デジタルハリウッド(専門スクール)

本科CG/VFX専攻

3DCG制作に必要な技術を学び 1年で即戦力へ。
将来、国内外の現場で活躍できるプロを養成。

講師紹介

観察する力、実現する力を鍛えるには、作りたいもの自身を好きになる事がとても大切

宮﨑弘喜先生


プロフィール
1991年から1996年までSE・プログラマとして、IT系会社に勤務。その後同会社にて3年間WEBデザイナーとしてプロバイダ業務に従事。1999年より3DCGの制作を開始。2000年よりフリーランスクリエイターとして広告制作会社や大手CGプロダクションを取引先に3DCGを制作。同時に都内専門学校、クリエイティブ系スクールにて3DCG、WEBの講師を勤める。2003年某ゲーム会社の勤務を経て2007年 に株式会社CORNFLAKES「サンシャイン・デイズ」CG制作の担当をきっかけに2012年株式会社CORNFLAKES取締役及びCGIプロデューサーに就任。


01. 小学5年生でプログラミング開始。ゲーム制作に夢中で取り組む理系パソコン少年時代

宮崎先生は講師のお仕事と並行しSEやWeb、3DCGとクリエイティブ業界を横断するような形でご活躍をされていますが、先生がクリエイターとしての道を選んだ理由をこれまでのご経歴とともにお伺いできればと思います。本日はどうぞ宜しくお願いいたします。

はい。宜しくお願いします。僕の“ものづくり”のきっかけは、とても遡りますが丁度ファミリーコンピューターが出始めた時期、僕が小学5年生位の時でした。周りの友達はゲームで遊ぶ事に夢中でしたが、僕は“ゲームを作る方”に興味を持ちました。このゲームはどういう仕組みで動いているのだろう、とゲームを作る為に初歩的なプログラミングを始めました。。

小学5年生でプログラミングですか?理系のパソコン少年だったのですね。

そうですね。ただ両親からはゲーム禁止!と言われていました。「ゲームをするのは禁止だけどゲームをつくるのは禁止されていない。」と言い訳をしながら作っていましたね(笑) 当時のパソコンは非常に高額で、小学生では買ってもらう事は出来ませんでした。ですのでパソコンを持っている友人の家に遊びに行き、友人は『ゲームで遊ぶ』、僕は『ゲームを作る。』といった感じで過ごしていました。最初は白い□が動くだけでとても感動しました.

中学生・高校生になってもゲーム作りは継続していたのですか?

中学生の時は、週末のボーイスカウトや運動部の活動などアクティブ過ごしていました。ただ家では夢中でゲームを作っていましたね。中学校ではパソコンの授業もスタートしたのですが、大体が知っている内容でした。学校にパソコンを使える先生もあまりいなかったいうこともあり、パソコン授業のテスト問題など、簡単なものは実は僕が作っていました(笑)高校は電子情報科がある学校に進学をしました

宮崎先生のお話では“絵”や“デッサン”のキーワードが出てこないのですが絵の勉強はされていたのでしょうか?

絵の勉強は一切していません。唯一言えば模型が好きでした。決まった型で制作するだけでは無く、型の無いところから3図面を引き、プラ板やパテからパーツをつくる、と工夫していましたね。今でこそパソコンやゲームの自作ってポピュラーですが、この当時から 自作・解体・分解は日常的にしていました。作った模型は模型ショップのショーケースに飾られたり、漫画雑誌のコンテストで入選したりしましたよ。

すごいですね!絵は苦手でもCGクリエイターになれるという理系パソコン男子に夢を与えるお話ですね。

02. 3DCGフリーランス1発目の仕事で一般サラリーマンの年収超え!これはいくしかないでしょ!

その後、就職をするのでしょうか?

地元熊本で丁度、IT企業が集まる町ができたという流れもあり、プログラマ・SEとして就職しました。会社の人事・経理財務システムなどをつくっていました。1996年にその会社がインターネットのプロバイダを始める部署ができたことをきっかけに、僕も社内で部署異動をし、WEBデザイナーとしてWEBサイト制作やサーバー構築をしていました。WEBサイトをひとつ作ると、特に検索対策をしなくてもヤフーのTOPにサイトが自然でてくるような時代でした。

宮崎先生のWEBプログラマ、WEBデザイナー時代ですね。

WEBデザインは静止画を扱う事がメインだったのですが、コンテンツとして何か動くものが欲しいなと思い、なにがいいのか模索した時に3DCGが必要だ!と思いました。そこで社会人向けの学校で3か月間でAlias PowerAnimatorを使いモデリングを勉強できるコースを受講しました。

WEBデザインがきっかけで3DCGを学習されたのですね。

そうですね。ただ3DCGの学習がきっかけでWEBサイトを作るよりも3DCG制作に夢中になっていきました。卒業を迎えるタイミングで通学をしていた学校でアシスタント講師を募集していたこともあり、受講後も学校で教えながら学ぶといった形で3DCGと関わっていきました。同時にMAYAの勉強も独学で進めました。当時はマニュアルもテキストも全て英語で、5cm以上ある分厚いマニュアルを何冊も学校から借りて移動中の電車で翻訳しながら学習していました。とにかく新しいものに興味があり全て覚えてしまいたいという気持ちがモチベーションでした。

宮崎先生は1992年に会社を辞めてフリーランスと本格的な講師業がスタートさせますが最初から順調にスタートをきれたのでしょうか。

フリーランスは会社員とは違いコンスタントな収入がある訳ではないので、心配な事もありましたが順調でした。

フリーランスになられて最初の仕事はどのような内容でしたか?

教育系ソフトの仕事でした。町の中を歩いていくと数学や英語など学べる場所があり、勉強ができる仕組みになっているウォークスルー式のコンテンツで、ソフトの中に出てくる3DCGキャラクターや、建物の制作です。当時その仕事1つで一般サラリーマンの年収を超えました。これはいくしかないでしょ!という気持ちになりましたね。

03. “講師”と“学生”という立場では無く、同じ業界の“先輩”“後輩”として接する。

宮崎先生はデジタルハリウッド以外でも専門学校やスクールで講師をされていらっしゃいます。デジタルハリウッドでは3年前から本科3DCG映像アーティスト専攻のご担当を頂いていますが、宮崎先生が感じるデジハリの学生の特徴はありますか?

そうですね。『絶対にデザイナーになる。』『真剣に学びたい。』という高いモチベーションを持っている学生さんが多いと感じます。その情熱に応える為にも、型にはまった授業や教え方は出来ないので日々工夫しています。あとは僕が担当をしているクラスは何かしらのクリエイティブ経験者が対象のコースという事もあり、前提知識や性格的な面でもあまり偏りが無い様に感じます。

先生が初回の授業で学生さんに伝えることを教えてください。

“講師”と“学生”という立場では無く、同じ業界の“先輩”“後輩”として接し、できるだけ同じ目線で教えていきたいと伝えています。これだけ情報に溢れた社会なので3DCGを多少独学で学んでくる学生も多く、最初から基本操作などを知っている方も多いです。ただ、独学での知識に誤りがあったり無駄があると感じた時は、先輩として正して手順などをアドバイスするようにしています。

先生が教えていて楽しい!と感じる時はどんな時ですか?

基本的に授業に挑む際は独自の教材やノートや資料を準備しますが、スタートすると半分以上アドリブになってしまいます。その状況に合わせて都度教える順番などを変えたり、考えている時はとても楽しいです。 また学生の成長の過程は見ていて楽しいですね。最初に不安そうにしていた人が大化けして大物になったり学校には読めないドラマが沢山あります。育っていく過程を一緒に過ごせるので、素敵な仕事だと感じています

04. 模型制作で得た“ものを良く観察する力”がフォトリアルに繋がる。

宮崎先生はフォトリアルなCGを得意として制作をされていますが、3DCGを始めた当時からフォトリアルな表現を追求して制作をされていたのですか?

いえ。最初はTVゲームを作りたいと思っていました。お恥ずかしい話ですがプログラムを始めた当初TVゲームはプログラムだけで完結するものだと思っていました。制作をしていく過程でTVゲームはグラフィックソフトが無いと絵が作れず、映像が作れないということを知りました。

絵は得意ではなかったとおっしゃっていましたがどうされたのですか?

CGの絵作りを諦めるつもりはなかったので、ここで子供時に夢中で取り組んでいた模型作りで鍛え習慣となっていた観察眼が活きてきました。模型を制作する工程もCGに置き換えるとモデリングに繋がります。カラーリングや汚し、傷などの作業はテクスチャ作成ですし、完成した模型を撮影する時のカメラアングルなどはCGのカメラワーク、ライティングと同じです。子供の時からの習慣だった “ものを良く観察する力”が、絵を作っていくのにとても役に立ちました。

それがフォトリアル表現の始まりだったのですね。

やはりCGをやるからには膨大な情報を処理して “人の力だけでは描けない映像” “実写に見えるけど実はCG!”といった表現を追求していきたいと思っています。また誰が見ても正解・失敗が分かるのがフォトリル表現の特徴です。難易度は高い分、答えやゴールがあるので取り組みやすいです。

宮崎先生のように観察眼を鍛えるにはどのような取り組みをすれば良いのでしょうか。日々取り組んでいることがあれば教えてください。

観察する力、実現する力を鍛えるには、作りたいもの自身を好きになる事がとても大切です。建物、車、キャラクター、なんでも構いません。好きだったら細かく観察し、より詳細な情報も集めますし、時には分解も必要になりますよね。

なるほど。宮崎先生はとても勉強家な印象がありますが、情報収集をする秘訣などはありますか?

CGの本場はやはり海外ですので、海外のCG関連のニュースサイトなどは毎日見るようにしています。新しいニュースや記事が出ていれば、それを追いかけて調べていくと自分の知らなかった情報や技術に辿り着きます。調べている時点では何が必要か、必要無いかは分からない場合もありますが、いつか必要になる日の為にとにかく幅広くアンテナを立てておくようにしています。 あとは諸先輩方の動きを把握する事も大切です。WEBサイトやSNSでも、知らない事があれば収集し、場合によっては直接その方に会いに行く事もあります。ひとりだと限られる情報量も人脈を作る事により大勢の方から膨大な情報が入ってきます。臆せず、恥ずかしがらず行動することが大切だと思います。

とても積極的ですね!

仕事に対しては積極的ですが私生活ではとてもシャイです(笑)

得た情報を制作のほうに活かしていく、授業に活かしていく、という事が情報収集のモチベーションになっているんですね。最後にCG勉強したいという方へアドバイス、メッセージをお願いいたします!

“好きこそ物の上手なれ”という言葉があります。CGの学習をするのであればCGを好きになる必要があります。好きな事なら何でも調べますし、努力もします。例えば好きな彼女の為ならなんでも努力しますよね(笑)。CGも好きになれば自ら努力する事は苦では無いはずです。その為には、世の中に溢れるCG映像やそのメイキングなどを沢山見て、まずは自分なりに解釈・分析する。そしてCGを学びながら見る目を養っていく事が大切です。ここに来てもらえれば、そのコツを詳しく教えてあげますよ!

いろんな分野の講師がいるから全方向に学びがある!

観察する力、実現する力を鍛えるには、作りたいもの自身を好きになる事がとても大切

宮﨑弘喜先生

株式会社CORNFLAKES取締役に就任し3DCGクリエイターとして活躍

若きCGアーティストである森田さんが2014年秋より本学の一部授業にて講師を務めます。

森田悠揮先生

立教大学心理学部在学中、Wスクールでデジタルハリウッドに入学。現在はフリーランスCGアーティストとして活躍中

『シドニアの騎士』『Transformers Prime』担当の最前線CGアニメーターベテラン講師

古岩祥幸先生

現役CGアニメーターとして数々の作品の他、デジタルハリウッド大学・専門スクールの講師として後進の指導にも注力。

『Star Wars The Clone Wars』『Metal Gear Solid 4』等、様々なプロジェクトに携わる

大竹祐次 先生

"フリーランスCGアニメーター"として様々なスタジオ・プロジェクトに携わる

本科CG/VFX専攻 アニメCGコース専門授業「俺たちLightwave3D」本格始動いたしました。

アニメCGコース担当講師の皆様

アニメCGコースの本格始動にあたり、講師の皆様に授業への意気込みを語っていただきました。

憧れのクリエイターを目標に、限界という殻を作らずに楽しむ!

藤井栄治先生

マルチクリエイターとして、ゲーム開発/ディレクションから最先端技術の研究まで携わる

授業見学&体験してみよう!

授業見学&体験してみよう!

無料説明会では、カリキュラムや業界同行について詳しくご案内致します。
ご希望の方には簡単な制作も体験可能です。

無料説明会のお申し込み