デジタルハリウッド(専門スクール)

グラフィックデザイナー専攻

タイポグラフィー、レイアウト、カラーなどのデザイン基礎はもちろん、
ウェブデザインまでも習得できる!

デジタルハリウッドでデザインを学んだ卒業生のご紹介

ダブルスクールからの就職を叶え、現在はヤフーでアプリ制作デザイナーへ!

細見 沙央梨 さん

大学三年生の時に、専科グラフィックデザイナー専攻に入学なさった細見さん。
見事ダブルスクールからの就職を叶え、現在はヤフーでアプリ制作に携わっていらっしゃいます。

ダブルスクールを選んだ理由、在学中に印象に残っている出来事やこれからの目標についてお話を伺いました。

01.卒業後は、ヤフーでアプリ制作を担当。

まずは、現在細見さんが行っている仕事内容について教えてください。

現在はヤフー(株)のスタートページユニットでアプリ制作を主に担当しています。サービスを使用するユーザー体験(UX)を考えたり、ユーザーインターフェース(UI)を設計してビジュアルに落としこむ作業をしています。

直近で担当しているのはAndroidのランチャーアプリです。使いやすさや、長くサービスを楽しんでもらうためには、どのような機能を加えればいいかなどを日々追求しています。

デザイナーという仕事には、昔から興味を持っていらっしゃったんですか?

そうですね、中学・高校と美術部に所属していたりと、もともと元々アートやデザインに対して、とても興味がありました。ですが一般大学へ進学をしたため、趣味で絵を描いていたりはしていたものの、本格的にそれらを学んだりはしていませんでした。

02.ダブルスクールを決意した理由

ヤフーでお仕事をなさる前は、何をしていらしたんですか?

普通の大学生です。デジタルハリウッドに入学した時は、大学三年生でした。

大学に通っていらしたんですね。大学と両立して通うことは大きな決断だったかと思いますが、決め手は何でしたか?

三年生になる前に、これから自分は何をして生きていきたいか、何を仕事にしたいか改めて考え直しました。その時に、自分が興味を持っているものを仕事にしないと後悔すると思い、デジタルハリウッドに入学し、勉強を始めることを決意しました。

その時の決断が、今のお仕事へ繋がる最初の一歩だったのですね。実際ご入学なさってから、デジタルハリウッドで思い出に残っていることはありますか?

受講生の人たちと企画から運営まで、自力で文化祭を作り上げたことです。 どうやって人を集客していくかというところからコンテンツの企画、文化祭のロゴや会場のパンフレット作成など、自分とは異なる色んなクラスのメンバーと一緒に実施できたのはとても新鮮で、良い経験になりました。文化祭で制作したロゴ。

受講生の皆さんと作り上げた文化祭のロゴ。テープをつなぎ合わせたようなデザインが印象的です。

03. 貪欲に知識を学ぶ楽しさを知ることができた

何か一つのことを企画して運営した経験は、お仕事にも生かすことができそうですね。デジタルハリウッドで学んだことが仕事に生きていると感じることは、他にもありますか?

授業で学んだ知識はもちろんですが、貪欲に知識を学ぶ楽しさを知ることができたのは、個人的にとても大きかったです。

なぜその楽しさを感じることができたのだと思いますか?

デジタルハリウッドでは授業以外でも、受講生が自主的に勉強会を開いたり、自習しに行くと授業外でも熱心に先生が教えてくださったりと、とにかく学ぶ環境と仲間に恵まれていたからだと思います。。その時の学びの高揚感と楽しさは、今でも忘れることができません。
どんな仕事でも楽しみながら知識を吸収して進めることが出来るようになったことは、何物にも代えがたい財産だと感じています。

文化祭後の打ち上げの様子。クラスメイトの皆さんとは、今でも連絡を取り合っていらっしゃるそうです。

04. これからの目標は、デザインの力で世界を変えること

学ぶ楽しさを知っていただけたことは、学校としても冥利に尽きます。卒業後、お仕事を始めてみて何か変わったことはありますか?

デジタルハリウッドに通っていた時は、ずっと”良いもの”が作りたいと思っていたのですが、”良いもの”の概念が漠然としていました。それが、少し明確になったと思います。 仕事を始めて、多くの人の悩みを解決して幸せにするものこそが、自分の作っていくべき”良いもの”だと実感しました。

これからの目標について、お聞かせください。

多くのユーザーさんの課題を解決して、幸せにする”良い”サービスを作り、デザインの力で世界を変えていきたいです。 最近はもう一声、”偉大な”サービスを作ることを仲間と一緒に目指して、今よりもより良い世界を作っていきたいと思っております。笑

デザインの力で世界を変える。そのための土台をデジタルハリウッドで築いていただくことができたのなら、とても嬉しいです。 それでは最後に、受講生の皆さん、また細見さんと同じように大学とのダブルスクールを考えていらっしゃる方に、メッセージをお願いします。

ダブルスクールを始めた最初の頃は、将来デザインをするとしても、趣味や副業程度にしかならないんだろうと思っていました。ですが、デジタルハリウッドで勉強を続けていくうちに同じ志を持つ仲間や、応援してくださるデザイナーさんなどの知り合いが増えて、どんどん世界が開けていきました。 人によるとは思いますが、独学には限界が早くきます。デジタルハリウッドは良い環境だと思うので、夢で終わらせないように仲間をたくさん作って最大限利用してください!

たくさんの卒業生が、自分に合ったNEXTステージで活躍中!

美容師からサイバーエージェントへ入社!

鈴木雄一郎さん

入学前はヘアーサロンで『スタイリスト』として働いていた、鈴木雄一郎さん。入学時のPCスキルは『検索する』ことだけ。そんな鈴木さんがデジタルコンテンツ業界の最前線で活躍するまでを伺いました。

「生活を豊かにするデザイン」を目指して奮闘中!

若澤亮さん

大手印刷会社の営業としてお仕事をされていた若澤さんは、デザインを仕事にしようと考えた時、 トレンドに沿った新しい広告の表現方法を学ぶ必要があると感じ、本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻に入学されました。

株式会社LIGでwebディレクターとして活躍中!

鮫島充さん

大学卒業後、1年間のアルバイト期間を経てデジタルハリウッドに入学。在学中、デジタルハリウッドのクリエイターズオーディションにて株式会社ユナイティア(現:アイ・エム・ジェイ)へ入社。現在は株式会社LIGでwebディレクターとして活躍中!

ヤフー株式会社でアプリデザイン制作を担当!

細見 沙央梨さん

大学とダブルスクールをしながらデジタルハリウッドに通うことを決めた経緯やデジタルハリウッドで学んだこと、これからの目標についてお話を伺いました。

フリーランスとして数々の賞を受賞

平野北斗さん

12年間グラフィックデザイナーとして活躍されてきた平野北斗さんはそんな変化の中、もっと幅広い表現手法や技術を習得する必要があると感じデジタルコミュニケーションアーティスト専攻(本科)に入学されました。

在学中にクリエイターズオーディションに選出され、将来の職場を見つける

松島勇樹さん

本科Webクリエイティブ専攻(現:本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻)修了。 現在は株式会社ブイキューブ 技術本部 制作グループ 所属

忙しくも充実した日々を送れました。

飯山嘉之さん

専科グラフィックデザイナー専攻修了。 現在は株式会社シナップ でWEBデザイナーとして活躍中

卒業生が多く在籍するweb制作会社シナップでwebデザイナーとして活躍中

富川蕗子さん

富川さんがwebデザイナーを志したきっかけや、デジタルハリウッドを選んだ理由、またご結婚後仕事を辞め、29歳で異業種からの転職活動を果たした経緯についてもお話を伺いました。

面白法人カヤックでwebデザイナーとして活躍中

佐山綾子さん

入学のきっかけ、卒業制作の内容、デジタルハリウッドを有効活用する方法についてお話を伺いました。

株式会社ピクルスでwebデザインを担当!

井上 智子さん

全くの異業種からの転職を叶えられた井上さんに、これからの目標や、デザインの勉強を始めようと思っている方や受講生の皆さんへのアドバイスをお伺いしました。