デジタルハリウッド(専門スクール)

Webデザイナー専攻

ハイブリットラーニングシステムで
初心者からWeb制作会社で使われるスキルを完全マスターします。

Webデザイナー専攻の卒業生

デジタルハリウッド卒業生の高垣さんにお話を伺いました!

高垣空斗さん


ミュージシャンからWeb業界という異業種転職を果たした高垣さん。
もともとはフリーランス希望だったという高垣さんが、現職にいたるまでどのような経緯があったのかをお伺いしました。

01.Webの技術を身につけ世界を旅したい!そんな高垣さんに友達が勧めてくれたデジタルハリウッド

もともとミュージシャンとして活動されていた高垣さんですが、 Webの勉強をしようと思われたきっかは何ですか?

世界を旅しながらライティングの仕事をしている方がいて、そんな生活に憧れたのがきっかけです。独学でバンドのWebサイトを作っていた経験があり、仕組みを分かっているWebを選びました。

そのまま独学でWebを作り続けようとせず、学校へ通われたのはなぜですか?

今まで、音楽も、他のことも独学でやってきましたが、プロとして楽器を弾いていたとき重要なのは基礎力だと感じました。何事も基礎力は大事だと考え、基礎力をきちんと身につけたいと考え、学校に通うことを選びました。

デジタルハリウッドを選んだ理由もお伺いしていいですか?

デジタルハリウッドに通っていた友人が“Webを学んでフリーランスとして活動する生活”が僕に合っていると勧めてくれたのがきっかけです。

実際に学校に通ってみていかがでしたか?

壁にぶち当たったときに、トレーナーに聞くことで乗り越えることが出来、応用を利かせることができたのが良かったです。

02.進路を決めるきっかけになったマッチングイベント“クリエイターズオーディション”

高垣さんはクリエイターズオーディション※に参加されていますね。 参加を目指されていたのですか?

※クリエイターズオーディション:デジタルハリウッドの伝統的就職マッチングイベント。多くの企業採用担当者の前で卒業制作を発表します。

学校に入学するからには、イベントごとにはなるべく多く関わろうと考えていました。クリエイターズオーディションも目指そうと思っていましたが、卒業制作をトレーナーに見てもらったときに、クリエイターズオーディション出場に推薦できるレベルに達していないと言われ、悔しい!とブラッシュアップをして望んだのを覚えています。

当日、多くの企業様からアプローチを受けていましたね!何社くらいからアプローチを受けましたか?

15社から名刺をいただきました。

企業は高垣さんにどんなことを求めていらっしゃいましたか?

プレゼンテーションの時に、サイト制作に投じたアイディアの背景、そしてどう実現させたか、自分の経験を通して個性を表現しました。そんな音楽活動や海外経験などで身についたコミュニケーション能力が伝わり、ディレクションをやってみないか、と多くお声掛けいただきました。 実はもともと、フリーランスとして働こうと考えていたのですが、ディレクションの道をご提案いただき、そこで初めて会社に入りディレクターとして働く道を考えました。

お声がけいただいたあと、内定まではどのような流れだったのでしょうか。

出場してからすぐに連絡を取り、まずは一度お話を伺うために会社見学へ行きました。後日もう一度話を聞きに行こうと思っていたのですが「ここで経験を積みたい」という気持ちが強くなったため、面接をお願いしたところ、それが最終面接となり内定を頂きました。

株式会社アイ・ファクトリーを選ばれた理由を教えてください。

2点あります。1点目は、一緒に働こうという気持ちが会社から強く伝わってきたことです。2点目は、社長が「その音楽活動も十分な社会経験だと思いますよ」と言ってくれたことです。僕は大学卒業してから音楽ばかりやってきて、34才にもなった今、就職なんかできるはずがないと思っていたので、大変嬉しかったです。 この2点で僕はこの会社にしようと決めました。 どんな会社であるかも大事なことですが、“ 自分が伸び伸びと個性を生かしながら働ける職場であること”“ 自分の個性を認めてくれる気持ちを持った人たちに囲まれた環境 ”を重要視しました。入社して3か月になりますが、この判断は間違っていなかったと思います。

03.株式会社アイ・ファクトリーでWebディレクションにやりがいを感じる日々

現在、株式会社アイ・ファクトリーでディレクターのお仕事をしているとのことですが、具体的なお仕事の内容を教えてください。

Webサイトの運用、Webサイトのリニューアルの打ち合わせ、進行管理がメインです。

フリーランス希望だった高垣さんが会社に所属されて3ヶ月ほど経ちましたが、いかがですか?

初めての業界で分からないことも多くありますが、毎日覚えること、知ることがあるのはとても楽しいです。職場環境もとても良く、いろいろな経験をさせてもらっているので、とにかくやりがいがあります。思った以上に伸び伸び働かせてもらっています。初めて会社に属して、どうしたら会社を良くしていけるか、という視点を持つようになりました。

会社を良くしたいという視点を持ったというのは素敵ですね!現在の会社で実現したいことを伺えますか?

今はウェブサイトの制作、運用などが多いので自ら企画するなど、様々な案件に関わっていきたいです。自分が関わることによって新しい案件が増え、業務内容も広がり、会社を大きくしていけたら良いなぁと思います。

デジタルハリウッドで得たことは活かされていますか?

デザイン、コーディング、CMS※など一通りのことを学び、自分でサイトを作れるようになったことは、現在のディレクター業務にとても役立っています。デザイナー、コーダーがどのような流れで作業をしているか想像がつき、相手の気持ちに近いところで話ができるのは、デジタルハリウッドのおかげだと思っています。そして、正直、自分が手を動かして制作をするデザイナーやコーダーは、そこまで向いていなかったことにも気づけたのは、全てを経験したからだと思います。

※CMS:コンテンツマネジメントシステム


04.後悔したくない!やりたいことに正面から向き合う姿勢と後輩へのアドバイス

デジタルハリウッド入学を検討されている方に向けて、どのように学習することをお勧めされますか?

自分でイメージしたものを作るのは楽しいし、呑み込みも早くなります。 Illustrator、Photoshopの扱い方を覚えて、コーディングを一通りできるようになったら、すぐに自分でウェブサイトを作ってみることをお勧めします。「イメージしてみたけど、難しそう」と感じたとしても、諦めずに頑張ってみてください。きっと、そのイメージは卒業制作の時には完成していると思います。

高垣さんのように目標達成するにはどうしたらよいのでしょうか。アドバイスお願いします。

「後悔したくない」という思いが強かったですね。ここまで今日はやろう!という目標があったのに、その日遊びを選んでしまったとき、次の日、目標に達してないことに気づいてテンションが下がります。 受講期間は短い期間ですし、ここはやりきろう!と意気込んで、僕は勉強する時間を優先しました。仕事の合間なども隙間時間を積極的に作って学習をするようにしていました。ここまでやった!という満足が次のやる気に繋がると思います。 強くお勧めするのは、毎月行われている卒業制作講評会を見学していただきたいです。自分の先にいる仲間たちが同じ期間で制作したサイトを見るのはとても良い勉強です。きっと自信がついたり、意欲が湧いたり、そしてヒントもたくさん得られると思います。デジタルハリウッドで何ができるのか?それがわかるのが卒業制作講評会です。

デジタルハリウッドの理念「NEXTSTAGE」※という考えがあります。 高垣さんのNEXTSTAGEとは?

デジタルハリウッドに入った当初思い描いていた「フリーランスになって海外で仕事をしながら生活をしたい」という考えは今も変わりません。だからこそ、今は、たくさん経験を積み、その時が来たときに踏み出せるだけの自信と知識を身に着けたいと思います。幸いにもアイ・ファクトリーは「羽ばたける人を作る」というスローガンを掲げていますので、世界に羽ばたきたいですね!

※「NEXTSTAGE」私たちは創立以来、「NEXT STAGEを自分らしく生きるチカラ」を考え続けています。

学長からのメッセージはこちら をご覧ください。

~高垣空斗さん卒業制作紹介~
「世界中のいいねが集まるサイト!生いいね!」
就職をされてからも、毎週更新を続けている生いいね!のサイト。ぜひご覧ください。

たくさんの卒業生が、自分に合ったNEXTステージで活躍中!

【転職】SEから株式会社ディー・エヌ・エーのWebデザイナーへ

杉浦有右嗣さん

Webデザイナー専攻 修了。デジタルハリウッド卒業後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。

【スキルアップ】プライベートでもWeb制作をし、公私にわたりWebスキルを活用中

山岸七苗さん

米カリフォルニア州に本社を構える世界最大規模のゲームソフト会社、エレクトロニック・アーツ株式会社でコミュニティマネージャーとして活躍中

【転職】工事現場監督や昆虫研究者からの異業種転職!同期生が博報堂アイスタジオで再会!

篠田朋広さん&工藤洋一郎さん

デジタルハリウッド卒業後、広告制作会社など数社経て、博報堂アイ・スタジオに入社した篠田さんと工藤さん。入学から、現在のお仕事まで幅広く語っていただきました

【フリーランス】Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワードを受賞

桜井浩幸さん

旧総合proコースを受講(現Webデザイナー専攻)後すぐにフリーランスとなし、現在はFLASH の仕事をメインに活動中

卒業後はベンチャー企業の執行役員として多方面に活躍

羽根田竜樹さん

アプリクリエイター専攻修了し、株式会社マインドパレットの執行役員へ。スマートフォンアプリケーションおよびインターネットコンテンツの企画・製作・運営をプロデュース

外資系金融会社に勤めながら、副業Webデザイナーとして活躍中

松本明美さん

外資系金融会社に勤めながら副業Webデザイナーとしての活動をスタートした松本さん。副業を始めた経緯などをお聞きしました。

【複業】フリーランスのWebデザイナーとアーティストを両立

久保田涼子さん

フリーランスのWebデザイナーとアーティストを両立しながら、活動している久保田さん。お仕事を始めた経緯などをお伺いしました。

地元・山形に戻って、起業を実現

早川 祐一朗さん

地元・山形に戻って起業し、サイト運営や店舗立ち上げなどに携わっている早川さん。起業したきっかけや経緯などをお伺いしました。

卒業制作が、社内プロジェクトで役立ちました

榎 皆実さん

企業で、電子デバイスを使った小学生向け英語教材の開発に携わっている榎さん。入学したきっかけや学んだことなどをお伺いしました。

4月にヤフー株式会社にWebデザイナー職として新卒入社

小西芽衣さん

「これから先の人生の80%以上が仕事に占められるので自分がワクワクすることを仕事にしたい」という想いから、デジタルハリウッドを選択した小西さん。現在の仕事に結びついた経緯を伺いました。

卒業後は、フリーランサーとして活躍中

湯山由理さん

「Webディレクター・CA塾講師活動・読者モデル」として活動中の湯山由理さん。Webデザインを勉強したきっかけや経緯などをお伺いしました。

卒業生で現在ChatWork株式会社にて活躍中の江口 立哉さんにお話を伺いました!

江口立哉さん

卒業生で現在ChatWork株式会社にて活躍中の江口 立哉さんにお話を伺いました!

未経験からクリエイターズオーディションを経てWebデザイナーへ転身!

海和幸さん

美容師、アパレルの仕事を経てクリエイティブ未経験からWeb制作会社に入社が決まった海和さんにお話を伺いました。

ミュージシャンからWeb業界へ。異業種転職でディレクターとして活躍中!

高垣空斗さん

ミュージシャンからWeb業界という異業種転職を果たした高垣さん。 もともとはフリーランス希望だったという高垣さんが、現職にいたるまでどのような経緯があったのかをお伺いしました。

家族の応援が糧に!主婦ママクラスで学び、憧れのWebデザイナーへ!

畑 利枝さん

「娘達が“ママみたいに、カッコ良い仕事がしたい!”そう言ってくれた時には、嬉しくて泣きそうになりました。」と家族からの応援が励みになったという畑さんに本学での学びについて伺いました。

車の整備士から憧れのクリエイティブ業界へ!

小杉勇太さん

入社してまだ半年で新サービスのロゴからサイトデザインなども担当する活躍ぶり。とにかく楽しい気持ちが伝わってくるインタビュー!

「古き良きもの」を伝えるデザイン事務所を経営者

菊地あかねさん

デザイナーとして、女性企業家として、日本伝統の伝道師として、活躍の幅を広げる菊地さんにお話を伺いました!

ずっと好きだったデザインの道を進むために基本をしっかり学びました

中原 由貴さん

美大出身でデザインを中心に学ばれていた中原 由貴さんが、本校にてWebを学び、活躍されている様子をお伝えします。

故郷の魅力をWebとフリーペーパーで発信!

川井 真裕美さん

都市と地方を行き交うフリーランスデザイナー川井さんにお話を伺いました!

販売職からWebデザイナーへ転職

春日 美智子さん

小売経験も決め手に!未経験でも過去の経験を活かして30代で異業種転職をはたした春日さんにお話を伺いました!

他のスクールにはないSTUDIOの魅力に惹かれて入学を決めました。

平野 隆さん

以前からデザインやPC関係に興味があり独学で学んでいたという平野さんに、あらためてスクールに通うことにした経緯をお伺いしました!

自分の感性を大切にした、オリジナルのWebサイトを制作。

松葉 真依さん

結婚を機に退職し、今後は自分のやりたかったデザインを仕事にしたいという思いから入学した松葉さんにお話をうかがいました。