強は嫌いなタイプですが、わからない事をそのままにしないで、楽しんで学ぶ事を心がけています。
ありがとうございます!新しい職場でもがんばってくださいね!

CONTACT

デジタルハリウッドSTUDIOは、地域のパートナー企業様とともに、
教育で確かな技術をもった人材を⽣み出し、
その⼈材を活⽤して新たな産業を成⻑させることで地域活性と
新たなシナジーを生み出します。

お問い合わせ・資料請求