デジタルハリウッド(専門スクール)

グラフィックデザイナー専攻

タイポグラフィー、レイアウト、カラーなどのデザイン基礎はもちろん、
ウェブデザインまでも習得できる!

デジタルハリウッドでデザインを学んだ卒業生のご紹介

美容師からのサイバーエージェントへ入社!デジタルハリウッド卒業生の鈴木さんにお話を伺いました。

鈴木雄一郎さん

デジタルハリウッド入学前はヘアーサロンで『スタイリスト』として働いていた、鈴木雄一郎さん。入学時のPCスキルはというと.....『検索する』ことしかできなかったという。
そんな鈴木さんは1年間本科DCAで学んだ後に株式会社サイバーエージェントのアメーバ事業本部にてソーシャルゲームのディベロッパーとして現在活躍している。
クラスメイトの中で一番といっていいほどデジタルには全く疎遠だったといっても過言ではない鈴木さんが、デジタルコンテンツ業界の最前線の企業へ就職を果たすまでの道のりを今回は伺いました。

01. デジタルハリウッドを選んだ理由

こんにちは。
今日はお時間ありがとうございます。

よろしくお願いします。

卒業し就職しているけれども、時々学校に来ていますが何か理由はあるのですか?

今は就職して日々仕事をしていますが、仕事で学んだ技術を復習するとともに、人に教えることで、整理でき気がつく事もあるので、空いた時間を活用してティーチングアシスタントとして参加させていただいているんです。
あとは、学生時代にお世話になった講師やクラスメイトなどとも自主的にプログラミングに関する勉強会をしたりもしているのでよく来ているんですよ。

そうなんですね。
確かに、リファクタリング研究会やオープンフレームワークス研究会といったプログラミングの事がわからないと、何を勉強しているのか全くわからない言葉ですが、最近、学校内で盛んに行っていますね。
さて、話は変わりますが、入学前はヘアーサロンでスタイリストをされていましたね?デジタルと関係ない職業でお仕事されていた鈴木さんですが、どうして、『デジタルハリウッド』を選んだんですか?

スタイリストの時に、自主的にヘアカットの写真などを撮影したりして作品制作をしていたときに、自分でもデジタルツールを使って表現できたらもっと色々な人に見てもらえるんじゃないか?って思ったのが本格的に学んでみようと思ったきっかけです。
色々なデザインの学校を調べたのですが、その中でも『受講期間が一番短かったから』です。
もちろん、WEB広告も出ていたので、そこで気になったというのもありますが(笑)

なるほど。自分の作品をもっともっと広めたいと思い、たどり着いたのがウェブやソーシャルメディアなどを活用した、コンテンツを制作するデザイナー。
そして、その場に立つために、最も早い学校が『デジタルコミュニケーションアーティスト専攻』だったということですね。
入学した当初は『デジタル』や『デザイン』について本当に何も知らなかったんですか?

はい(笑 全くと言っていいほど触れたことが無かったです。
唯一やれた事と言えば、yahooで検索することでしょうか。
本当にパソコンの使い方すら解っていなかったですし。

そうなんですね。(驚)
とにかく、卒業後には就職も決めて、しっかりと目標としていた場所に立つことを有言実行していますから凄いと思います。

02. 信頼できる講師、仲間がいる場所

鈴木さんは本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻の全日1年制に入学したわけですが、1年間振り返ってみると我武者羅にモノを作り続けていた印象があります。

本音をいうと、入学当初は、何をしていいか戸惑ったときもありました。ただ、戸惑っていたのは半年間で、夏課題を境に不安がなくなったんです。
作品づくりが面白くなってきて、自分の強みや目標も明確になりました。
その後は自分が一番強みとしてもてそうな『プログラミングの技術』を主に深堀していきましたね。

確かに、鈴木さんのクラスメイトに話を聞くとプログラミングなら、鈴木さんか茶谷(クラスメイト)さんと言われてましたね。
デジタルコミュニケーションアーティスト専攻の講師はデザインやプログラミング、映像といった複数の方から教わったと思いますが、印象に残っている講師はズバリどなたですか?

とにかく、一言でいうと『変わった先生』が多かったです。変わったというと語弊があるかもしれませんが、本当に面倒見がいいというか、時に厳しく、優しくされて頼りある先生ばかりでした。
デザインや、プログラミング、映像、マーケティングなどそれぞれの分野に精通した先生が、授業時間にとどまらず、授業外の時間も関わってくれて、本当に楽しく学べました。だからこそ、卒業した今でも研究会を開いたり良い交流ができているんだと思います。

そうですよね。いつも講師の方を巻き込んで、本当に迷惑ばかり?かけていましたしね。
特に、鈴木さんの場合はプログラミングの授業を担当する坂本講師に弟子入り?すると言って授業課題とは別に、個別の課題を大量にだしてもらい、必死でやっていましたよね。

はい。今となれば、授業意外に取り組んだ特別課題のおかげで他のクラスメイトよりも、プログラミングの技術が身についたと思っています。

良い講師に巡り会えましたね。さて、講師の方も変わった方ばかりという事にしておきますが、クラスメイトも十人十色だった気がしますがどうでしたか?

03. コミュニケーションの大切さに気が付く

とにかく最高に面白い仲間に出会えました。美大を出てきた人もいれば、フリーランスのデザイナーとして働いていた人、元プログラマだったり。そんなクラスメイトがいたからこそ、刺激的な1年間が過ごせたのだと思います。
このクラスで1年間学べたことで、世界を広げてくれた。自分が知らなかったことを沢山知ることができました。
あとは、『チームワーク』の大切さを実感しました。
課題や授業外の作品制作においてはいろいろな人達と手を組むことが多くそのために、自分よがりの制作はできなかったですし、各自意見を出し合って一番適した作品を作り上げる。
一人じゃ作れる作品も限られてきますし、チームで取り組むことで、よりよい作品を作ることができたと思っています。

確かに鈴木さんが在籍していたクラスは、在学中にデジタルサイネージのコンテンツや、音楽アーティストのPV制作、時には、高校生に授業をしたり、様々なことに積極的に取り組んでいましたね。
複数のプロジェクトが多重になって行われていたからこそ、一致団結したチームワークが生まれ、プロジェクトも全て成功したんでしょうね。それ以外に何か得たものはありますか?

パソコンの前で行なう作業以外で、大事なことを学びました。
それは、『コミュニケーション能力』です。
たまたまデジタルコミュニケーションアーティスト専攻と、専攻名にも入っていますね。

さすがですね。それが狙いです。

偉そうに言うわけではないのですが、パソコンの前だけで作業していても、いいものは作れないんです。技術がない人でも、自分が、どう考え、どう動くのか。
『どのような形で、ものづくりに携わることができるか考える力』が身につきました。今思えば、『技術』以外のほうが、正直なところ身についた事が多かったかもしれません。

たくさんの卒業生が、自分に合ったNEXTステージで活躍中!

美容師からサイバーエージェントへ入社!

鈴木雄一郎さん

入学前はヘアーサロンで『スタイリスト』として働いていた、鈴木雄一郎さん。入学時のPCスキルは『検索する』ことだけ。そんな鈴木さんがデジタルコンテンツ業界の最前線で活躍するまでを伺いました。

「生活を豊かにするデザイン」を目指して奮闘中!

若澤亮さん

大手印刷会社の営業としてお仕事をされていた若澤さんは、デザインを仕事にしようと考えた時、 トレンドに沿った新しい広告の表現方法を学ぶ必要があると感じ、本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻に入学されました。

株式会社LIGでwebディレクターとして活躍中!

鮫島充さん

大学卒業後、1年間のアルバイト期間を経てデジタルハリウッドに入学。在学中、デジタルハリウッドのクリエイターズオーディションにて株式会社ユナイティア(現:アイ・エム・ジェイ)へ入社。現在は株式会社LIGでwebディレクターとして活躍中!

ヤフー株式会社でアプリデザイン制作を担当!

細見 沙央梨さん

大学とダブルスクールをしながらデジタルハリウッドに通うことを決めた経緯やデジタルハリウッドで学んだこと、これからの目標についてお話を伺いました。

フリーランスとして数々の賞を受賞

平野北斗さん

12年間グラフィックデザイナーとして活躍されてきた平野北斗さんはそんな変化の中、もっと幅広い表現手法や技術を習得する必要があると感じデジタルコミュニケーションアーティスト専攻(本科)に入学されました。

在学中にクリエイターズオーディションに選出され、将来の職場を見つける

松島勇樹さん

本科Webクリエイティブ専攻(現:本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻)修了。 現在は株式会社ブイキューブ 技術本部 制作グループ 所属

忙しくも充実した日々を送れました。

飯山嘉之さん

専科グラフィックデザイナー専攻修了。 現在は株式会社シナップ でWEBデザイナーとして活躍中

卒業生が多く在籍するweb制作会社シナップでwebデザイナーとして活躍中

富川蕗子さん

富川さんがwebデザイナーを志したきっかけや、デジタルハリウッドを選んだ理由、またご結婚後仕事を辞め、29歳で異業種からの転職活動を果たした経緯についてもお話を伺いました。

面白法人カヤックでwebデザイナーとして活躍中

佐山綾子さん

入学のきっかけ、卒業制作の内容、デジタルハリウッドを有効活用する方法についてお話を伺いました。

株式会社ピクルスでwebデザインを担当!

井上 智子さん

全くの異業種からの転職を叶えられた井上さんに、これからの目標や、デザインの勉強を始めようと思っている方や受講生の皆さんへのアドバイスをお伺いしました。