デジタルハリウッド(専門スクール)

本科デジタルデザイン専攻

制作現場で求められるデザイン思考とプログラミングスキルを1年で習得。
UI/UX、インタラクティブデザインを学び企業から求められるデザイナーへ。

デジタルハリウッドでデザインを学んだ卒業生のご紹介

面白法人カヤックにてwebデザイナーとして活躍中!

佐山綾子さん

専科グラフィックデザイナー専攻で1年間、デザインとweb制作を学んだ佐山さん。更なるスキルアップを求め2年次は本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻へ進級しアプリ、インタラクティブコンテンツ制作、映像制作を学びました。卒業後の現在は新しい技術と面白いサービスを次々にリリースする面白法人カヤックにてwebデザイナーとして活躍中です。そんな佐山さんに入学のきっかけ、卒業制作の内容、デジタルハリウッドを有効活用する方法についてお話を伺いました。


01. 好きなことが全部できそうな会社だと思った!

本日は佐山さんがデジタルハリウッドへ入学された経緯や現在のお仕事内容、これからの展望についてお伺いできればと思います。よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

佐山さんの現在のお仕事内容を教えて頂けますか?

面白法人カヤックという制作会社でwebデザイナーとして働いています。

面白法人カヤックではどんな仕事をされているのでしょうか。

クライアントからの受託の仕事を中心に、webサイトのデザインをしています。案件ごとにチームで打ち合わせをして、時にはブレストに参加をさせてもらったり、イベントに参加することもあります。メインの仕事はwebデザインですが、デジタルハリウッドでは写真の撮影、編集と映像の勉強もしていたので、その方面でも少し制作のお手伝いをしています。

幅広く制作できる会社なのですね。佐山さんが面白法人カヤックを選んだ理由を教えて頂けますか。

はい。webデザインはもちろんですが、映像制作も写真撮影も私の好きなことを全部できそうな環境だと思ったからです。後は色々なデザイン制作と関わりたいと思っていたので思い切って挑戦しました!

デザイナーとしての今後の目標を教えてください。

私はもともと外国生活が長かったこともあり、日本と海外の間にハードルを感じている人が多いな、と思う事があります。日本と海外の壁を無くし、橋渡しができるようなサービスを作って貢献していきたいと考えています。

素敵な目標ですね!是非クリエイティブの力で実現してほしいです!

02. アナログからデジタルの世界に飛び込みたい!

次は佐山さんがデジタルハリウッドへ入学された経緯について教えていただけますか。

はい。大学卒業後3年間に出版社で営業として勤務していました。 出版社へは編集の仕事をしたと思い入社をしたので、自分の視野を広げる為、スキルアップが出来ればと思いデジタルハリウッドの専科グラフィックデザイナー専攻へ入学をしました。

佐山さんはグラフィックデザイナー専攻を修了後、2年次にデジタルコミュニケーションアーティスト専攻(現デジタルデザイン専攻インタラクティブコース)へ進級されましたよね。

デジタルハリウッドへ勉強をしている内に、webの分野にも興味を持ち、 アナログからデジタルの世界に飛び込みたいと強く思い、進級を決めました。 その頃に出版社を退職し、本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻に専念して通学をしました。

そうだったのですね。本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(現デジタルデザイン専攻)の授業の印象を教えてください。

色々なことを幅広く教えてくれるので、視野がとても広がりました。 デジタルハリウッドには色々な業界から人が集まるため、先生や一緒に学ぶ生徒共に個性的過ぎる人が多く・・・(笑)そういった出会いは作品制作にも影響がありましたし、刺激的でした。

在学中の佐山さんは授業以外でも作品を制作し幅広いクリエイティブ活動をされていましたよね。

そうですね。自分が専攻しているクラス以外の方達とも仲良くなり、デザインフェスタに一緒に出展した事が思い出深いです。

デザインフェスタ:オリジナルであれば審査無しで、誰でも応募・参加する事ができるアートイベント。

佐山さんとデジタルハリウッドに在籍する受講生さんの有志十数人で占いアプリを制作し出展。

03. 宇宙航空研究開発機構JAXAとのOJTプロジェクトは一生に一度あるかどうかの貴重な体験でした。

在学中に制作された作品がデジタルフロンティア2014で入選、受賞するなど、質の高い作品を制作されていましたよね。どんな作品かご紹介いただけますか?

卒業制作「Raindrop Machine」 は、宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)さんと共同で取り組んだOJTプロジェクト(※1)です。

プロジェクションマッピングを使って、新衛星「GPM-DPR」を紹介する内容で同じ本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(現デジタルデザイン専攻)のメンバー2人(喜田由姫さん、竹原花菜子さん)とグループで制作し発表しました。 最終的に出来た作品「GPM-DPR」は、衛星打ち上げ一週間前に、デジタルハリウッドと同ビル地下1階のJAXA展示室にて一日展示して頂きました。

※卒業制作「Raindrop Machine」が、「デジタルフロンティアグランプリ2014」にて「準グランプリ」「ベストプランニング賞」を受賞

(※1)OJT :産学協同プログラムOJTの一環で宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一衛星利用 ミッション本部と協力し、人工衛星『全球降水観測計画/二周波降水レーダ』(GPM/­DPR ジーピーエム/ディーピーアール)の活動内容や、社会的意義を伝える展示作品を「本科­デジタルコミュニケーションアーティスト専攻」の受講生が制作しJAXAの受付・交流­スペースに展示しました。 

展示された作品はデジタルハリウッドスタッフの間でもコンセプトが素晴らしいと話題になりました。

ありがとうございます。展示のコンセプトと空間演出にもとてもこだわりました。 映像を平面に投影するだけでは無く、投影する先の物体を立体で作り、映像をそこに忠実に合わせる事でよりリアルな表現を実現できました。あとは展示に動きを出す為に工作で衛星を作り空間の演出も作り込みました。

印象深い課題になりましたね。

JAXAさんとのプロジェクトは一生あるかどうかの体験だったので、本当にラッキーでした。そんな機会を与えていただいたデジタルハリウッドに本当に感謝しています。

【Raindrop Machineメイキング動画】 http://www.youtube.com/watch?v=bbu1sizBNaE

04. みんなフランクで話しやすいところがデジタルハリウッドのいいところ!

2年間デジタルハリウッドに在籍された佐山さんだからこそ感じる学校を有効活用する秘訣を教えてください。

デジタルハリウッドで使えるリソースは全て使うことをお勧めします。 在学中は授業内容、クラス、勉強方法など色々な悩みや思うところが出てくると思います。 そういう時は、クラスの仲間、先生、デジタルハリウッドスタッフでも気軽に話しかけてみてください。

実際に私もそれでかなり助けられましたし、無事卒業できたのもスタツフの皆様のご尽力あってこそだと感じています。 みなさん、フランクなので話しやすいですし、そこがデジタルハリウッドの良いところだと思います。

最後にこれからクリエイティブ業界を目指す方、勉強を始める方へ、先輩デザイナーとしてメッセージをお願いいたします。

“技術面で作れるかどうか” では無く、“作りたいかどうか” と思うことが重要だと思います。 例え自分に技術が無くても、クラスの仲間や、先生に相談をして、 または自分でも新しい技術を身につけたりすれば良いからです。そうやって作りたいと思ったものは必ず良い作品になると思います。

佐山さん、ありがとうございました!

たくさんの卒業生が、自分に合ったNEXTステージで活躍中!

チームラボ / teamLab でデザイナーとして活躍中

村上喜美さん

アパレル販売員から転職をするために、2011年本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻に入学。2012年11月からのインターンを経てチームラボに入社。現在はデザイナーとして活躍中。

東芝デザインセンターでデザイナーとして奮闘中!

若澤亮さん

大手印刷会社の営業としてお仕事をされていた若澤さんは、デザインを仕事にしようと考えた時、 トレンドに沿った新しい広告の表現方法を学ぶ必要があると感じ、本科に入学されました。キーワードは「生活を豊かにするデザイン」。

ヤフー株式会社でアプリデザイン制作を担当!

細見 沙央梨さん

大学とダブルスクールをしながらデジタルハリウッドに通うことを決めた経緯や、デジタルハリウッドで学んだこと、これからの目標についてお話を伺いました。

話題の企業 株式会社LIG webディレクターとして活躍中!

鮫島允さん

大学卒業後、1年間のアルバイト期間を経てデジタルハリウッドに入学。在学中、デジタルハリウッドのクリエイターズオーディションにて株式会社ユナイティア(現:アイ・エム・ジェイ)へ入社。現在は株式会社LIGでwebディレターとして活躍中!

美容師からサイバーエージェントへ入社!

鈴木雄一郎さん

入学前はヘアーサロンで『スタイリスト』として働いていた、鈴木雄一郎さん。入学時のPCスキルは『検索する』ことだけ。そんな鈴木さんがデジタルコンテンツ業界の最前線で活躍するまでを伺いました。

フリーランスデザイナーとして在学中から数々の賞を受賞

平野北斗さん

12年間グラフィックデザイナーとして活躍されてきた平野北斗さんはそんな変化の中、もっと幅広い表現手法や技術を習得する必要があると感じデジタルコミュニケーションアーティスト専攻(本科)に入学されました。

在学中にクリエイターズオーディションに選出され、将来の職場を見つける

松島勇樹さん

本科Webクリエイティブ専攻(現:本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻)修了。 現在は株式会社ブイキューブ 技術本部 制作グループ 所属

Web制作業界の超大手 面白法人カヤックでwebデザイナーとして活躍中

佐山綾子さん

入学のきっかけ、卒業制作の内容、デジタルハリウッドを有効活用する方法についてお話を伺いました。

東京大学大学院→株式会社nanapiでデザイナーとして活躍中

吹上花菜子さん

東京大学大学院を卒業、修士号を取得後、「一流のデザイナーになりたい!」という思いからデジタルハリウッド本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(現:本科デジタルデザイン専攻)でクリエイティブの先端技術を学んだ吹上さんにお話しを伺いました。